説教のページ(音声版)  その4
                                                 
 
                                                         
                                                  


      人々から捨てられる主イエス」                                
                             
           エレミヤ書 20章7〜10節
                                       マタイによる福音書 13章53〜58節


                                     (2018年7月8日 主日礼拝説教) 

今日お読みしたマタイによる福音書13章53節から新しい段落に移っています。53節にありますように、13章からイエスさまは幾つもののたとえ話を語っておられた。それを語り終えられて、自分の故郷に帰られたのが、今日お読みした箇所です。イエスさまの故郷は、ここには記されておりませんが、ナザレと呼ばれる町でありました。当時のユダヤでは、注目を受けるのない辺鄙な町であったと言われています。イエスさまがベツレヘムでお生まれになって、すぐに両親、ヨセフとマリアが住んでいたナザレの町にお帰りになった。55節以下には、イエスさまの家族の名前が出ております。イエスさまの個人情報が聖書の中に記されているのはとても興味深いことです。ナザレの町の人の口から「この人は、大工の息子ではないか。母親はマリアといい、兄弟はヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダではないか。姉妹たちは皆、我々と一緒に住んでいるではないか」と、兄弟や姉妹のこと、イエスさまが大工の息子であったことが明らかにされています。この家族と共に、おそらく30歳ごろまで、ナザレの町でごく普通の生活をなさった。それからこの家を出て、救い主、メシアとしての歩みを始められたのです。そのイエスさまが、久しぶりに自分の故郷、自分が育った町に帰ってきたのです。しかし、それは、懐かしい家族や友人に会うためではありません。久し振りの再会を喜ぶために帰って来たのではありません。54節に「会堂で教えておられる」とありますように、そこでも神の言葉を語っておられるのです。故郷の町であってもどこであっても、救い主、メシアの働きを続けておられるのです。その故郷での伝道はどうであったのか。今日の箇所の見出しには「ナザレで受け入れられない」とあります。57節では「このように、人々はイエスにつまずいた」、さらに58節に「人々が不信仰だったので、そこであまり奇跡をなさらなかった」というのです。イエスさまの伝道は明らかに失敗であった。そこで神の業が現れなかったのです。神の力が働くことができない、それほどの不信仰であったと、聖書ははっきり告げています。

すでに、お読みした13章1節以下の「種まきのたとえ」では、様々な困難が予想される中で、必ず豊かな収穫があると信じ、意を決して種を蒔くために出て行く農夫の姿を描いていました。それは神の言葉を語る主イエスのお姿と重なり合うのです。イエスさまも、御自分の故郷の人たちに、神の救いを告げたのです。人々は主イエスが語られる言葉を確かに聞いたのです。しかし受け入れなかった。それゆえに信仰を持つことができなかった。神の救いをそこに聞き取ることができなかった。故郷では、何もかもうまくいかなかったのです。そのような伝道の失敗を、聖書は私たちにはっきりと告げている。それは驚くべきことだと思います。57節に言われている「預言者が敬われないのは、その故郷、家族の間だけである」というのは、イエスさま自身の言葉ではなく、当時の格言、ことわざとしてよく知られていた言葉だと言われています。これは、しばしば私たちクリスチャンの間でも使われることがあります。牧師になって遣わされたのが、自分の出身の教会だったり、故郷だったりすると、そこには顔馴染み人がいるから、伝道は難しいというふうに言われることもあります。あるいは、皆さんも経験があるように、自分の愛する家族への伝道が難しいということを、思い起こすかもしれません。子どもや夫や、友人を信仰に導こうとして、熱心に教会生活をし、伝道します。何とかして教会へと導こうとしますが、なかなか聞いてくれない。信仰を分かってもらえない。自分の最も愛する者に福音を宣べ伝えることの困難を覚えることがあります。途方に暮れる思いをもつことがあります。そのとき、この主の言葉が慰めとなる。イエスさまだって、故郷では失敗したし、家族からも受け入れられない。それで安心するところがあるかもしれません。しかし、イエスさまがなぜ、最も近い人たちから受け入れられなかったのでしょうか。もっとはっきり言えば、故郷によって拒絶されてしまうのです。こんな救いは要らない。こんな救い主、メシアは要らないと、捨てられてしまうのです。いったいなぜでしょうか。

54節に「故郷にお帰りになった。会堂で教えておられると、人々は驚いて言った」とあります。「驚いて」という書かれた元の言葉は、聖書の中ではあまり使われない言葉です。ちょっと驚いたという程度ではなく、激しい驚きを現している。ある聖書は、「人々はあっ気にとられた」と訳しています。イエスさまのお言葉を聴いた人たちの驚きです。先程、申したように、このときどのような説教を語っていたかはわかりません。前回のたとえ話で語られていたことで言えば、おそらく、そこでも「天の国」を告げる福音を語っていたにちがいありません。今、ここに、新しい神の支配が始まっている。その神の国があなたがたのところまで近づいている。どこであっても、天の国の福音を告げておられたに違いないのです。その言葉を聴いてびっくりしたのです。大工のせがれから、このような話を聞くとはと驚いたのです。けれども、もっとも近いところにいた人たちがイエスにつまずいたのです。イエスさまを信じることができなかったのです。主イエスの語る言葉に、天の国を見ることができなかった。ここに神がおられる。神が支配しておられる。その信仰の世界に入ることができなかったのです。

