説教のページ(音声版)  その4
                                                                                                                                                                                                                                                                        
                                                                                                               


      新しい契約」                                
                             
           エレミヤ書 31章31〜34節
                                       マタイによる福音書 26章26〜30節


                                     (2019年9月1日 主日礼拝説教) 

今日は9月最初の主の日の礼拝です。厳しい暑さも和らぎ、次第に秋を感じさせられる季節になりました。教会はこれから収穫の秋を迎えます。いよいよ主の恵みに満たされて、伝道に励む秋に向かって歩んでいくときであり、また一人ひとりの信仰においても、祝福の実りを実らせる季節になります。そういう秋に向かう九月第一の主の日を、かつての教会では「振起日」と呼んでいました。振起というのは、漢字で振うという字と、起きるという字で書かれています。子どもたちが、夏休みが終わって、さあこれから二学期を迎える、心を新たにし日曜学校に集まろうと奮い立つ、そのような日として覚えられていました。この奮い立つというのは、自分の力を振り絞って、頑張って信仰していこうというのではありません。そうではなく、主の恵みにもう一度立ち帰って信仰を立て直すのです。主の恵みを味わい知って、新しい思いを持って歩み出していくのです。そのように一度信仰の原点に立ち帰って、そこから歩み直すのです。その信仰の原点は何でしょうか。私たちが立ち帰るべき恵みとは何でしょうか。

今お読みしたこの箇所には、主の晩餐の場面が描かれています。おそらくレオナルド・ダビンチの「最後の晩餐」の絵を思い起こすことができるでしょう。一般的に「最後の晩餐」と呼び習わされておりますが、本来の呼び名は「主の晩餐」であります。主イエス・キリストが十字架のお架かりになる前夜、弟子たちと一つの食卓を囲まれました。この主の食卓は最後ではありません。そうではなく、イエスさまの後、弟子たちから始まった教会が、二千年の歴史の中で、大切な食卓として守り続けてきた「聖餐」の食卓のはじまり、起源、原点です。今日は、九月第一の主の日ですので、私たちはこの後この主の食卓に与かることが許されています。この食卓で私たちに差し出される小さなパンと杯は、いったい何を表しているのか。私たちにどんな恵みを指し示している、そのことを今日の御言葉は、はっきりと告げています。

先週、お読みしました17節ではイエスさまが弟子たちを招かれたこの食卓は「過越の食事」と言われています。イエスさまが十字架に架けられるのは、この過越の祭のときであった。つまり、主の十字架と過越の祭が重ねられているのです。過越の祭は、旧約聖書の出エジプトを記念し覚える祭です。イスラエルがエジプトの地で奴隷の苦しみを味わっていたとき、モーセによって解放された救いを思い起こし、お祝いするための祭であった。出エジプトのとき、神さまはイスラエルの民に家の鴨居に小羊の血を塗るように命じられた。エジプトの男の子の長男を神さまが撃たれたとき、その災いを鴨居に血を塗ったイスラエルの家を過ぎ越したことから、「過越の祭」と呼ばれるようになったのです。その後、イスラエルの民は、種が入っていないパン、イースト菌で膨らんでない堅いパンを食べて、急いで出エジプトを出て行った。そのことを覚えるために、過越の食事では、種入れぬパンを裂いて食べたというのです。家の主人が出エジプトの話をして、パンを家族に分け与えるのです。イエスさまは、弟子たちと共に、神の家族として過越の食卓を囲んでおられるのです。ここにイエスさまによる新しい家族が誕生していると言ってよいと思います。この食卓は、ただ過去のイスラエルの救いを思い起こすだけではありません。神さまが出エジプトにまさる救いを、今や起こそうとなさっておられる。この後、イエスさまはご自分の体をパンのように裂かれるのです。神の子であるお方の体が十字架の上で裂かれる、その体を、これは私の体だと、私たちに差し出されるのです。それによって、主の救いを受け取らせていただくのです。

次にイエスさまは弟子たちにぶどうの杯を差し出されて、こう言われました。「皆、この杯から飲みなさい。これは、罪が赦されるように、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である」聖書では血はいのちを現わしています。「契約の血」、これも出エジプトの出来事を指し示しています。エジプトの奴隷の生活から救い出されたイスラエルの民は、モーセを通して10の戒め、十戒を神から授けられる。この十戒は、神の民が神さまに従って生きていくための約束であった。その約束を、イスラエルの民との間に結ぶ時、イスラエルの民はこう言ったのです。「わたしたちは主が語られたことをすべて行い、守ります。」モーセは、雄牛の血の半分を祭壇に注ぎかけ、残りの半分を民の上に振りかけて、こう言ったのです。「見よ、主がこれらの言葉について、あなたたちと結ばれた契約の血である」この神と民との間に結ばれた契約を守ることができるのは、人間の力でも努力でもない。そうではなく血、そこにいのちが流されるときに、神の約束は真実なものとなる。神さまは、ご自分の真実をもってイスラエルに契約を結んでおられるのです。

しかし、忘れてならないは、この契約をイスラエルがどのように扱ってきたのかということです。旧約聖書を読むときに、そこに現れ出てくるのは、神の民とされた人たちの不真実な姿です。イスラエルの民は、先程のように約束を守りますと、誓ったのです。しかしその彼らの言葉は、真実ではなかった。神さまの大切な戒めをいい加減にし、自分勝手に生きてきた。神の御心に従え得ないイスラエルの民の不信仰がはっきりと描かれているのです。その不真実がどこまでも貫かれている。そして最後に神の御子、神がお遣わしになった救い主、メシアを十字架に架けて、捨ててしまうまで貫かれていく。先週申したように、この主の食卓の場面で、ユダも他の弟子たちも主に最も愛されていた弟子たちが、主を裏切るのです。主を平気で捨ててしまう。そういう愚かな罪を持っていた。その罪が現れる、その食卓において、イエスさまはご自分の体を裂き、そして血を流されると、言われるのです。

