説教のページ(音声版)  その4
                                                                                                     
                                                                                                                                                                   
                                                                                                            


      神のときのしるし」                                
                             
           イザヤ書 9章12〜16節
                                       マタイによる福音書 24章1〜14節


                                     (2019年7月7日 主日礼拝説教) 

マタイによる福音書を読み続けて、今日から24章に入ります。この箇所は23章からの続きとして語られているところです。そこでは、イエスさまが御言葉、説教を弟子たちにお語りになっておられます。その説教は、24章から新しい内容へと移っておりまして、24章から25章にかけて、イエスさまは世界の終わりについてお語りになられました。世界には必ず終わりの時が来ると、はっきりと告げておられます。私たちが永遠に生き続けることができないように、この世界も未来永劫、永遠に存在し続けるのではなく、終わりの時が来る。それが聖書が教える終わりの信仰、終末信仰であります。以前、ノストダラムスの予言ということがまともに信じられたり、人々を不安に陥れたことがありました。今の時を生きている人たちの中にも、世界がこれからばら色になっていくと期待している人はあまりいないと思われます。環境汚染が様々な問題を引き起こしております。国と国との関係であっても、大国が自分の利益を優先させているので、経済的な争いがありますし、世界のあらゆるところで小さな紛争が起こっている。大きな戦争に発展するかもしれないという不安もあります。この世界が最後に滅んでしまう。そういう仕方で世界の終わりが来る。そういう恐れを持つ人たちがたくさんいるだろうと思います。けれども、この世界が抱えている問題がどんなに深くっても、滅びによって終わりが来るのではありません。この世界は、いったいだれが造り、いったいだれが支配しておられるのか。私たちの生きているこの歴史は、いったいだれによって導かれ造られているのか。そのことを聖書は私たちに明らかにしているのです。

イエスさまが、なぜ終わりについての説教を語られたのでしょうか。1節にこう書かれております。「イエスが神殿の境内を出て行かれると、弟子たちが近寄って来て、イエスに神殿の建物を指さした。そこで、イエスは言われた。『これらすべての物を見ないのか。はっきり言っておく。一つの石もここで崩されずに他の石の上に残ることはない。』」これまで、イエスさまはずっと神殿の中で御言葉を語っておられた。それから外へと出て行かれた。すると弟子たちが、イエスさまに神殿を指さしたのです。エルサレムにある壮大な神殿を見て、何と立派な建物だろうかと、驚嘆の声をあげたのだろうと思われます。この神殿は、前にも申した当時のユダヤ人にとって最も大切な信仰の拠り所であった。そこに神さまがおられ、そこで神に祈り、神に賛美が歌われ、犠牲が捧げられる、礼拝する場所であった。けれども、先週お読みした23章38節で「お前たちの家は見捨てられて荒れ果てる」とイエスさまは滅びを告げられたのです。どんなに立派で壮大な建物であっても、神の目から見れば滅ぼされる他いかないのです。そこに真実な信仰が見出されなければ、必ず神さまは滅ぼされると言われるのです。そして、実際、イエスさまの予告通りに、この後40年経って、ローマ軍が攻めてきて、この建物が跡形もなく完全に破壊し尽くされてしまうのです。

