説教のページ(音声版)  その4
                                                  

                                                         
                                                  


      愛に生きる道
                                           詩編 15篇1〜5節
                             
             マタイのよる福音書 5章38〜48節

                                          (2017年5月7日 主日礼拝説教) 
  

礼拝の中でイエスさまがお語りになった山上の説教を読み続けています。この説教をある人が「神の国における生活の設計図」であると言っています。これは山上の説教をどのように読んだらいいのかを考えるとき、いつも心に留めておきたい言葉です。神の御子イエス・キリストが、二千年前、世界に来られたのは、神の国、神の恵みによる支配を実現してくださるためでした。私たちにその神の国、支配が実現しています。その神の国に生きる者が、どのような生活をしていくのかを示すために、イエスさまが設計図を書いてくださっている。私たちにこのように生きてごらんなさいと教えておられる。それが山上の説教であるということです。

今日お読みしたのは、5章21節から、イエスさまが神の戒めとしてずっとこれまでユダヤ人たちが大切にしてきた教えを取り上げて、それを全く新しい戒めとして教え直されている。その教えの最後、まとめとして語っておられる箇所です。今日のところに「復讐してはならない」、「敵を愛しなさい」という見出しが付けられています。教会に行っていなくても、聖書を読んだことのない人でも、一度は聞いたことがある愛の教えが語られています。しばしば世間からキリスト教は愛の宗教であると言われています。神の愛と人への愛が信仰者の中心にあると見られているからでしょう。けれども、今日の箇所に言われている愛を本当に実際の生活に当てはめてみると、いったいどうでしょうか。世界での争いや紛争を見ますと、ここで言われていることとは正反対な現実があります。力には力、復讐することが当然のこととして行われます。愛とか赦しとかいうことが、現実の中では軽んじられているのが、実際ではないかと思うのです。そうだとしたら、この主の愛の教えを理想のように受け取ってしまうのだと思うのです。私たちに現実不可能な、理想的な教えを示しているのだと理解してしまうのです。そうだとしたら、今日、ここでこの御言葉を聴くことは、いったいどのような意味があるのでしょうか。単なる理想の教えを聴いて、現実はそうできないという諦めを持つだけのでしょうか。そうではないのです。二千年間教会は、この主の言葉を薄めることなく、そのまま主の命じておられる教えとして聴いて、その通り従って歩み続けてきたのです。だから、教会はこの世の力によって押し潰されることなく、この主の言葉によって、愛の生きる道を歩んできたのです。多くの迫害が起こり、敵に取り囲まれ、実際に力によって滅ぼされそうになった時に、それに逆らうことをしなかったのです。力に対して力を、憎しみに対して憎しみを、復讐に対して復讐してきたのではありません。そうではなく、愛と赦しをもって敵をも愛する道を選び取ってきたのです。そのようにして神の国に生きる生活を為してきたのだということです。

38節に「あなたがたも聞いているとおり、『目には目を、歯には歯を』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。」これは目をやられたなら、目をやり返せ、歯をやられたなら歯をやり返せと、復讐を命じていると思われるのですが、そうではありません。いやむしろ、復讐を禁止するための教えです。人に害を与えたならば、同じ害を受けなければならない。それ以上復讐してはならないのです。これは聖書だけでなく、大昔のペルシャにも同じような法律があったと言われています。今の刑法とか民法という法律の基礎には、人に与えた被害に対して賠償の責任があり、被害を受けた人には賠償を求める権利がある、という考えがあります。これは人が共に生きていく社会を成り立たせる常識的なルール、規則であると言ってよいでしょう。人から害を受けたとしても、自分の思いから復讐をしてはならないと戒めています。けれども、ここでイエスさまは、その戒めを覆してこう言われるのです。「しかし、わたしは言っておく。悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。」ここで言われているのは、明らかに相手が悪人で、自分は間違っていないのです。その人から害を受けるのです。右の頬を打たれるならば、左の頬を向けなさいと。人を平手打ちするとき、右の手のひらで相手の左の頬を打つのです。しかし、相手の右の頬を打つというのは、右の手の甲で打つ。これは、ただ人を打つだけでなく侮辱することを意味しています。ただその人が間違っているだけでなく、その人から自分の体も心も痛めつけられるのです。四〇節に「あなたを訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせなさい」とあります。この上着はマントのような体をすっぽり覆ってしまう着物であって、いのちを守るために用いていたものです。そのマントをも、差し出せとイエスさまは言われます。

これを聞いて、私たちは納得できるでしょうか。そうだ、その通りだと主の教えを受け入れることができるでしょうか。この世の悪や不正義を見逃せば、社会は成り立って行かない。悪人をそのままにしてよいのかという問いがあります。あるいは、クリスチャンは人の言い成りになって、お人よしだと言われるかもしれません。けれども、ここでイエスさまは、この世の悪の存在や不正義を認めておられるのではありません。何でも許せばよいと言われるでもないのです。私たちが、もし人から理不尽な目に遭わされる。どうしてこんなひどい目に遭うのかというとき、それに立ち向かうのは、いったい何でしょうか。右の手で打たれるならば、自分も腹が立つのです。ふつふつと心の中に怒りが湧き上がってくるのです。それだけでなく、その怒りによって1発やられたならば、2発お返しする。数年前のテレビドラマで、流行った台詞を思い起こします。「やられたならば、やり返す。倍返しだ」。あのドラマがどうして皆から受け入れられたのでしょうか。それは正義の怒りが不正義を滅ぼしたからです。誰もがあのドラマを見て、胸をすっきりさせ、拍手喝さいしたかったからです。けれども実際はこの倍返しだけで事は納まらないのです。2倍が3倍になり、4倍に次第にエスカレートしていくのです。まさに怒りの連鎖です。憎しみが延々と続いていく。そうやって、私たちの世界は、争いと憎しみによって人と人が生きられなくなってしまう。だから、イエスさまは言われるのです。悪人に手向かってはならない。怒りに対して怒ってはならない。それは神の国に生きることはできないと、そう教えておられるのです。

