説教のページ(音声版)  その3
                                                                                                                                                                                                                                    (音声はありません)                                                                                                                                                                       
                                                            


      神の言葉を捨てない」                                
                             
           イザヤ書 31章4〜9節
                                       マタイによる福音書 23章34〜39節


                                     (2019年6月30日 主日礼拝説教) 

久しぶりにマタイによる福音書に戻りましたので、今日お読みした箇所がいったいどのような場面で語られたのか、振り返って見ますと、イエスさまは最後の目的地エルサレムに入っておられます。数日後、このエルサレムの町で十字架に架けられて殺されてしまう。そのご自分の死を見据えながら23章から25章にかけて、とても長い説教をお語りになられました。その説教のはじめ、すでにお読みした23章には厳しい言葉が続いて語られておりました。13節から29節にかけて「律法学者たちとファリサイ派の人々、あなたたち偽善者は不幸だ」という同じ言い方が7回も繰り返されています。聖書の中で7という数字は完全とか、徹底してという意味がありますので、ここで非難されていることは、どれほど酷い罪、不信仰であるかを、徹底して明らかにしようとしているのだということです。

その徹底した非難が誰に向けられているのか、それは律法学者たち、ファリサイ派という当時のユダヤ教の指導者、人々に聖書を教え、神の道を指し示すという宗教家たちであったというのです。前にも申したことでありますが、今日の場面のように、イエスさまが激しく非難されるのを読みますと、この人たちはどんなにいい加減で、極悪な信仰者だと思ってしまうところがあります。しかし、彼らの実際の姿や生き方は決してそうではなく、真直ぐで熱心な信仰生活をしていた人たちです。人から後ろ指を指されるような不真面目ではなく、むしろ人々の手本になるような信仰の持ち主でありました。しかし、その人たちが「不幸だ」とイエスさまから言われなければならないのです。この「不幸」は、元の言葉は「ウーアイ」と書かれています。これは、「ウー」、「アー」という思わずあげる嘆き悲しみの叫び声です。私たちが指をドアに挟んだときに、思わず「アー」と声をあげる。そういう激しい叫びからこの「不幸だ」という言葉ができたと言われています。旧約聖書の預言者イザヤやエレミヤが神の民、イスラエルの罪を厳しく非難するときにこの「不幸」という言葉を用いたのです。「災い」と訳されることがあります。ただ不幸になるというのではなく、神さまから裁かれ滅ぼされなればならない、そのような罪をイエスさまは当時のユダヤ教の指導者たち、信仰の模範者たちの中にはっきり見出しているのです。それは、ただその罪を裁いているだけでなく、その罪から離れることを求めておられるのです。

その罪は偽善者だと言われています。偽善というのは、自分を大きく見せようとすることから生まれてくると言ってよいのです。私たちの生きているこの世のあり方は競争社会です。自分を少しでも人より上に立つことを目指して生きている。出世を願い、良い学校、一流企業に入りたい。この世での名声と富を得るために切磋琢磨して上へと昇ろうとする。信仰においても、そのような競争が出てくるのです。自分が人から認められる。あの人は立派な信仰の持ち主だと、人から褒められたい。自分の信仰は大きいと、神さまからも人からも認められたいと願っている。そのようにもっと上を目指して、一所懸命に信仰に励んだり、教会に熱心に出てくる。自分の信仰を大きく見せようとする思いが出てくるのです。。そこに偽善が生まれるということを知らなければならないのです。

