説教のページ(音声版)  その2

    

                                                               
                                                                             


      死からいのちへの道
                                         ホセア書 6章1〜3節
                             
           ルカによる福音書 24章13〜35節


                                        (2017年4月16日 イースター礼拝説教) 
  

イースターの朝を迎えました。喜びに溢れてイースター、主の甦り、おめでとうと、挨拶を交わすことができます。昨日、日曜学校の子どもたちが集まって、イースターエッグを用意しました。ささやかなことですが、そこにも甦りの喜びが溢れていると思わされました。イースターの朝、それはいつもと同じ朝ではありません。夜が明けて陽が昇り、また陽が沈んでと、毎日繰り返される朝ではありません。この日曜日も1週間、繰り返される日曜日ではありません。それは特別な朝、特別な日曜日、そのとき、私たちにとって、私たちだけでなく、すべての人にとって、この世界にとって、決定的な出来事が起こった。それが、今日、この日曜日の朝、イースターの朝であります。

今日、お読みした聖書の場面は、イースターの朝ではなく、夕方の話です。そこに出てくるのは、二人の弟子たちで、エルサレムからエマオへと向かって歩いています。エルサレムからエマオ、60スタディオン、日本の距離で言えば、およそ12キロ、歩いて2時間くらいの距離でしょうか。次第に陽が傾いている夕暮れに、弟子たちはエルサレムを離れようとしています。この二人が、その道すがら、話し合っていた「あの一切の出来事」は、言うまでもなく、イエスさまの十字架の死のことです。自分たちが愛し、慕っていた先生が惨たらしい十字架によって死に絶えてしまった出来事です。自分の心に引きずっている出来事です。心から愛してやまないイエスさまが、あの十字架の上で殺されてしまったこと。そのことを語り合い、論じ合っていたのです。けれども、いくら言葉を重ねて話し合ったところで、十字架の意味が分かったのでしょうか。議論を重ねれば、その死は何であったのか、理解できたのでしょうか。そのように歩きながら、エマオに向かっていた彼らに、イエスさまが近づかれます。十字架のお架かりになり、三日目、日曜日の朝、葬られていた墓を打ち破った、甦りの主が彼らに出会っておられます。

しかし、二人の弟子たちは、そのお方があの主イエスだと分からなかった。これは不思議なことです。異常なことだと言ってよいのです。もちろん、彼らは、これまで、イエスさまと一緒に生活をし、身近に見てきたのですから、お顔を知らない訳がありません。イエスさまの声を知っています。けれども、自分たちに近づいている、その旅人がいったい誰であるか、全く分からなかったのです。このことは、信仰の問題ではないでしょうか。25節を読みますと、明らかに弟子たちを叱っておられます。「ああ、物分かりが悪く、心の鈍く」とイエスさまは叱っています。ここには、「ああ」というため息、嘆きが響いています。十字架と復活の主が、弟子たちの姿を御覧になって深く嘆いておられる。しかし、頭ごなしに叱っておられるのではない。その嘆きには、主の愛が込められています。どうして心が鈍くなってしまったのか。そのことを深く憐れんでくださっています。ここで叱られた二人の弟子たちは、誰であったか、ひとりについては18節に「クレオパ」と紹介されております。もう一人については、名前すら記されていない弟子です。それ以上のことは、何も分かっておりません。けれども、主によって叱られたその弟子は、想像でありますけれども、自分たちがイエスさまから叱られたことを、喜んだにちがいありません。あのとき、ため息をつかれて、叱っていただいたのだ。だから、今自分たちは信仰を得ている。イエスさまを信じて弟子としてやり直すことができた。そう喜びをもって語ったにちがいありません。その喜びの記憶は、ずっと心に刻まれたのではないでしょうか。教会は主によって叱られる群ではないでしょうか。叱られて信仰を持つのです。叱られて、立ち直り、甦りの主を信じることが許されるのです。叱られることから、私たちの信仰が始まっていくのです。

イエスさまのお姿が分からなかった。それは信仰の問題です。どのような信仰の眼を持っているかが問われているのです。17節には、この二人の弟子たちが「暗い顔をして立ち止まった」とあります。なぜ、彼らがイエスさまを認めることができなかったのか。信仰の眼をもって救い主して見ることができなかったのか。19節から、イエスさまからの問いかけに対して、この二人の長い言葉が記されています。そこを読みますと、イエスさまを預言者の一人として、イスラエルを救って解放してくださるお方だと理解していたのです。そのお方がユダヤ人指導者たちによって十字架に架けられて、もう三日も経ってしまっている。どうして、暗い顔をして立ち止まったのでしょうか。イエスさまの死を知って、嘆き悲しんでいる。愛する者の死に耐えられなかった。惨たらしい死の現実に恐れを持ったのでしょうか。私たちも、暗い顔をして立ち止まってしまうのです。希望が押しつぶされる体験があります。先週、熊本の地震から、ちょうど一年目のときが憶えられていました。日本の地に、幾度も起こる自然災害を見ながら、また起こったのか無感覚になっていることの恐ろしさを思わされます。思い掛けない地震で、愛する者の命が奪い取られてしまった人たちの嘆きや悲しみが、今も癒されないままであることを、改めて知らされます。それだけでなく、自分たちの小さな生活の中でも、暗い顔をして、立ち止まってしまうことがあります。日々の生活に疲れを憶えること、自分の弱さや老いを知らされる中で、無力さを味わうこともあります。八方塞がれになって、全く前が見えなくなる。そのとき、私たちの顔は暗くなって、立ち止まらざる得なくなります。そのときに、私たちの信仰の眼が閉ざされてしまう。救い主のお姿が見えなくなってしまうのです。

