説教のページ(音声版)  その3
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  
                                                            


      十字架の祈り」                                
                             
           イザヤ書 51章17〜23節
                                       マタイによる福音書 26章36〜46節


                                     (2019年9月29日 主日礼拝説教) 

礼拝においてイエスさまが十字架の死へと進まれる場面をお読みしております。数時間後に十字架に架けられてしまう、その直前にゲツセマネに行かれた。エルサレムの郊外の小高い丘に、オーリブの木が植わっている、そこで収穫されたオリーブの実を絞って油にする。そのような場所に、イエスさまは弟子たちを連れて行かれました。それは父なる神さまに祈るためです。十字架を前にして、ずいぶん激しい祈りをなさったと、今日の箇所は私たちに伝えています。37節に「悲しみもだえ始められた」、38節には「うつ伏せになり、祈って」、悲しみ、苦しみのために、身をよじらせ、地面に体をこすりつけて祈られたのです。これまでもイエスさまは祈っておられました。救い主の歩みは祈りなしにはあり得なかったのです。けれども、ご自分の死を前にして激しい祈りをなさった。その祈りは、いったい何の祈りであったのでしょうか。それは戦いのための祈りです。

この祈りの戦いの場面にイエスさまは、弟子たちの中で、ペトロとゼベダイの子二人の3人を立ち会わせられました。この3人は、最もイエスさまに愛されていた、中心的な役割を持っていた弟子たちです。これまでいくつかの出来事にこの3人だけを伴われたことがありました。すでにお読みしました、17章でイエスさまが高い山に登られて、神の栄光のお姿に変わられたという不思議な出来事が起こった。イエスさまの栄光を見ることが許されました。それは、地上を歩まれる主イエスがいったい誰であるのか。どのような救い主であるかを現わされた、つまり、それはご自分の本当の姿を現わしたときに、それを見ることが許された人たちであった。ですから、このゲツセマネの祈りは、これまで隠されたイエスさまの本当の姿が現された出来事であった。その秘密の姿を垣間見ることが許された人たちでありました。このゲツセマネでの祈りは、イエスさまのご生涯にとても重要な場面になります。それは、私たちの信仰にとっても重要な出来事であると言ってよいのです。

この祈りに立ち会った3人の弟子たちに、イエスはこう言われました。「わたしは死ぬばかりに悲しい。ここを離れず、わたしと共に目を覚ましていなさい。」目を覚ましてと言うのは、この祈る姿をずっと見つめていることを求めておられます。ご自分の祈りを弟子たちの目に焼きつけようとされたのです。そこで何を祈られたのか。どのような祈りの戦いをなさったのかを、弟子たちは知らなければならなかったのです。しかしこの3人の弟子たちは眠り込んでしまうのです。ですから、イエスさまは言われました。「誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈っていなさい。」激しい苦しみ、悲しみの中で、祈っておられたその主の姿を見ることができなかったという、不信仰が明らかになっています。その弟子たちに目を覚まして祈っていなさいと言われます。その警告にもかかわらず、彼らは再び眠ってしまうのです。不信仰の中に眠り込んでしまうのです。私たちも一所懸命に起きていようとしても、うとうとと眠りこんでしまう。睡魔に襲われることがあります。このときの弟子たちもそうだったかもしれません。このすぐ前、イエスさまと過越の祭りの食卓を囲んで、小羊の肉を食べ、ぶどう酒を飲んで、お腹も一杯になって、アルコールの酔いも回っている、つい眠たくなったと同情できるかもしれません。私たちも説教を聞いていると、思いがけなく睡魔に襲われてコクリ、コクリと居眠りをしてしまう。どんなに努力しても、眠気に負けてしまうことがあるかもしれません。けれども目覚めていなければならないときがあります。不信仰の中に留まりつづけて、信仰の目が見えなくなってしまう。イエスさまの本当の姿を見失ってしまう、その眠りから起きなければならないのです。それは私たちにも誘惑が起こるからです。罪に誘う恐ろしい力が襲って来るからです。その誘惑にどうして勝つのでしょうか。それはイエスさまが祈られたように、祈ること以外にないのです。祈りによる他に罪に打ち勝つことができないのです。しかしこの時、弟子たちは祈ることさえできず、誘惑に負けてしまっているのです。罪の中に落ち込んでいることに気が付かなかったのです。それほどに不信仰であったということです。

その弟子たちを前にして、イエスさまは祈られました。祈ることで戦われるのです。ご自分に襲ってくる誘惑と戦うためです。39節にこう祈られています。「父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。わたしの願いどおりではなく、御心のままに」42節と44節と、ほとんど同じ言葉で3度も祈られています。3度も祈らなければならないほど激しい祈りであり、切実な祈りであった。そのときご自分がこれから受けられる十字架の死を見据えておられるのです。その死を前にして、イエスさまはどれほどに悲しまれ、苦しまれたのか。私たちはいずれ死を迎えなければなりません。例外なく誰もが死ぬのですが、死にたいとは思いません。健康で病気をしなくて、少しでも長生きしたいのが正直な思いです。ですから、自分の死に向き合うことをしないのです。しかし、イエスさまは、この祈りの中でご自分が受けるべき死を見つめておられる。死に真剣に向き合っている。その死を前にして、誘惑と戦っておられるのです。私たちは死を恐れていますが、それは何となく漠然と死を恐れているのではないでしょうか。死ぬ時、自分はどうなってしまうのか、体が痛いのか、病気で苦しむのか。そういうことを恐れます。この時、イエスさまは、十字架に架けられる肉体の苦しみ、痛みを恐れていたのではありません。