このような罪に生きていた律法学者、ファリサイ派という人たちは、先程申したように決していい加減な信仰者ではありません。しかし、ここでイエスさまが彼らに問うておられるのは、人がどのように見ているかというのではなく、神さまとの関わりの問題です。偽善の裏に隠されている本当の姿はいったい何か。それが今日お読みした34節以下にこう言われています。「だから、わたしは預言者、知者、学者をあなたたちに遣わすが、あなたたちはその中のある者を殺し、十字架につけ、ある者を会堂で鞭打ち、町から町へと追い回して迫害する。こうして、正しい人アベルの血から、あなたたちが聖所と祭壇の間で殺したバラキアの子ゼカルヤの血に至るまで、地上に流された正しい人の血はすべて、あなたたちにふりかかってくる。」この言葉は、37節の言葉と併せて読むときに、よく分かってきます。「エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、自分に遣わされた人々を石で打ち殺す者よ、めん鳥が雛を集めるように、わたしはお前の子らを何度集めようとしたことか。だが、お前たちは応じようとしなかった。」この主のお言葉にも「ウーアイ」という深い嘆きが込められています。その嘆きはエルサレムへと向けられている。エルサレムというのは、ただその町を指しているのではなく、神がご自分の民として選ばれた神の民、信仰者の群イスラエルを表しています。エルサレムは彼らにとって最も大切な信仰の拠り所であった。その都に、神さまがご自身を現わす神殿が立っていたからです。そこで彼は、神さまの名を呼び祈り、賛美を歌って、礼拝を捧げていた。そういうエルサレムに対して、イエスさまはずいぶん厳しい言葉を投げかけておられるのです。このエルサレムが預言者たちを殺し、自分たちに遣わされた人々を石で打ち殺すと、言われるのです。

先程の34節にも「わたしは預言者、知者、学者を遣わすが、あなたたちはその中のある者を殺し、十字架につけ、ある者を会堂で鞭打ち、町から町へと追い回して迫害する」とありました。これは、将来、イエスさまの後、教会が生まれてから伝道が始まった時のことが予測されているのです。預言者、知者、学者というのは、教会の伝道者のことを意味しています。彼らへの迫害が、なお続いていくというのです。つまり、それは神の言葉に耳を傾けない。その語る神の御言葉に耳をふさいでしまう。もっと言えば、その神の言葉をいらないと言って捨ててしまうのです。預言者を殺すというのは、神の言葉を殺すのです。もっと言えば神さまを殺すのです。イエスさまは言われました。「めん鳥が雛を羽の下に集めるように、わたしはお前の子らを何度集めようとしたのか。だか、お前たちは応じようとはしなかった」これは、旧約聖書の時代からのイスラエル、先程のことで言えば、神の民、神さまによって選ばれ、愛されていた民、その民を神さまはこれまで、まるでめん鳥のように羽を広げて守ってきたのです。イスラエルは、このめん鳥である神さまの御手の中で、守られ、支えられ導かれてきた。これが神さまのイスラエルへの関わりであった。ここでは、わたしがと、イエスさまは言われるのです。このわたしが、神の民、イスラエルを何度も集めようとしたのか。それは、偽りの信仰に生きている律法学者たち、ファリサイ派の人たちをも含めて、神の民にイエスさまは御言葉を語っておられたのです。その神の言葉を彼らは聞かなかったのです。無視したのです。その言葉を聴いて、罪を悔い改めようとしなかったのです。その言葉を要らない、主イエスの言葉に耳を傾けようとはしなかったのです。いや、それどころか、その言葉を語る主イエス・キリストを要らない、そう言って捨ててしまう。その罪は、旧約聖書の時代から延々とイスラエルの中に貫かれてきたのです。これでもか、これでもかとその罪を犯し続けてきたのです。35節の正しい人アベルの血からというのは、自分の兄弟カインを殺した罪のはじまりを表しています。バラキヤの子ゼカルヤという人は祭司ゼカリヤ、この人は旧約聖書の歴史の中で、最後に殺された人であると言われています。アベルを殺す罪が、神に仕える人ゼカリヤを殺すまでに至るのです。それが一言で言えば神の民の罪の歴史だというのです。いやそれに留まらないで、神が遣わされた御子イエス・キリストを捨てるところまでに至るのです。イスラエルだけの罪ではない。この世界に生きるすべての人の罪が、神の言葉を要らないと言って捨ててしまうところにまで至る。そこに人間の罪が最も激しい仕方で現わされるのです。なぜ神の言葉を捨てるのか。神が遣わされた預言者をいらないと放り出してしまうのか。それは、自分の思いと神の言葉がぶつかってしまうからです。自己主張があるからです。神が求められることよりも、自分の考えが大事であるからです。それによって自分を大きくしたいのです。自分のために神さまがいてくだされば、信じてもよい。そのように神を利用することさえ起こるのです。そういう自分の思いが出てくるときに神の言葉が邪魔になる。だから神の言葉を聴かなくなるのです。