「つまずく」という言葉は、動物を生け捕るためにわなを仕掛けるという意味があります。英語で言えばスキャンダルと言われます。子どもが道を歩いているとき、道端の石に躓いて転んでしまう。その石に向かって、なぜここに石があると言って腹を立てる。それは、わざと転ばせるために、石を置いていると思っているからです。イエスさまが、つまずかせたのではありません。イエスさまに躓いてしまうのです。イエスさまを信じることができなかったのです。驚いただけであって、信仰を持つことには至らなかった。それはなぜでしょうか。ナザレの人たちはこう言っています。「この人は、このような知恵と奇跡を行う力をどこから得たのだろう。この人は大工の息子ではないか。母親はマリアといい、兄弟はヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダではないか。姉妹たちは皆、我々と一緒に住んでいるではないか。この人は、こんなことをすべて、どこから得たのだろうか。」ナザレの人たちは、イエスさまともっとも近しい人たちであったはずです。同じ故郷に生きていたからです。故郷、もっと柔らかく言えばふるさとです。暖かな人間味あふれる血筋や、地縁による結びつきです。同じ言葉を話し、同じ空気を吸い、同じ町に住んでいるという関係です。ナザレの人たちは、幼いとき、イエスさまと一緒に、野原を駆け回って遊んだかもしれません。あるいは、大人になって大工仕事をしてもらった人がいたのかもしれない。それほどによく知っていたのです。そういう親しさを持っていたのです。けれども、その親しさによってイエスの本当の姿が見えなくなってしまったのです。それは、自分たちの世界でしか、見えていなかったのです。自分の体験や知識を捨てることができなかったのです。

先程の人々の言葉には「この人は、このような知恵と奇跡を行う力をどこから得たのだろう。」「この人は、こんなことすべて、どこから得たのだろうか。」と「どこから」という問いが言われています。イエスさまが語っておられる教え、その言葉、イエスさまが為さった驚くべき業は、いったいどこからと問うています。これは、この礼拝の場で、主イエスの言葉、なさった御業を説教、御言葉として聞いている私たちに向けられている大きな問いかけではないでしょうか。別な言い方をすれば、イエスさまをどのようなお方として信じるのかということです。なぜイエスさまが、母マリアから生まれ、大工のせがれとして生きられたのか、普通のユダヤ人として姿を現されたのか。そのお方が、ただ普通のユダヤ人ではないということです。私たちと寸分変わらない人としてこの地上に生まれたその主イエスのお姿の中に、はっきりと神の子としてのお姿を見ることができるのか。そのお方の言葉を信じて、心からアーメンと言えるかということです。そこに私たちの救いがかかっているのです。

ずいぶん前ですが、聖書を知らない人たちにクリスマスの話をしたことがあります。マリアのお腹から生まれたイエスさまは、神の独り子であると話したところ、ある人がびっくりした顔をしてこう言われました。確かにイエスさまは人である。その人として生まれた後、だんだん大人になっていくにつれて、自分はメシア救い主、神の子だと自覚するようになって、素晴らしい教えを説くようになった。イエスという人は、神らしくないと。しかし、私はその人にこう言いました。そうであれば、なぜ人々はイエスさまを敬わなかったのか。なぜイエスさまにつまずいたのか。あの十字架の上で、惨たらしい仕方で殺されなければならなかったのか。あなたはどのように思いますか。そう言ったのです。イエスさまが、人として生まれたお方であり、救い主であり、神の子であると信じるのは、人間の理解をはるかに越えています。どう理解しようとも、受け入れ難いのです。私たちの手に負えない神さまのなさり方としか言いようがないのです。だから私たちは、それを拒んでしまうのです。自分の世界の中でしか、イエスさまを受け入れないからです。自分の思いによって、イエスさまを見ることができないのです。それが主イエスを十字架に架けてしまうところに至るのです。

繰り返して申しますが、人々は主イエスにつまづいたのです。その語られた言葉につまずいたのです。その人々にイエスさまは言われました。「預言者が敬われないのは、その故郷、家族の間だけである。」これはすでに、十字架の死を予告していると言ってよいのです。神の御子が、ご自分のところに小さな姿として来られたのに受け入れられないのです。救い主として認めようとはしないのです。自分たちには必要ないと、十字架に架けて捨ててしまう。それは、このナザレの人々だけではありません。主の弟子たちからもいらないと捨てられる。その十字架の道を最後まで歩まれたのです。そのようにして、神の子が、私たちに仕えてくださった。私たちの自分の思いから解き放ってくださった。その救いを、今、私たち一人ひとりに、語りかけてくださっています。この神の言葉を、私たちは驚きをもって聞くのです。いや驚くだけでなく、それをアーメン、その通りです。その御心を受け取るときに、そこに私たちの信仰が生まれるのです。主を信じ、従う歩みを、御言葉を聴くことから始めていきたい、そのように願うものであります。


                        (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)