その言葉を聴いた弟子たちはイエスさまにこう質問したのです。「おっしゃてください。そのことはいつ起こるのですか。また、あなたが来られて世の終わるときには、どんな徴があるのですか。」弟子たちは、神殿が滅ぼされるという主イエスの言葉に、この世の終わりを感じ取ったのかもしれません。彼らはひそかに言ったというのは、終わりがいつ起こるのか、弟子たちがずっと心の中に持っていた問いであったのかもしれません。イエスさまならはっきり答えてくださるに違いない、そういう思いでひそかに聞いただろうと思われます。この世の終わりは、イエスさまが再び地上に来られるときであるというのです。つまり、ただこの世界に終わりが来るというだけでなく、その終わりに、この地上に来られた主イエスが再び、この地上に訪れてくださるのです。それを「再臨のキリスト」あるいは、再臨の信仰と呼びます。2千年前、この地上に来られた救い主、主イエスは私たちの救いを成し遂げられました。その主イエスは天の父なる神さまのもとへ帰っておられる。その天から、イエスさまはこの地上を訪れるのです。再び私たちの生きているこの世界のただ中に救い主として来てくださるのです。世間の人たちは、そんな話は馬鹿げていると相手にしないかもしれません。しかし、聖書は、そのことをはっきりと告げています。そのイエスさまがいつ来られるのか、その終わりのときの徴は何かと弟子たちは問うています。この徴というのは、前兆と言い換えることができます。例えば、地震が起こる場合には、その前に何かの前兆がある。大きな災害が突然起こるのではなく、その前に徴のようなものがあれば、備えることができる。災いから逃れることができる。徴を求めるというのは、不安があるからではないでしょうか。突然、前触れもなく、終わりが来たなら戸惑ってしまう。そのために、前もって備えていれば、いつ終わりが来ても大丈夫だと安心ができるのです。私たちもそうです。イエスさまが来られるならば、そのために準備しなければならない。突然来られたなら困ってしまうのです。だから、いつそれが起こるのか。その徴を求めるのです。その徴によって自分の信仰は滅びに打ち勝つことができると、そう思っているのです。

イエスさまはこう答えられました。「人に惑わされならないように気を付けなさい。わたしの名を名乗る者が大勢現れ、『わたしがメシアだ』と言って、多くの人を惑わすだろう。戦争の騒ぎや戦争のうわさを聞くだろうが、慌てないように気を付けなさい。そういうことは起こるに決まっているが、まだ世の終わりではない。民は民に、国は国に敵対して立ち上がり、方々に飢饉や地震が起こる。しかし、これらはすべて産みの苦しみの始まりである。」皆さんは、この主のお言葉を聴いてどのような思いを持たれたでしょうか。ずいぶん恐ろしいことが次から次へと起こっている。このような徴が現れたならば、この世の終わりが来ると読まれるのかもしれません。けれども、ここに上げられていることは、いつの時代であっても、起こっている様々なこの世の現実であると言ってよいのです。今もそれは、私たちの周りにも見られることでもあります。自分はメシア、キリスト、救い主だと言って、私たちをまことの救いから引き離そうとする異端と言われる人たちがいます。戦争は、いつの時代であっても、世界のどこであっても起こっています。民族と民族の対立、国と国との争い、憎しみ合いはどこでも見られることです。また、今も世界のどこかで飢饉が起こっている。様々な自然災害や地震が起こっている。悲惨な出来事は私たちの周りにいくらでも見られるのです。しかし、それがこの世の終わりや滅びを引き起こすのではありません。節に「そういうことは起こるに決まっているが、まだ世の終わりではない」とイエスさまは言われました。「そういうことは起こるに決まっている」これは、神さまの支配が明確に告げられています。この世に起こる様々な出来事は、人間が引き起こしたり、自然の成り行きで起こっているように思えるかもしれません。戦争も人間の浅はかな罪が引き起こしている。けれども、その背後には、はっきり神さまの御手が働いているのです。神さまのときの中に位置づけらている。どんなに厳しい出来事であっても、地震や災害が起こったとしても、神さまの支配の外で起こっていることではない。すべてのことを神さまが導き、そこに御心を現わしている。だから、その目に見える出来事に心を奪われたり、惑わされてはならないと、イエスさまは警告なさっておられるのです。

