説教のページ(音声版)  その3
                
            

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        
                                                            


      真実な言葉」                                
                             
           コヘレトの言葉 5章1〜6節
                                       マタイによる福音書 5章33〜37節


                                     (2017年4月30日 主日礼拝説教) 

主の受難と復活を憶える礼拝で守ってきまして、久しぶりにマタイによる福音書に戻りまして、御言葉の学びを続けていきたいと願っております。今、読み進んでいますのは、5章から始まっています山上の説教、イエスさまが小高い丘に登られて、そこに集まってきた弟子たちや群衆に説教を語っておられるところです。今日の箇所も含めて、この前と後ろにも語られているのは、ユダヤ人が旧約聖書の時代から熱心に守ってきた律法の戒めが取り上げられています。

今日の箇所は、「誓ってはならない」という主イエス・キリストの教えが語られています。「また、あなたがたも聞いているとおり、昔の人は、『偽りの誓いを立てるな。主に対して誓ったことは、必ず果たせ』と命じられている」これは、旧約聖書の中に、そっくりそのままの言葉が記されているのではありません。ユダヤ人たちが、神さまからの戒めの一つとして大切に守りなさいと命じられていた教えでした。そこで問題になっていることは明らかです。それは誓うということです。皆さんがご自分の生活の中で、誓うということがどれくらいあるのでしょうか。例えば、高校野球の開会式で、選手宣誓が行われることがあります。あるいは、国会の証人喚問というときに、まず、「良心に従って、真実を述べる」と宣誓することがあります。ずいぶん昔のことですが、ローッキード事件のとき、国会に証人喚問で呼ばれた人が、宣誓書にサインをするとき、手がガタガタ震えて、名前を書くことができなかったことを、私は今もよく覚えています。その人は、真実を語ることの重圧に身が押しつぶされそうになったのかもしれません。私たちが、そのように人の前で誓ったり、宣誓しなければならない場面はあまりないように思われます。しかし、旧約聖書の時代、ユダヤ人の生活の中では、しばしば誓うことがありました。しかも、それは人の前に誓うだけでなく、神さまの前に立って誓わなければならないことがあったのです。それは、実に重いことではなかったかと思うのです。神の前に誓った言葉は、必ず守らなければならない。神さまに対して言葉でごまかしたり、偽ってはならないのです。神さまに誓うことは、必ず守ることが求められているのです。ですから、偽りの誓いを立てるなと教えられていたのです。

しかし、イエスさまはこう言われるのです。「しかし、わたしは言っておく。一切誓いを立ててはならない。天にかけて誓ってはならない。そこは神の玉座である。地にかけて誓ってはならない。そこは神の足台である。エルサレムに誓ってはならない。そこは大王の都である。また、あなたの頭にかけて誓ってはならない。髪の毛一本すら、あなたは白くも黒くもできないからである。」一切誓うことを、はっきり禁じられておられます。そのことは、何を意味しているのでしょうか。先程、私たちは、誓うこと、あまりないと申しました。けれども、教会では、しばしば誓うことがあります。神さまと人の前に自らの言葉をもってはっきり誓うことが求められています。今日の礼拝の中で、日曜学校の先生方の任職式を行います。幼子たちを聖書の御言葉で養い導くという大切な働きをしていただくお一人、お一人に、忠実のその務めを果たすことを求める誓いをしていただきます。来週の礼拝では、長老の任職式を行い、そこでも誓約をしていただくのです。教会で結婚式を挙げるときには、神さまの前に真実の愛をもって夫婦となる誓いを立てるのです。ここで皆さんが洗礼を受けて、教会の枝に加えられたときにも、教会員となる務めの誓約をしました。その誓約を神の前にすることは、単なる形だけのセレモニーではありません。日本人は、ともするとこのような言葉をもって誓うことを軽んじてしまう傾向があります。それは建前に過ぎないと考える。けれども、神の前に、自分の言葉を持って誓うことは、実に重いことではないでしょうか。自分のあり方そのものが問われている。その言葉をどのように責任をもって応えていくのかが問われるのです。そこに私たちの信仰が問われている。そう言ってよいのです。

今日の箇所を読む時に、すぐに思い浮かべることのできる旧約聖書は、出エジプト記に定められているモーセがシナイ山の上で神さまから授かった十の戒めの第4番目、「あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない」という戒めです。幼稚園で、子どもたちが「オー マイゴット」とふざけて言っていたことがありました。テレビでよく耳にしている言葉で、意味を分からないままで言っているのでしょう。子どもたちに言いました。みんなも自分たちの名前が大切であるように、神さまの名前はとっても大切なものだということを。主なる神の名をみだりに唱えてはならない。これは、ユダヤ人たちがいつも大切にしてきた信仰でありました。神さまの名を自分のために使ってはならない。神さまの名前を利用したり、自分の勝手な都合のために使ってはならないという戒めです。ここで、天に誓ってはならない。地に誓ってはならない。エルサレムに誓ってならないと、なぜ言われたのか。それは、当時ユダヤ人たちは、そうして言って誓っていたからです。誓うときの決まり文句であったからです。神さまの名を用いて誓ってはならない。そうであれば、それよりも少し低いと思われる天や地や、エルサレムを代わりに用いたのです。それで神の名を用いることを避けることができるというのです。しかし、そのことをもしてはならないと言われたのです。その天も地も、エルサレムも、それは神さまが支配しているところだからです。神さまの名がそこに及んでいるからです。さらに36節では「あなたの頭にかけて誓ってはならない」と言われています。ここでは、神ではなく自分を指して、この私が言っているのだから、この言葉は間違いないと、自分の真実をもって誓っているのです。あるいは、大げさに自分の命をかけて誓うということもあるでしょう。しかし、その私という人間はどのような存在であるかを考えてみなければなりません。だからイエスさまは言われます。「髪の毛一本すら、あなたは白くも黒くもできないからである。」私たちは、自分のからだもいのちも自分のものである。自分の力で生きているし、自分のことは自分がいちばんよく分かっている。自分だけが信じられる。そう思っているかもしれません。しかし、髪の毛一本すら何もできない。それは私たちのからだも存在もすべて神さまの御心によって生かされているのです。そのような自分を指して誓うことができるのかと、イエスさまは言われるのです。

