説教のページ(音声版)  その4
                                                  

                                                         
                                                  


      聖霊に満たされて
                                           創世記 11章1〜9節
                             
             使徒言行録 2章1〜13節

                                          (2017年6月4日 聖霊降臨日礼拝説教) 
  

今日は聖霊降臨日、ペンテコステの礼拝のためにここに集められています。このペンテコステは教会の始まり、原点というべき出来事であります。今、世界の至るところに教会が建てられ、イエス・キリストに救われた者たちが一つの群れを作っています。ユダヤの地から遠く離れた地の果て、この日本の北陸の地、金沢にイエス・キリストの救いが宣べ伝えられて、ここに教会が建てられ、そこに私たちが加えられている。そして福音を宣べ伝えている。この事実に今も働いている聖霊の御業を見ることができます。二千年前に、主の弟子たちに起こった聖霊降臨による御業は、今もこの金沢の地において、私たちの教会の中に起こっていることを認めることができるのではないでしょうか。

この聖霊降臨は人間の計画やときの中で起こったのではありません。まして弟子たちの願いや努力によって教会が作られたのでもありません。神さまがお決めになったときがあります。神さまの考えによって救いを世界に現されるときがあります。そのときは、1節に「五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると」とあります。五旬祭、これは当時ユダヤ教の3大祭りの一つでした。3月の過越祭という、最も大きな祭りをお祝いして、50日目に春の収穫を祝うのが五旬祭。ペンテコステは、50日を意味しています。収穫の感謝を神に捧げるために、ユダヤからも遠く外国からも多くのユダヤ人たちがエルサレムに集まっていた。その時に、主の弟子たちも、エルサレムのある家の二階座敷に集まっています。それは、何のためでしょうか。そこで彼らは何をしていたのでしょうか。主の弟子たちは、イエスさまの地上の最後に立ち会っていました。十字架に架けられて死なれましたが、三日目に甦られ、弟子たちに復活の体を示されて、地上での救いの業をすべて完成され、天の父なる神の許へ帰えられました。これは神の救いのときから言えば、一つの区切りになっています。イエスさまの働きの終わりであり、しかし、それですべてが終わったのではなく、そこから新しいとき、教会のときの始まるという区切りでもあったということです。そのときイエスさまは、地上に残る弟子たちに大切な約束を告げられていた。1章4節からこう書かれています。「エルサレムを離れず、前にわたしから聞いた、父の約束されたものを待ちなさい。ヨハネは水で洗礼を授けたが、あなたがたは間もなく聖霊による洗礼を授けられるからである。」弟子たちは、これまで何度か聖霊という言葉が聞いたことがありました。けれどもそれが何であるのか、分からなかったのです。またイエスさまがいなくなった後、自分たちだけが取り残されるという不安を持っていたにちがいありません。それでも彼らは、イエスさまの言われる通り一つ所に集まり、祈りを合わせ、聖霊を待ち望んでいたのです。祈るというのは、自分が空っぽになるのです。自分の力や可能性、自分の内にある様々な思いを、全部外に吐き出して、空っぽになって、受け身になるのです。自分から何かを始めようとするのでも、何かをしなければというのではありません。空っぽになったところに、神さまは約束のもの、聖霊を溢れるばかりに送ってくださる。その聖霊が満たされ、その聖霊によって支配されるときに、そこから神の御業が始まっていくのです。

2節からこうあります。「突然、激しい風が吹いて来るような音が聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。すると、一同は聖霊に満たされ、霊が語らせるままに、他の国々の言葉で話しだした。」これが二千年前のペンテコステ、聖霊降臨の出来事、これが私たちの教会の始まり、原点であると、聖書は告げています。これは、今も私たちの群れの中にはっきり認めることができる聖霊の御業と言ってもよいのです。この聖霊がなければ、金沢南部教会は生まれなかったし、私たちもここにはなかったのです。それだけでなく、今の教会の伝道も進んでいかないのです。「激しい風の吹いて来るような音」や「炎のような舌が分かれ分かれに現れ」と聞くと、まるで怪しげなホラー映画のように思われるかもしれません。しかし、これは神さまの業を人間が目で見たり、耳で聞いたりするができる「しるし」を描こうとしたのです。聖霊の働きを、このように目に見えるしるしと捉えるならば、今も働いている御業を見失ってしまう危険があるでしょう。聖霊、神さまの霊、もっと言えば、聖霊なる神さまは、今、私たちにどのようなお方として臨んでおられるのでしょうか。どういう仕方で私たちに聖霊が働いているのでしょうか。4節をもう一度読んでみます。「すると、一同は聖霊に満たされて、霊が語らせるままに、他の国々の言葉で話だした。」イエスさまが約束した聖霊は、神さまの定めたときに従って、弟子たちに降り注ぎ、それによって弟子たちは言葉を語り始めたのです。その言葉は、「霊が語らせるままに」とあります。それは聖霊が与える言葉です。弟子たちの中にある言葉、自分たちが経験した言葉ではありません。この地上にある言葉ではなく、神の霊が与える言葉、上から与えられる言葉、全く新しい言葉を語り始めたのです。これが、教会の誕生の出来事であったと、聖書は告げています。