節以下にこう言われています。「そのとき、あなたがたは苦しみを受け、殺される。また、わたしの名のために、あなたがたはあらゆる民に憎まれる。そのとき、多くの人がつまずき、互いに裏切り、憎しみ合うようになる。偽預言者も大勢現れ、多くの人を惑わす。不法がはびこるので、多くの人の愛が冷える。」ここでもイエスさまは恐ろしいことを告げておられると読むことができます。先程の言葉は、周りで起こっていることでありましたが、ここでは、私たち自身のこと、つまり、教会のことが取り上げられています。教会に対して迫害が起こるのです。イエスさまが十字架に架けられて殺されたように、そのイエスさまを救い主として信じている人たちは、この世の力、悪の支配によって苦しめられたり、殺されることがある。この世の人たちから捨てられるというのです。そういう迫害は、教会の歩みの中に何度も起こってきました。しかし、ここでイエスさまが警告しておられるのは、その迫害に遭うときに、私たちの信仰が揺すぶられてしまう。試練の嵐に晒されることによって、私たちの信仰が問われ、試されることが起こるのです。10節以下に「多くの人がつまずき、互いに裏切り、憎しみ合うようになる。偽預言者が大勢現れて、多くの人を惑わす。不法がはびこるので、多くの人の愛が冷える。」これは、教会の中で起こる不信仰が数えられています。教会の外からだけでなく。内側からも信仰が問われるのです。苦しみの中で、自分が信じていることが本当であるか、それとも一時的な気持ち程度の信仰であるかが問われる。そういう試練の中で、平気で信仰を捨てることが起こるのです。自分の利益にならないと、信じていても何にも役に立たないと、だから神さまは要らないと捨ててしまう。そういう不信仰を私たちが抱えている。それが教会の実際の姿だというのです。ここでイエスさまは、私たちをただ恐ろしがらせているだけなのでしょうか。あるいは、降りかかってくる試練に歯を食いしばって自分の力で乗り越えなさいと言っておられるのでしょうか。そういう人間の努力や頑張りによって苦難に耐えるのではないのです。いやそれでは耐えられないのです。生易しい試練ではないからです。

イエスさまは言われます。「しかし、最後まで耐え忍ぶ人は救われる。そして、御国のこの福音はあらゆる民への証しとして、全世界に宣べ伝えられる。それから、終わりが来る。」ある人は、この最後まで耐え忍ぶというのは、神の言葉に留まると言い換えています。自分の力に立ち続けるのではない。神の言葉に立つのです。その一点に身を置くのです。その御言葉によって試練にも、迫害にも耐えることができる。信仰に留まり続けることができる。御言葉の力に支えられるのです。ですから、イエスさまはさらに言われます。「そして、御国のこの福音はあらゆる民への証しとして、全世界に宣べ伝えられる。それから終わりが来る」私たちが、今、この礼拝で聴いている御言葉は、神の国の福音、イエス・キリストの十字架と復活による神の支配に生きる喜びです。それは私たちの滅びを救いへと変える力です。その福音の言葉によって救いを確かに受け取らせていただくのです。その福音は、あらゆる民、全世界に宣べ伝えられる。これはとても驚くべきイエスさまの約束であります。あらゆる民とは、先程申した教会を迫害する人たちをも含んでいるのです。私たちにどんなひどい仕打ちをしている人だって、神の救いからこぼれ落ちることがないのです。私たちの家族でも、今は教会に足を向けていない。そういう人も、神さまは、最後のときまでに救いに入れてくださる、そう信じてよいのです。イエス・キリストが再び私たちのところに来てくださる、その終わりは恐ろしい滅びが起こるのではないからです。その終わりは、救いの完成のときです。全世界を救う神さまの御心が完成されるときです。最後にイエスさまが来てすべてを完成してくださる。それゆえにこの世界がどんなに酷い状態であっても、滅んでいるかのように見えても、私たちは決して絶望しないのです。もうだめだと諦めないのです。神さまがこの世界を救ってくださる。その完成のときを私たちは今生きているからです。その確かな希望を与えられている。その希望に支えられて、信仰を最後まで持ち続けていきたい、そう願います。

                 (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)