説教のページ(音声版)  その3
                
            

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        
                                                            


      嵐の中の教会」                                
                             
           詩編 69篇1〜5節
                                       マタイによる福音書 8章23〜27節


                                     (2017年10月8日 主日礼拝説教) 

今日は、金沢南部教会と愛香南部幼稚園の開設57周年を記念する礼拝を捧げるために集まりました。57年前、この地にどのようにして教会と幼稚園が生まれたのかを知っている人はわずかになりました。当時、この辺りは「南端」と呼ばれていたようです。金沢市の中心からはずれた辺ぴな地であった、この地に小さな教会堂と幼稚園の園舎が建てられ、長町教会の牧師古川忠茂先生とわずか13名の信徒たちが礼拝を捧げ、そして子どもたちを集めて幼稚園をはじめたのが、教会の出発点であります。その伝道の始まりの頃、風前の灯火のような状態であったと言われていました。けれども、神さまは、この地に伝道者、宣教師、そして信仰者たちを送ってくださって、57年間教会の歩みが続けられてきました。これまで多くの人たちの熱心な伝道の働きによって教会が歩み続けることができました。けれども、忘れてならないのは、教会の始まりも、その歩みも、人間の業ではないということです。今まで様々な困難や厳しい試練を通りながらも、決して倒れなかったのは、ただ神さまの御業がここに現されてきたからです。多くの信仰の先達たちを神さまは用いられて、ご自分の業として、ここに救いの出来事が起こされてきた。神さまの御心なしには、教会も幼稚園も一歩も歩むことができなかったのです。その神さまの御心と御業を感謝するのが、今日の礼拝であります。そして、私たちもまた、その先達たちに倣って、神さまのために喜んで仕え、従っていきたいと願っております。

この記念の礼拝のために、他の聖書の箇所をお読みすることをしませんで、礼拝で読み続けていますマタイによる福音書の御言葉を読むこととしました。ここには、昔も今も変わらない教会の姿が描かれていると思うからです。今日の説教の題を「嵐の中の教会」と付けました。後で気が付いたのですが、この題は、ある本についている題名と全く同じものでした。その本は、ドイツの教会を物語のように描いています。ドイツの教会で忘れてならないのは、第二次世界大戦のとき、ナチス・ヒットラーを批判した教会が厳しい迫害の嵐にさらされ、実に困難な戦いを強いられたことです。村の小さな教会まで、ナチスの支配が及ぶようになって、ナチスに批判的であった牧師が捕えられてしまう。まさに嵐が教会を襲う中で、村の信仰者たちが、勇敢に戦ったというよりは、その嵐に耐えて信仰に踏み留まったという話がその本には描かれています。その本を思い起こしながら、教会はいつの時代であっても、順風満帆な歩みをしているのではない。私たちには目に見えるような迫害があるとか、信仰が反対されることはないかもしれない。けれども、多くの困難、伝道の厳しさの中に置かれている。その中で、うろたえ、不安になり、よろめきながら歩んでいる、それが実際の姿ではないかと思わずにはおれません。その意味で、今日の聖書に描かれているのは、私たちの教会の姿でもあると言ってよいのではないでしょうか。

イエスさまは、弟子たちに向かって向こう岸に行こうではないかと命じておられます。今日の箇所にこう書かれております。「イエスが舟に乗り込まれると、弟子たちも従った。そのとき、湖に激しい嵐が起こり、舟は波に飲みこまれそうになった。イエスは眠っておられた」この舟は、しばしば教会のシンボルとして用いられています。教会の建物をまるで船のように形づくっているのを写真で見たことがあります。昨年、新しい教会堂を建てた小松教会の礼拝堂の内部は、大きな梁に支えられている木造の舟のような形をしています。私たち南部教会の教会堂の建物は、まるで積み木のような長細い長方形の形をしているので、ある人がノアの方舟に似ていると言っていました。今、ここに集まっている私たちは、その舟の中にいるのだと言ってよいかもしれません。その舟に嵐が襲いかかるのです。24節に「そのとき、湖に激しい嵐が起こり」とあります。この激しい嵐という言葉は、本来は「地震」という意味があります。言葉通り訳しますと「湖は激しく動いた」となります。私たち日本人は、地震がどれほど恐ろしいのかをよく知っています。自分の立っている、その場所がぐらぐらと揺れるのです。次から次へと大地震が起こって私たちの存在を脅かしています。あの神戸の大地震にしても、東日本大地震にしても、熊本の地震にしても、いったいだれが予想できたのでしょうか。また、これから起こると言われている大地震も、いつ起こるかは分からないのです。まさに不意打ちを食らうようにして、自分の生きているその大地が揺れ動き、存在の根底から揺すぶられるのです。その大きな力の前に、私たちは、全くお手上げ状態になってしまうのです。その嵐の前に為す術がないのです。人間の計画や見通しは全く役に立たなくなるのです。この嵐を前にした弟子たちもそうです。弟子たちの中には、かつて湖で漁師をしていたペトロやヤコブ、アンデレという、これまで舟に乗ったことがある人たちがいたのです。これまで、何度もこの湖を船で渡ってきた。けれどもその経験や知識では嵐を乗り越えることができないのです。それをはるかに超える困難、厳しい現実が襲ってくるのです。それが教会の現実であると言ってよいのです。