先ほどお読みした創世記のバベルの塔の話は、人間の言葉がなぜ通じなくなったのか、言葉の混乱がどうして起こったのかを描いています。天地創造以来、人間は同じ言葉を話し、一つの民であったけれども、天にまで届く高い塔を建てようとします。それは自分たちが有名になるためであったと、はっきり書かれています。神さまがおられる天に届くような高い塔を建てようとする。それは、神さまによって創られ、言葉を与えられた人間の傲慢です。神の前に自分を高めようとするのです。人間が神の座に座り、神に成り代わろうとする。その傲慢の罪を貫き通そうとした。それによって、今まで同じ言葉を語っていた。一つの民族であった人間が、ちりぢりばらばらになって、言葉が通じなくなる。色々な民族に分かれてしまうのです。その言葉の混乱は、私たちの罪から生まれたのだというのです。

この世界中に数え切れない多種多様な民族が存在しています。また言語もそうです。一つの民族が一つの言葉を持っていると考えると、私たちの想像をはるかに超える言葉があります。言葉が通じないことは、民族の対立を起こす大きな壁であると言ってよいでしょう。私は、外国語が不得意ですので、英語を自由に話せる人を見ると、うらやましく思うことがあります。ですから、世界中が同じ言葉で通じることができれば、どんなに世界がうまくいくのだろうと思うほどです。現実はそれとは全く正反対で、言葉が通じない。民族の違い、言葉の壁によって今も世界の至るところで、争いが起こり、憎しみ合うことで、どれほど悲惨な出来事が起こっているのかを、嫌というほど知らされるのです。それは、私たちが同じ言葉を使っていてもそうです。言葉が通じていれば、人との関係が作られるのかと言うと、そうではないのです。同じ日本語を話していても、言葉が通じないもどかしさがあります。そこには、言葉そのものが命を失っている。言葉が空しくなっている。私たちの中にどこにも真実な言葉を見出せないからではないでしょうか。

その私たちに、聖霊降臨によって新しい言葉の出来事が起こった。聖霊によって、人間の言葉の壁が打ち破られたのです。5節以下を読みますと、聖霊に満たされた主の弟子たちが、町に出て行って伝道している様子が記されています。それが町の人たちにどのように受け止められたのでしょうか。12節以下を読みますと、ある人たちは弟子たちの新しい言葉を聞いてぶどう酒を飲んで酔っぱらっている、とひどく軽蔑しています。しかし、他の人たちは弟子たちの言葉に驚くのです。この驚くは、我を忘れるほどにびっくりする。呆れるほど激しい驚きであった。この驚きはどこから出てきたのでしょうか。5節以下に書かれていますように、五旬祭が祝われたエルサレムの町は、色々な国々、遠くから近くの地方からも大勢の人たちが、祭りを祝うためにごった返していた。9節以下に、その民族や国の名前が並べられています。そのような多種多様な民族、そして色々な言葉を語る人たちがいた。その彼らが自分の故郷の言葉で話されているのを聞いて、あっけにとられるのです。「どうして私たちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか。」と。弟子たちが、聖霊に満たされて語った言葉は民族を超えたのです。言葉の壁も打ち破ったのです。先ほど言葉の混乱の話をしました。言葉は文化であり、生活そのものだと言うことができます。日本という狭い島国にも多くの方言があります。その地でしか通用しない言葉です。

私が神学校を卒業してすぐ遣わされたのは高知県の端、室戸にある教会でした。そこに初めて赴任した日、私たち家族を歓迎するために、教会の人たちが集まっていました。その人たちが土佐の言葉で話しているのを聞いて驚きました。まるで機関銃のように早口で、強い訛りのある言葉で、いったい何を言っているのか、これが同じ日本語とは思われないほど分からなかった。その言葉を聞いて、ここで牧師としてやっていけるだろうか、不安になりました。それだけでなく、自分自身を振り返ってみると、人間的には様々な弱さや、欠けだらけの姿がはっきり見えてくるのです。また人をつまずかせるような失敗をしたこともあります。これまで何度も打ちのめされて、もうこれ以上牧師を続けることができない、御言葉を語ることもできないと行き詰まったことがあります。しかし、それでもなお、伝道者として歩むことが許されてきたのは、人間の思いではありません。そうではなく、聖霊の御業という他ないのです。聖霊なる神さまが貧しいこの私を立たせてくださった、御言葉を語る者として整え、用いてくださったからです。

聖霊による新しい言葉は、私たちに何を明らかにするのでしょうか。11節にこうあります。「彼らがわたしたちの言葉で神の偉大な業を語っているのを聞こうとは」このペンテコステの出来事から、今のこのときまで、二千年の教会の歴史を貫いて語り続け、そして聞かれてきたのは、ただ一点、イエス・キリストによって成し遂げられた神の偉大な御業です。この後、14節以下に、弟子たちの代表として、ペトロが語った教会の最初の説教が語られています。そこには救い主であるキリストの為してくださった十字架の死、その死からの甦りが鮮やかに示されています。それは私たちの罪と死に対する勝利です。それによって、どんな罪人であっても、神に愛され赦されている、その揺るがない神の救いの御業が語られ、聞かれるところに聖霊は働くのです。その御言葉によって救いが起こるのです。イエス・キリストを救い主として信じる信仰が生まれてくる。それによって、どんなに厳しい現実があっても、困難をも乗り越え教会は立ち続けていくのです。私たちの南部教会は、これまで多くの信仰の先達たち、伝道者、宣教師の祈りと伝道によって、歩み続けることができました。そこに、はっきり聖霊の御業を見るごとができます。その聖霊は今も溢れるばかりに私たちに注がれている。その聖霊に押し出されて、あの弟子たちのように、外へと出て行く。まだ、神の偉大な御業を知らない人たちのところへと遣わされていく。それが、ペンテコステから始まる教会の伝道の姿であります。

                   (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)