その罪を、イエスさまは38節でこう厳しく言われるのです。「見よ、お前たちの家は見捨てられて荒れ果てる。」この「」というのは、エルサレムの都に立っている壮大な神殿を意味します。そこは、先程申したように、ユダヤ人にとって最も大切な信仰の拠り所であった。そこに神さま御自身が住まわれるのです。神の家、神殿にご自分を現されるのです。ですから、そこで神に祈り、神に賛美を捧げ、犠牲を供えて礼拝をしていたのです。その大切な神の家を、ここでイエスさまは「お前たちの家」と言っておられるのです。神の家を自分の家にしてしまった。だから、その家は、見捨てられるのだ。そこに神はおられないからです。神がそのところにご自身を現わされないからです。これの言葉は明らかに主の裁きの言葉です。神の場所が人間の罪で満ちている限り、そこは滅ぼす他ないと言われるのです。エルサレム神殿は、このあと、ローマ軍が攻めて来たとき、跡形もなく、完全に破壊し尽くされてしまうのです。その意味で、主イエスが語られた言葉は、その通りに実現したと言ってよいかもしれません。けれども、それですべてが終わってしまうのでしょうか。イエスさまは、ただ私たちに向かって不信仰を裁いておられるだけなのでしょうか。

このあとでイエスさまはこう言われました。「言っておくが、お前たちは、『主の御名によって来られるお方に、祝福があるように』と言うときまで、今から後、決してわたしを見ることがない」。この主のお言葉にも、厳しい裁きの響きを聴き取ることができるかもしれません。あなたがたは、もう私と会うことがない。つまり、神さまから見放されてしまうと読むことができます。しかしその厳しさの中に、一筋の光を見いだすことができるのです。「主の御名によって来られるお方に、祝福があるよう」にというときまでと、言われています。この言葉は、すでにイエスさまがエルサレムの都に入られたとき、群衆がホサナという賛美を歌って迎えていたことを思い起こすことできます。しかし、このときに上げられた賛美は、このあと数日後、エルサレムの都で十字架に架けられるときに「十字架につけろ」という叫びに変わってしまうのです。まさにこれは呪いの言葉です。イエスさまを呪って、十字架の上で捨ててしまう。そこまで人間の罪が高まっていく。人間のおぞましい罪が、神の御子を殺してしまう。しかし、不思議なことにその罪のただ中に主の十字架が鮮やかに立つのです。その罪の呪いを、主イエスをすべて主が引き受けてくださった。それは、私たちを呪わなかったからです。私たちを滅ぼし、裁くことを良しとされなかったからです。だから、主はあの十字架の上で、神の裁きを受けられたのです。そういう仕方で、私たちの罪を赦されたのです。めん鳥が雛を自分の羽の下に集めるように、私たちを恵みの中に引き入れてくださったのです。それは、主の招き以外の何ものでもありません。私のもとに来なさい。わたしの恵みの羽の中に入ってごらん、そう私たちに呼びかけ、招いておられる。そうして、私たちは再び主の前に立つことが許されるのです。私たちが今立っているところは、私たちの家ではありません。神さまがここにご自身を現わし、そして私たちに出会ってくださる神の家です。ここで私たちは裁かれるのではなく、神の赦しを受け取らせていただく。それによって、自分を大きく見せる不信仰から自由にされるのです。自分を言い張る罪からも自由にされる。その恵みを新しく受け取り、そして新たな歩みへと出て行きたい、そう願うものであります。

                 (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)