説教のページ(音声版)  その3
                
            

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        
                                                            


      真実な祈り」                                
                             
           詩編 139篇1〜12節
                                       マタイによる福音書 6章5〜8節


                                     (2017年5月28日 主日礼拝説教) 


  先週、キリスト教幼稚園に新たに働き始めた新任の先生たちの研修会がありました。その礼拝の担当になりまして、神さまにお祈りすることについての話をしました。その人たちは、これまでキリスト教とは関わりがなかった、祈ったことのない人たちです。後で、感想を聞きましたが、一番苦労しているのは、お祈りすることだと言っていました。毎日の保育の中で、子どもたちと祈る場面がある。どう祈ったらいいのか、どんな言葉で祈るのか、戸惑ってしまう。先輩の先生の祈りを真似たり、決まり文句のような祈りになってしまう。自分の中に祈りの言葉が生まれてこない。祈りが自分自身のものにならない。そのような悩みが言われていました。そのような感想を聞きながら、その人たちと比べると、私たちは祈りを知っているし、毎日祈っている。教会でも皆の前ですらすらと祈りの言葉が出てくる。そう思うでしょうか。そうであれば、もう祈りについて、教えられる必要がないのでしょうか。

祈りについて、思い巡らすときに、いつも思い起こす言葉があります。英国の神学者が祈りについて書いた本に言われている言葉です。「祈りは呼吸である。」と。一度聴いたら忘れられない祈りの大切さを教えています。呼吸しなくなれば、窒息して死んでしまいます。意識しないで息を吸って、吐いている。それによって心臓が動き、血液が循環して、命が支えられている。死んでしまうのは、体を活かすいのちではなく、神さまに繋がっている魂を生かすいのちです。そのいのちが祈らなくなったならば、死んでしまうのだ。そういう警告です。パウロはテサロニケの信徒の手紙で「絶えず祈りなさい」と勧めています。絶えず、どんな時でも、どんな状況であっても祈り続ける。一度祈ったら、おしまいではありません。祈りながら、祈りによって信仰の生活を造りなさいと、教えています。なぜ、呼吸のように祈り続けるのでしょうか。それは、祈りは自分の願いや思いを神さまに並べることではないからです。こうしてください。あれをしてください。これを解決してくださいと、求めることではありません。祈りは、神さまの交わりです。神さまに向き合うのです。神さまと一つになるほどに深く結び付けられる交わりがそこにある。それが祈りです。神さまとの交わりを失ったら、神さまから離れてしまうと、私たちの信仰はどうなるのでしょうか。先ほど申したように、神さまとのいのちの関係が断ち切られてしまう。神のいのちを失う。そうすると、肉体は生きていても、魂は死んでしまうのです。

その祈りについて、今日の箇所にはこう言われています。「祈るときにも、あなたがたは偽善者のようであってはならない。偽善者たちは、人に見てもらうおうと、会堂や大通りの角に立って祈りたがる。はっきり言っておく。彼らは既に報いを受けている。

6章のこの箇所に、施し、祈り、断食、当時ユダヤ教で大切な信仰生活が取り上げられています。その中で、最も大切なことは、神に祈ることです。ユダヤ人たちは、旧約聖書の時代から、熱心に祈ることが求められていました。先ほどのように、呼吸し続けるように、毎日、時を定めて祈っていました。イスラム教の人たちは、1日3度、どこにいても祈りの時間になると、地面にひれ伏すようにして祈る習慣がある。ユダヤ人もそうで、時間になると、熱心な人は、町でも人の前でも、祈っていたのです。けれども、その祈りのとき、いったいどこを向いて祈っているのか。先週申したように、その祈りが人々の前で、見せるためのパフォーマンスになる。自分が祈る者である。熱心な信仰を持っている。その自分を人に見せびらかすために、人の前で祈ることがある。それは偽善者の祈りだ、そこに真実を見いだせない。人だけではない。神を欺いている祈りでしかない。そうイエスさまは言われるのです。「すでに報いを受けている。」というのです。ここで言われている報いは、この世で与えられる報い、ご褒美と言ってもよい。それは人から与えられる、賞賛、名声です。あの人は、熱心に祈っている。真面目な信仰者だ。そのような人を神さまは特別扱いされる。人からほめられて、満足するのです。他の人に比べ、少しはましな人間だと心ひそかに自分を誇る思いが出てくる。それが人から報いであるというのです。そこで見失っているのは、その祈りは、いったい誰に向かって祈られているのかということです。

私たちの祈りの場所やときは、さまざまに違っています。人通りのあるところで、声を上げて祈るようなことはないでしょう。教会で、人々の前で祈ることがあります。献金のお祈りをしたり、祈祷会でも人の前で祈ることがあります。言葉に出して祈る場合もあれば、心の中で祈ることもあります。私が学んだ東京神学大学で、かつて教えられていたある先生ですが、その先生はすでに亡くなっておられたので、直接会ったことがありませんが、こういう話を聞いたことがあります。その先生は、人と一緒に食事をするとき、どこでも人目をはばからず、声を出してお祈りをされる。私たちであれば、人がいる所で、声を出して祈ることにためらって、心の中で祈るだろうと思います。人の前で祈るのは勇気がいります。その先生は信仰を見せるために祈ったのではないでしょう。人が見ているところであろうが、人がいないところであろうが、そこでの祈りはいったい誰に向けられているのか。イエスさまはそのことを言われるのです。