先週の金曜日、金沢教会で、石川地区の婦人会の集会が行われました。「主の恵みに生きる」という主題の説教を聞いた後、それぞれ分団に分かれて、話し合いのときが持たれました。私の出た分団で、話題になったことは、次第に老いてゆき、体のいたるところに弱いところが出てくるという老いと向き合って信仰生活をしているということでした。その老いの問題は、今教会に大きな波のように押し寄せてきています。これまで教会を支えてきた人たちが、礼拝に来られなくなった。教会の奉仕が思うようにできなくなった。若い人が教会に少ない。伝道の困難がある。そういう話が次から次へと出てきました。私たちの教会の今は、まさに嵐のただ中に置かれているのです。これから先、教会がどうなってしまうのか、見通しがある訳ではありません。伝道の困難を数えたら切がないという厳しい試練の中を教会は歩まされています。

そのとき、私たちの心の中にいったい何が支配しているのでしょうか。それは恐れです。目に見える力を恐れるのです。このときの弟子たちはまさにそうでした。舟の中で眠っておられたイエスさまにこう言ったのです。「主よ、助けてください。おぼれそうです」それに対してイエスさまは言われます。「なぜ怖がるのか。信仰の薄い者たちよ。」弟子たちの「主よ、助けてください。おぼれそうです。」この「おぼれそうです」はもっとはっきり訳しますと、滅んでしまうという言い方です。このとき、弟子たちの心を支配していたのは、滅びへの恐れです。舟もろとも、湖の底に沈んでしまって、すべてが終わってしまう。それは、ただ死んでしまうというよりは、滅びの力を恐れているのです。それは死の背後にある力ということができます。ただ死んでどこかに消えてなくなるのではない。そうではなく、滅びの力に飲み込まれてしまうのです。自分の存在が根底から揺すぶられ、滅んでしまう。その滅びを恐れ、その前でお手上げになってしまうのです。先程、老いの問題について申しました。老いに向き合うときに、避けて通ることができないのは、死の現実です。死を恐れるというよりも、死んでしまいたいと思う心があるのです。自分の手に負えない大きな困難を抱えて、どこにも解決が見いだせない。希望がどこにあるか、見えなくなって、死んだらどんなに楽になれるだろうかと思うのです。若い人であっても、自分のようなつまらない人間は、いなくなった方がよい。生きている自体が空しい。だからもう自分のいのちを投げ出したくなる。そのような誘惑に駆られることがあるのではないでしょうか。その滅びの力に対して、どのように向き合うのでしょうか。

イエスさまは弟子たちに言われました。「なぜ怖がるのか。信仰の薄い者たちよ。」この主イエスのお言葉は、弟子たち、そして私たちの信仰を問うておられるのです。あなたの信仰はちっぽけではないか。なぜ滅びを恐れるのか。そのように問うておられるのです。信仰がまるで風船がしぼむように小さくなってしまうのです。今日の箇所の最後27節には、イエスさまが奇跡を行われたことの結論の言葉が記されています。「人々は驚いて、『いったい、この方はどういう方なのだろうか。風や湖さえも従うではないか』と言った。」この結論は、問いかけのままで終わっています。嵐を静められたことに驚いたのです。驚いて、この方はどういう方であるのか、そういう問いを持ったということです。この奇跡の話は、嵐が静まって、自分たちが助かってよかった、イエスさまありがとう、そういう話ではないのです。この出来事を目の当たりに見た人々が不思議に思ったのです。このお方はだれであるかという問いが生まれたのです。これはイエスさまに従う者に求められている信仰です。イエスさまの後に従って歩み続ける者がいつも問われている。あなたが信じている、あの主イエスはいったい誰であるか。だれであると信じているのか。この問いを私たちは避けることができないのです。

この方はどういう方なのだろう」という問いは、問いのままで終わってしまうのではありません。この問いに答えが与えられるのです。それは、この福音書の最後にはっきりと示されている、主イエスの地上の生涯の終わりにおいてです。ここで奇跡を行われたお方が、あの十字架に架けられ殺されたのです。しかしその死で終わったのではありません。その死を滅ぼして甦ってくださったのです。そのようにして、私たちの滅びの力、死の支配を打ち破ってくださった。その甦りにおいてこそ、主のお姿が鮮やかに示されているのです。そのお姿を、はっきりと見ているのか。そのお方がおられると信じているのか、そのことが問われているのです。それが見えていないと、私たちには現実が見えてくる。今自分の目で見ている滅びの力の方が確かなことだと思ってしまう。それがここで言われている不信仰であるということです。

このマタイによる福音書の最後、28章18節以下には、イエスさまが十字架の死から甦られた後、天の父なる神さまのもとに帰られる前、弟子たちに告げられた伝道命令の言葉が記されています。このときにも、まだ復活を疑っていた弟子たちがいたのです。しかし、そういう人たちもご自分の御もとに招いてこう言われたのです。「わたしは天と地の一切の権能を授かっている。だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」滅びと死の力に打ち勝ってくださった十字架と復活の主が、共にいると宣言しておられるのです。すでに私たちを滅ぼすあらゆる力、死の力に打ち勝ってくださったイエス・キリストが、私たちのただ中にいてくださっているのです。それは、この舟の中、嵐にさらされている、揺すぶられているこの教会のただ中にご自身をはっきり現しておられる。そのイエス・キリストを仰ぎ見るときに、目に見える現実を恐れることはないのです。もうだめだと諦めることもない。この主がおられるから、教会はこの世の嵐に立ち向かって、立ち続けていく。イエス・キリストの福音を宣べ伝えていく、その歩みをこれからも続けていきたい、そのように願うものであります。

               (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)