クリスマス 2003

クリスマス作品集

「クリスマスの光」      金沢南部教会牧師 三和紀夫
                                                   
 今、金沢での最初のクリスマスに心をときめかせています。武蔵が辻に雪つりをイメージしたツリーのイルミネーションができたとテレビで放映したので早速見に行きました。黄金色の美しいツリーでした。私の記憶の中には、富山の砺波市に住んでいたときにはそれまで雪が降らなくてもイブには必ず雪が降り積もり、イブ礼拝の後雪道を歩いてキャロリングしたことが鮮やかにあります。病院や教会員の家でクリスマスキャロルを歌って帰ってくると、教会には暖かいしるこやうどんが待ち受けていました。数十年前の楽しい楽しい思い出です。

 クリスマスはイスラエルのベツレヘムの馬小屋でイエス・キリストがお生まれになったことを記念しています。イエスさまが誕生のときそこに集まったのはわずかな人たちでした。聖書は、マリアとヨセフ以外には、東から来た占星術の学者数名、その地方で夜野宿していた何人かの羊飼いたちが救い主の誕生を祝ったと書いています。その後、キリスト教が広まるにつれてクリスマスも各地で祝われるようになりました。最初の約300年間キリスト教を禁止迫害していたローマ帝国がキリスト教を公認し、続いて国教に定めた頃から、クリスマスは当時のローマで太陽を祭る冬至のお祭りと結びつき祭りの様相を帯びることになったようです。しかし、クリスマスが現在のような燭、色、食、飾(ちょっとしゃれてみました)の多様なスタイルを持つようになったのは、陽光輝く地中海地方のローマからヨーロッパ大陸の奥地の冬は暗く陰鬱な地方(ドイツや北欧)に進出してからです。

 ヨハネ福音書1章には「光は闇の中に輝いている」と書いてあります。闇の中でこそ光は輝き、光が真剣に望まれるのです。雪が降り積もり来る日も来る日も暗い空の下で暮らす人たちはキリストの誕生の福音を伝えられたとき、クリスマスを「光の祭典」として構築したのです。それはクリスマスの福音にふさわしいことでした。ロウソクやいろいろのイルミネーションの光が考案されましたが、魂の奥深くに届けられるもう一つの真の光をはっきりと意識してのことでした。

20世紀はじめに電灯が家々につき始めたとき、ドイツの町や村では「光が来た、光がきた」と、おとなもこどももお祭り騒ぎをしました。そのお祭り騒ぎの中で炭鉱事故のため家族7人を残して一人の鉱夫が亡くなりました。「そのときその家にも電灯の光が灯ったけれども、家族を慰めるためにはもう一つの古くからの光、すなわちキリストの慰めだけが必要でした」とある牧師の説教は述べています。

「その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである」(ヨハネ福音書1章9節)。「すべての人」とは単に誰でも彼でもというのではなく、「ひとりひとりを」という意味のすべての人です。クリスマスの光は、その人に一番ふさわしくその人の内側を照らします。私たちは、誰でも心から願えば与えられるこの光をしっかり見つめるクリスマスを迎えたいと願っています。できれば、クリスマスには雪が降ればいいな!
         (「日曜学校だより 81号 2003年12月7日」より)  
                                                      






            クリスマス作品集

毎年11月になると教会学校では幼稚科から小学校6年生までの子供たちが一緒になってクリスマスの準備をします。
去年(2002年)とおととし(2001年)はクリスマスに聖書朗読をしましたが、そのバックの絵をみんなで作りました。
それぞれの場面の上の絵はおととしの作品です。大きな模造紙にいろいろな包装紙を使って”ちぎり絵”にしました。
下の絵は去年の作品で、子供達は本や紙芝居を参考に絵を書きました。その絵の後ろに磁石を貼りつけて、本番では朗読に合わせて白板に
重ねて貼ろうとしましたが・・・磁石がくっつかず、先生達はおお焦り!( この写真は床において、写したものです。) 


 天使ガブリエル
     
                    
                           2001年クリスマスの作品


                           
                                 2002年クリスマスの作品

天使ガブリエルはマリアに言いました。「マリア、マリア、おめでとう。神様があなたとともにおられます。怖がる事はありません。あなたにもう
すぐ、かわいい赤ちゃんが生まれます。」
「えっ、でも、私はまだ、ヨセフさんと結婚していません。」とマリアが言うと、「生まれてくる赤ちゃんは、神の子イエスさまです。神様に出来ない
ことは、何1つありません。」とガブリエルは言いました。
「わかりました。神様のお言葉どうりになりますように・・・」とマリアは言いました。
                           *聖書:ルカによる福音書1章26〜38節より参照




 かいば桶に眠るイエス様
 
               
                      2001年クリスマスの作品


                     
                          2002年クリスマスの作品

 調度その頃、ローマの皇帝が,ユダヤの国を治めていました。
皇帝は、世界中の人数を調べるために、「皆、自分の生まれた町に帰りなさい。」と命令を出しました。
ヨセフは、ダビデの町ベツレヘムの生れでしたから、もうすぐ赤ちゃんの生まれそうなマリアを連れて、長い旅に出ることになりました。
ベツレヘムについても、宿屋はどこも満員でした。
2人はある宿屋の馬小屋で、やっと休む事が出来ました。
そうして、男の赤ちゃんが生まれました。赤ちゃんは布にくるまれて、飼葉桶の中に寝かされました。
                           *聖書:ルカによる福音書2章1〜7節参照



 羊飼いたち

             
                     2001年クリスマスの作品


                       
                            2002年クリスマスの作品 

さて、この地方で、ひつじかいたちが、よる、野宿をしながら、羊の群れの番をしていました。
いつもより明るい夜でした。何か聞こえてきました。
「怖がらなくてもいいです。今日あなたたちのために救い主イエス様が、お生まれになりました。」
「いと高きところでは、神に栄光があるように。地の上では、御心にかなう人々に平和があるように。」天使たちの歌声が天に響き渡りました。
                           *聖書:ルカによる福音書2章8〜20節参照



 3人の博士

                 
                       2001年クリスマスの作品


                     
                2002年クリスマスの作品                 2002年クリスマスの作品
 
東の国に、星の研究をしている博士達がいました。
「おや、大きく光る不思議な星が見える。大きな星が輝いた時、救い主が生まれると本に書いてあった。」
「救い主が何処かでお生まれになったのだ。出かけましょう。私たちの救い主にお会いするために・・・」
生まれたばかりのイエス様が、馬小屋の飼葉桶の中でスヤスヤ眠っていました。
「イエス様のお誕生おめでとうございます。」
3人の博士達は、光り輝く黄金と、良い香りのする乳香(にゅうこう)、高価な没薬(もつやく)をイエス様にお捧げしました。
                            *聖書:マタイによる福音書2章1〜11節参照

     
      クリスマスはイエス様のお誕生をお祝いする日です。
          世界中の人々に愛と平安が与えられますように・・・