それは神が人間の不真実にもかかわらず、真実を貫かれたからです。人間の不真実を変えるために、神がご自身の真実を貫かれたからです。神の方から、罪からの救いの道が拓かれる、神の御子が十字架の上で死なれる以外に私たちは救われないのです。それが28節でイエスさまが言われるように「罪の赦し」ということに他ならないのです。動物の血が流されるのではありません。ただ一度、神の御子の血、いのちが注がれるのです。神の御子が十字架の上で流される血によってしか、私たちの不真実を真実に変えることができないのだということです。

先程、エレミヤの預言の言葉を読みました。エレミヤという預言者はイスラエルに対して、厳しい言葉で裁きを語りました。エレミヤ書17章9節でこう言っています。「人の心は何もまして、とらえ難く病んでいる。だれがそれを知り得ようか」人間は、どれほど深く、罪に病んでいるのか。もっと深刻なのは、その病を知らないということです。自分がどれほど致命的な病になっているかを知ろうとしない。それは、旧約時代だけでなく、今の私たちがどれ程深く病んでいるのか。しかし、それにもかかわらずエレミヤは新しい契約を告げています。こう言われています。

  「しかし、来るべき日に、わたしがイスラエルの家と結ぶ契約はこれである、と主は言われる。すなわち、わたしの律法を彼らの胸の中に授け、彼らの心にそれを記す。わたしは彼らの神になり、彼らはわたしの民となる。そのとき、人々は隣人どうし、兄弟どうし、『主を知れ』と言って教えることはない。彼らはすべて、小さい者も大きな者もわたしを知るからである。と主は言われる。わたしは彼らの悪を赦し、再び彼らの罪に心を留めることはない

エレミヤは驚くべき約束を語っています。古い契約は破棄されるのです。それはもはや効力を持っていない。その代りに新しい契約が結ばれる。それは、神さまが、私たちの心に契約を刻みつけてくださる。そのとき、いったい何が起こるのか、それは罪の赦しです。考えてみると、不思議な言葉です。イスラエルが罪を知って悔改めたからでも、心を入れ替えて、神さまに立ち帰ったからではありません。一方的に契約を破ったその罪をもはや問うことをしないのです。どんな深い罪であっても、背きであっても、神はその一切を心に留めない。主なる神をそれほど知ることができる。このエレミヤが告げている新しい契約は、旧約聖書の時代には実現することはなかった。エレミヤはその約束を告げるだけであった。しかし、私たちはすでに知っているのです。この約束が、どのようにこの世界の中に実現したかを。この罪の赦しを成し遂げるために、主イエスが、ご自分のからだを裂き、血を流してくださる。それによって罪が赦されている。もう罪は問われないのです。罪赦されているというのは、私たちは、神の子とされている。先程申したように神の家族です。イエスさまと同じように、神の子とされているのです。ここでみんながよく知り合っているからではありません。そうではなく、ただ主の体と血にあずかって、罪赦されている、その1点において、私たちは神の家族とされているのです。

この救いの恵みは朽ちることのない永遠を指し示しています。イエスさまはこう言われました。「言っておくが、わたしの父の国であなたがたと共に新たに飲むその日まで、今後ぶどうの実から作ったものを飲むことは決してあるまい。」イエスさまは、弟子たちに今後は一緒に食卓を囲むことはないと言われます。これはお別れの言葉です。イエスさまは地上を去って死に向かわれるのです。弟子たちの関わりはそれによって断たれてしまう。しかし、その関わりは決定的に断たれるのでありません。ここでイエスさまは死を見つめられるのではない。その死を越えた「わたしの父の国」をはっきり見据えておられるのです。すでに復活の勝利が予告されていると言ってよいのです。イエス・キリストの十字架の死は死で終わりではないからです。私たちが、ここで囲む食卓は地上のいのちを越える食卓であるからです。ここで、私たちは、神の国の食卓を憶えることができるのです。ですから、聖餐は天の国の祝宴の先取りであるということができます。

私の母土肥羊子は、癌という病で地上の生涯を終えました。亡くなる一か月前、本人の希望によって家に帰ることができましたが、息苦しくなって食べることが困難になりました。次第に衰弱し病院に再び入ってからも、点滴だけになりました。亡くなる二日前、家族や教会の人と共に地上最後の聖餐をまもりました。そのとき、まだ意識ははっきりしておりましたので、小さくちぎったパンとぶどうの杯を口に付けたとき、アーメンと言って受け取った、それが地上の最後の食事でありました。その主のいのちをいただき、永遠の命を確かに受け取って、主のもとへと召されていきました。

私たちは、病や死、そして罪の暗闇という圧倒的な力を前にして主が備えてくださる、いのちの食卓に与かることができる、それは何という幸い、恵みでしょうか。この食卓において、私たちは、主の為してくださった救いを新しく受け取り直すのです。この恵みを受け取ることから、私たちの新しい歩みが始まります。信仰が奮い立たされて、喜んで主の弟子として歩み出していくのです。

                 (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)