7節から、こう言われています。「また、あなたがたが祈るときは、異邦人のようにくどくどと述べてはならない。異邦人は、言葉数が多ければ、聞き入れられると思い込んでいる。彼らのまねをしてはならない。あなたがたの父は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存じなのだ。」私たちは、自分の祈りを振り返ると、そこに貧しさが見えてくるのではないでしょうか。最初に申したように、絶えず祈っているのかと問われると、ある時は熱心に祈るときがある。けれども、たちまち祈らなくなることがあります。絶えず祈り続けることの不信仰があります。祈りが空しくなる経験があるのです。私たちが熱心に祈るというときは、おそらく、自分の手に負えない大きな試練に遭う時ではないでしょうか。思いがけない問題に直面させられたときに、私たちは神さまに祈るのです。助けてください。どうか、この問題を解決してください。この病気が治りますように、必死に祈るのです。祈って、祈って、神さまに助けを求めるのです。けれども、その祈りが、その通りに聞かれるのか。祈ったら、すぐ神さまが解決してくれるのか。問題がすぐに解決し、パッピー・エンドを迎えることができるのか。私たちは、実際の経験として知っています。祈っても、その通りにならないことがあるということを。その時に、私たちに襲ってくるのは、祈りは空しいという不信仰です。祈っても無駄だと、あきらめる。祈っても聞かれない。もっと言えば神はおられないのだと。

異邦人のようにくどくどと述べてはならない。」この「異邦人」というのは、まことの神を信じない人たちです。自分が願っていることを神々に祈る時に、これでもか、これでもかと、言葉を並べたてる。その言葉は、神々の名前をたくさんあげるのです。それは、恐れからの祈りです。こっちの神さまが聞いてくれないなら、あっちの神さまに祈る。それでだめなら、他に神を探して祈る。「くどくど」というのは、呪文のような意味のない言葉です。それは自分の熱心によって、神に聞いてもらおうとするのです。言葉を多く並べることで神を動かそうとするのです。それは、本当の祈りであるか。そこに真実があるのかというのです。

祈りは、私たちの中にある願う心の強さや熱心さから生まれるのではありません。やみくもに祈らなければ、神さまは聞かれないのでもない。「あなたがたの父は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存じなのだ」と。これは、祈ることがどれほど確かなことであるか、その祈りの根拠を、明らかにしている主イエスのお言葉です。ここでも、神さまを「あなたがたの父」と呼んでいます。この後、9節から、主イエスが教えられた「主の祈り」が続きます。そこでも天におられる私たちの父よと、呼びかけから始まっています。私たちが祈る前、助けてくださいと叫びの声を上げる、その前に神さまは、すでに知ってくださっています。それは、私たちが父よと呼び、祈るお方が、愛と憐みに満ちたお方であるからです。先ほどお読みした詩編139篇にはこう歌われています。「主よ、あなたはわたしを究め、わたしを知っておられる。座るのも立つのも知り、遠くからわたしの計らいを悟っておられる。歩くのも伏すのも見分け、わたしの道にことごとく通じておられる。わたしの舌がまだ一言も語らぬさきに、主よ、あなたはすべてを知っておられる。前からも後ろからもわたしを囲み、御手をわたしの上に置いてくださる。その驚くべき知識はわたしを超え、あまりにも高くて到達できない」この詩人は神の慰めを歌っています。私たちが知る以上に、すべてを知ってくださっている。舌がまだ一言も語らない前、私たちの願いも思いをすべて知っておられる。それほどに、神さまは私たちを心にかけられるのです。配慮してくださっている。その大きな、そして確かな信頼によって祈りが支えられている。だから私たちは祈るのです。いや祈ることが許されているのです。父よと呼びかけ、祈ってごらんと、イエスさまは言われる。はじめに「祈りは呼吸である」という言葉を申しました。呼吸はまず息を吸い込み、それから息を吐き出します。祈りは、自然に心の中に生まれるのではありません。息を吸い込むように、まず私たちの中に、神さまの愛と信頼が注がれる時、そこから祈りが生まれるのです。神さまの心を向けて、言葉をもって語りかける。それに神さまが応えてくださる。そのようにして、祈りが呼吸となり、私たちの信仰を生かしていくのです。

イエスさまは節でこう言われました。「だから、あなたがたが祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる」奥まった自分の部屋というのは、当時農家にあった物置のような所であったと言われています。窓がなく真っ暗で、鍵を掛けることができる。誰もそこに入ることができない場所であった。旧約聖書のイザヤ書26章20節にこう言われています。「さあ、わが民よ、部屋に入れ。戸を堅く閉ざせ。しばらくの間、隠れよ、激しい憤りが過ぎ去るまで」これが結びついていると、ある人が言っています。これは、神さまの裁きが臨むときの隠れ家のことです。そこに鍵を掛けて、身を隠していれば、神の怒りから逃れられる場所になるのです。ただ誰もいないところで祈りなさいと言われているのではありません。どこで祈ろうと、だれが見ていても、祈りという隠れ家があるのです。祈ることが、私たちを裁きから逃れさせるのです。いや、裁かれないからこそ、安心して祈ることができる。父なる神さまは、私たちの祈りに耳を傾けてくださっている。裁きから逃れられる、それは私たちがすでに赦されているからです。祈らない罪を持っている私たちを裁くのではなく、その罪を赦してくださっている。それゆえに、私たちは神さまを父と呼び祈ることが許されています。この祈りによって、私たちは呼吸し始めるのです。身も魂も神のいのちに生かされていく。その祈りの生活を新しく始めていきたい、そう願うものであります。

               (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)