誓うというときに、神さまの名前をもって誓うというのは、一見、神さまを信じているように思われるのです。しかし、神さまを本当に信じ信頼しているのかというとそうではないのです。いや、それは自分の言葉を確かなものにするために、神さまの名前を利用しているだけです。神さまを信じていると言いながら、神を自分の都合のために持ち出している。神の名を呼んで誓っている。それが神の名をみだりに唱えている、という不信仰になるだということです。

この誓うなという主の教えは、しばしば誤解を招いた言葉でありました。実際に、この言葉どおりに、裁判でも、人の前にあっても誓うことを一切拒否した、あるキリスト教の教派があります。しかし、誓わなければ、それでいいのでしょうか。先ほど申しましたように、私たちには、誓うことが求められるのです。そこで、いったいどのような信仰の姿勢で神さまの前に誓うのでしょうか。そのことがここで問われているのではないでしょうか。ある人が、なぜ誓うことが必要になったのか、ということで、このようなことを言っております。それは、2種類の言葉が存在するからだと。日常に使っている言葉が真実ではないからです。真実のない言葉が使われている。嘘、偽りの満ちた言葉がたくさん使われている。それでは困るので、神さまの名を持ち出し、神さまからのお墨付きの言葉を用いなければならなくなったのです。つまり、この2種類の言葉を私たちはうまく使い分けているというのです。それは、もっと具体的に言えば、私たちが教会で語っていることと、教会から帰って家庭や職場で語る言葉を使い分けてしまうのです。先程のことで言えば、建前と本音です。信仰が建前で、実際の生活が本音になっている。神の前での言葉と、そうではない言葉をしっかりと区別する。そういう2種類の言葉を使う。信仰と自分の生活をうまく使い分ける。それは本当に真実な生き方をしているのか、そのことがここで問われているのではないでしょうか。

誓ってはならない、それは、私たちの発する言葉の問題です。誓うときでも、誓わないときでも、いずれのときであっても、どのような言葉を語っているのか。そのことをよく考えてみなければならないのです。37節でこう言われています。「あなたがたは、『然り、然り』『否、否』と言いなさい。それ以上のことは、悪い者から出てくる。」然り、否という言い方を普段では使わないかもしれません。もっと簡単に言えば、はい、いいえです。はい、はい、いいえ、いいえと言いなさい。はいをいいえ、いいえをはいと変えてはならないのです。しかし、この変えてならないことを、私たちは変えてしまうのです。白を黒と言い換えてしまうのです。この主イエスの言葉、山上の説教を聞いていたのは、主の弟子たちです。この弟子たちは、この後どうなったのでしょうか。

私たちは、3月から4月にかけて主の十字架の苦しみと、三日目の甦りを憶える季節を過ごしてきました。イエスさまが十字架へと歩まれるとき、この主の弟子たちは、どういう姿を現したのでしょうか。イエスさまから愛され、共に歩んできたのです。真実の愛の中に彼らは置かれていたのです。けれどもその彼らが、いとも簡単に主イエスを捨ててしまった。見事というほどに裏切ってしまった。まさに白を黒と言い換える不真実はそこにはっきりと現されたのです。それは、他でもない、私たちの不真実です。どこにも主への愛がない。そのような私たちが主を見捨ててしまうのです。しかし、忘れてならないのです。私たちの不真実が主イエスを十字架の死へと追いやったにもかかわらず、主イエスは神の真実を貫かれたのです。テモテへの手紙二・2章11節以下で、伝道者パウロはこう言っています。

次の言葉は真実です。『わたしたち、キリスト共に死んだのなら、キリスト共に生きるようになる。耐え忍ぶなら、キリストと共に支配するようになる。キリストを否むなら、キリストもわたしたちを否まれる。わたしたちが誠実でなくても、キリストは常に真実であられる。キリストは御自身を否むことができないからである』

パウロはわたしたちが誠実でなくてもというのです。誠実に生きようとして生きられないのが私たちの本当の姿です。けれどもその不真実を、主の真実が打ち破って、真実に変えてくださったのです。十字架の愛によって、私たちの対する神の真実が鮮やかに現されたのです。この真実は、罪の中でうずくまっている私たちを立ち上がらせるのです。復活のいのちによって新しく生かされるのです。この神の真実を「アーメン」その通りです。然り、然りと信じて、受け入れるとき、私たちの中に真実が生まれるのです。その真実の言葉が私たちの中から出て行く。それはもはや、誓う必要がないのです。神の真実がそこにあるからです。真実に裏打ちされた言葉をもって、然り、然り、否、否と言えるのです。私たちは、この礼拝から、この真実の言葉を受けて、それぞれの生活へと出て行きます。そこでは建前と本音に使い分けられている現実があるかもしれません。どこに真実が見えない偽りの満ちている世界であるかもしれません。けれども、そこで私たちは、真実による言葉をもって人との生活を造っていくのです。喜んで人を生かし、仕えていく、その生活を、新しく始めていきたい、そのように願うものであります。

               (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)