その主の教えは43節以下で頂点へと向かっています。「あなたがたも聞いているとおり、『隣人を愛し、敵を憎め』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。」ユダヤ人たちは、旧約聖書以来、隣人を愛することが、神の戒めであることを知っておりました。けれども、隣人を愛するという戒めは、一つの限界を持ったものでありました。46節から48節にかけて語られていることは、47節の「兄弟」という言葉が、信仰の仲間を指していることから、自分の身内、仲間だけを愛することだけでよいのかが問われています。旧約聖書以来、イスラエルの民は、自分たちの血筋を受けた者と、そうではない他の民族、それは異邦人と呼ばれる人とはっきり線を引いていた。それは単なる民族の違いだけでなく、信仰的な違いから、優劣を意味していました。ですから隣人とは自分の仲間を指しています。仲間を作るということは、そこで線が引かれて、それ以外の人と区別される。もっと言えば、その人を仲間の外へとはじき出すのです。ですからユダヤ人たちが隣人を愛するというのは、それ以外の人を愛さないのです。それは、ユダヤ人だけが持っている愛の姿ではありません。いや誰もが生まれたときから持っている自然な愛の姿です。私たちが人を愛するときに、その愛を計っています。その計っている基準になるのは、いったい何か。それは自分です。自分が中心となって、人を愛するときの物差しになっているのです。この人を愛することができる、それは何らかの価値があるからです。自分が少しでも得をできるか、満足できるか、そのような物差しをもって人を計っているのです。少しでも人を愛すれば、自分はましな人間だという誇りや満足が生まれてくることもあります。そのような自分への報いや見返りを求めることが、果たして真実に愛に生きることなのか。隣人として人を愛しているのか。そのことが私たちに問われているのです。

45節にはこう言われています。「あなたがたの天の父の子となるためである。父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからである。」先ほど申したように、私たちは、人を悪人か善人か、正しいか、正しくないかという線を引いてしまうのです。しかし、天の父なる神さまのなさり方はそうではないとイエスさまは言われるのです。神さまは、教会に来ている人だけを愛されているのではないのです。そんなちっぽけな愛に生きておられるお方ではありません。神さまは、はじめから善人と悪人、正しい人と、正しくない人と区別して創られたのでしょうか。そんな意地悪な神さまなのでしょうか。創世記1章の天地創造において、神さまは人を自分に似せてお造りになった。それは良きものとして創られたとあります。天地創造からすでに神さまの愛が始まっているのです。神さまの愛によって人は造られ生かされていると、聖書は告げているのです。

44節には、「わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい」と、イエスさまは言われます。けれどもこう言われたイエスさまが私たちに先立って祈られたのです。祈って、敵を愛されたのです。真実な愛に生きられたのです。真実な愛の道を最後まで歩み抜いてくださったのです。私たちに完全な愛を現わしてくださった。主イエスが十字架の道を歩まれたとき、人々によって平手打ちをされて、侮辱されました。まるで玩具のように弄ばれて、その苦しみの果てに惨たらしく殺された。その十字架の上で、主イエスは祈られたのです。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」と。まさに、自分を侮辱し、要らないと十字架に捨ててしまう、それは他ならない私たち自身の罪の姿、その私たちのために、父よと祈って、執り成してくださった。その祈りによって、すでに赦されて、神の国に入れられているのです。神の子とされて生きる幸いが与えられている。そのイエス・キリストにおいて現された神の愛は、この私に向けられている。この私のために、神の御子であるお方が死んでくださった。イエスさまのこの十字架の祈りによって、私たちは本当の愛を知ったのです。それによって復讐することから自由になれるのです。憎しみによって生きることからも解き放たれるのです。この十字架の愛は、私だけに注がれた愛ではないのです。あの人も、この人も、いやすべての人のために、十字架にお架かりになった。この愛からもれる人は一人もいないのです。このイエス・キリストの祈りを知っている私たちも、また祈るのです。いや祈る他に愛に生きる道はないのです。あの人、この人とどうしても苦手な人がいるのです。自分を苦しめる人がいるのです。なお赦せないと思う人がいるのです。その人のために祈るのです。愛することは祈ることから始まるからです。その人を裁くために祈るのではありません。その人にも、神の愛が注がれていることを信じるからです。主がその人のために命を捨てられたからです。その神の愛によって、私たちは現実を諦めるのではありません。人を愛する道を、この愛に押し出されて、一歩新しく歩み出していきたいと願うものであります。

                   (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)