先程お読みしたイザヤの預言にこうありました。「目覚めよ、目覚めよ。立ち上がれ、エルサレム。主の手から憤りの杯を飲み、よろめかす大杯を飲み干した都よ。」これは、神がエルサレムを裁くという預言です。神の怒りがなみなみと注がれている杯を飲み干さなけれならないのです。エルサレムが神さまに背いたからです。神との正しい関係を破ってしまったから、神の怒りを受けて滅ぼされなければならなかった。人の死は、ただ肉体が無くなってしまうだけではない。神に背いて生きている私たちが、神によって裁かれ、滅ぼされなければならない。神から呪われるのです。神の呪いを受けて死ぬ、それが神の前に死ぬということです。その私たちの死を、イエスさまはまともに受けられるのです。その死を見据えておられる。神によって滅ぼされる、その恐れの中で、身をよじらせるように祈られるのです。それほどに死を見据えて恐れているのです。このイエスさまの死と、しばしば比較される死があります。それはギリシャの有名な哲学者ソクラテスの死です。ソクラテスも、イエスさまと同じように、罪を犯したのでなく、捕えられて死刑に処せられたのです。この世の不条理によって殺されてしまう。そのとき、ソクラテスは弟子たちの前で、平然と毒を飲んで死を受け入れたというのです。それは諦めでも、絶望でもなく、静かに堂々と死んでいった。その死に比べますと、イエスさまは、慌てふためき、恐れをさらけ出しています。何というぶざまな姿であろうかと思うほどです。しかし聖書は、死を恐れる主の姿をはっきりと示しています。先程のイエスさまの秘密ということで言えば、ここでイエスさまはご自分の本当の姿をさらけ出したのです。それは救い主としてのお姿、私たちと寸分変わらない人としての姿です。人にまで降りられた姿です。ここでなぜ神の子であり、一つも罪を犯すことのなかったお方が、死を恐れなければならなかったのか。それは人として死なれることを恐れたのです。人としてということは、神の前に死ぬべき人のことです。神から裁かれ、滅ぼされなければならない、その罪をもっている、罪人としての死です。その死を本当に恐れられたのです。私たちが知ろうとしない死を、他の誰でもない、神の子であり、人となってくださったイエスさまが真剣に恐れられたのです。その恐れの中に飛び込むようにして、死ななければならなかったのです。

この恐れの中で、イエスさまは祈られたのです。祈りによって誘惑と戦われたのです。この誘惑との戦いも、イエスさまの救い主としての歩みの中で繰り返し起こっていました。この福音書のはじめ、これから救い主としての働きをはじめられたとき、荒れ野で悪魔から3度誘惑を受けられたことが記されています。その誘惑が、十字架を前にして激しく襲いかかってきたのです。それは、十字架の死を受け入れるのか、それとも、その死を受け入れないのか、という誘惑でありました。その誘惑は、わたしの願うことか、それとも神の御心に従うか、そのいずれかを選び取るのかが問題であったのです。私たちは、主イエスが弟子たちに教えられた主の祈りを思い起こすことができます。「御心の天になるごとく、地にもならせたまえ」という祈りです。御心は、神さまのお考え、計画、それと私の願いは、自分の考え、自分のしたいことです。私たちは、自分の考え、自分のしたいこと、自分の思い通りになることを、願うのです。そのことと、神さまの考え、神さまの意志を求めること、その間で揺れ動くのです。信仰の葛藤が起こるのです。いったいどちらを選び取るのか、そのことで信仰がぐらぐらと揺れ動くのです。イエスさまもその二つの間で揺すぶられているのです。十字架の上で死なれることを、神さまの意志、お考えとして受け入れるのか、それとも、できるならば自分の思いによってその死を避けて通るのか、その間で揺れ動いておられるのです。けれども、イエスさまは、この誘惑にあって主の祈りを祈られたのです。その祈りによって、神さまに意志に従う道をはっきりと選び取られたのです。誘惑に打ち勝ったのです。

ですからイエスさまは弟子たちにこう言われました。「あなたがたはまだ眠っている。休んでいる。時が近づいた。人の子は罪人たちの手に渡される。立て、行こう。見よ、わたしを裏切る者が来た」これは、神の意志に完全に従って、十字架の道を歩み出したという勝利宣言といってよい言葉です。すでに、ここに人間の死に対する勝利が告げられています。神の御子であるお方が罪人の死を引き受け、十字架の死を受けられるという決意をはっきり示されたのです。それによって、私たちの死の恐れを乗り越えてださった。どんな大きな罪を犯したとしても、決して滅びることも裁かれることもない。私たちは、神の前に恐れることなく、死ぬことができる。それは、主が私たちの死をまともに死んでくださり、その死の滅びを受けられたからです。ですから私たちは、安心して人生を終え、死を迎えることができるのです。

先日、召天者の記念礼拝を遺族の方々を招いて行いました。私がこの教会に遣わされて12年目になりますが、14名の人たちの死に立ち会いました。その方々の死を前にして、悲しむだけでなく、決して滅びでも絶望でもなく、永遠の命の確信をもって天に送ることができる。これは、牧師として召されている者の大切な務めであると思います。この礼拝の場所で、私たちは、死を恐れることなく、愛する者、教会の仲間を天に送るのです。私たちもいつ、どのように死を迎えるのか分かりません。地上のいのちが朽ち果ててしまうそのとき、十字架にお架かりになられた主を仰ぎ見るのです。そこにこそ、死を越える永遠の命が約束されているのです。


                 (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)