しかし、この二人が暗い顔をして立ち止まったのは、それだけではなかったのです。22節以下にこう言われています。「ところが、仲間の婦人たちがわたしたちを驚かせました。婦人たちは朝早く墓へ行きましたが、遺体を見つけずに戻って来ました。そして、天使たちが現れ、『イエスは生きておられる』と告げたと言うのです。仲間の者が何人か墓へ行ってみたのですが、婦人たちが言ったとおりで、あの方は見当たりませんでした。」彼らの絶望は、イエスさまの死だけではなかったようです。もっと驚く理由、戸惑う理由があった。それは仲間の婦人たちの告げたことです。「イエスは生きておられる。」イエスさまは復活されたのだ。その知らせを聞いていたのです。復活の事実を知っていたけれども、戸惑っているのです。それに不安を抱いたのです。復活があったにもかかわらずです。

わたしが、高知にいたとき、ある牧師がこう言っていたことを、イースターのたび毎に思い起こします。信仰者は、復活を信じている。毎週、使徒信条で、「主は、ポンテオ・ピラトのもとで苦しみを受け、十字架につけられ、死にて葬られ、陰府にくだり、三日目に死人のうちより甦り」と口で告白して、それを信じて信仰の生活をしている。けれども、実際の生活の中で、復活がないような生き方をしているのではないか。復活の信仰が生活の中で生きてはいないのではと。そう言っていたのです。私自身、イースターの季節になると改めて伝道者としての歩みを振り返ることがあります。神学校を出てから27年が経ち、南部教会に遣わされて9年目になります。自分の信仰が問われる思いがします。ここで説教をし、イエス・キリストの御言葉を語りながら、なぜ、どうしてかというつぶやきが出てくることがあります。伝道に行き詰まってしまうことが何度とありました。目に見える結果が現れないと、気持ちばかり空回りして焦ることもありました。主が生きておられる。罪と死に打ち勝って、今も生きておられる。その主が見えなくなるのです。復活の主を疑うのです。主がいのちの主であることが分からなくなる。私も主から叱られている。そう思うのです。私たちは、復活の事実を信じていると言いつつ、しかし、目に見えるもの、私たちが経験していることの方が確かなことだ、本当のことだと思っています。そこで、物変わりが悪く、心が鈍くなって、信仰の眼が見えなくなってしまっているのです。

けれども忘れてならない。イエスさまは見えなくなった目を一所懸命に開こうとなさっておられるのです。不信仰を信仰に変えようとされるのです。こう言われています。「メシアはこういう苦しみを受けて、栄光に入るはずだったのではないか。そして、モーセとすべての預言者から始めて、聖書全体にわたり、御自分について書かれていることを説明された。」「聖書全体」とは、まだ新約聖書ができておりませんので、旧約聖書を指しています。「説明された」は「説教された」と訳してもよい言葉です。聖書、それは神の言葉です。それはいったい何を語っているのか、それは、メシア、救い主です。そのメシアは、この私だと指し示して、御言葉を語っておられるのです。それは十字架にお架かりになり、苦しみを受けられた。三日目に死から甦って、栄光を受けられた救い主です。死と罪を滅ぼし、墓を破っていのちへ出て来られた救い主、それは、この私だと、イエスさまは説教なさったのです。

二人の弟子は、自分たちが目指しているエマオに近づいてきました。先に進まれる主を引きとめてこう言うのです。「一緒にお泊りください。そろそろ夕方になりますし、もう日も傾いていますから」と。その願いを聞き入れて、家に入られました。そして夕食になった。この食卓の場面で、イエスさまは客として招かれています。しかし、ここでその食卓の主人、テーブルマスターは主ご自身がなさっておられるのです。そこに弟子たちを招かれるのです。「一緒に、食事の席に着いたとき、イエスはパンを取り、讃美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった」先週、木曜日には、受難週の聖餐礼拝をまもりました。裏切りを決意したユダをはじめ、他の弟子たちも、すぐに見捨てて逃げ去ってしまう、そのような不信仰な一人ひとりを、イエスさまは招いて食卓を囲まれました。ご自分の裂かれた体と、流された血を差し出して、これを取って食べよと、命じられた主の食卓を憶えて、聖餐に与かりました。この復活を憶える食卓でも、主がなさったことに倣って、パンと杯をいただきます。

そのとき、信仰の目が開かれるのです。ここに主イエス・キリストがおられる。イエスは生きて、今ここにおられる。ここに甦りの主が立って、出会っておられる、そのことがはっきり見えたのです。そこに信仰が生まれたのです。不信仰が信仰に変えられたのです。31節にはこう書かれています。「すると、二人の目が開け、イエスだと分ったが、その姿は見えなくなった」これはとても興味深いことが言われています。彼らの目が開かれて、イエスさまが今ここにいることが分かった。その時、その姿が見えなくなるのです。しかし、イエスさまは消えたのではありません。そこからいなくなったのでもない。見えなくなったのです。そこにおられるのですが、肉体の目で見えなくなったのです。目で見えるか、見えないか、それは問題にならないのです。確かに、ここにいると信仰の目で見えている。信じることができる。それで十分であるからです。甦りに主がご自身を現わされているからです。

この二人の弟子たちは、直ちにエルサレムへ引き返すのです。すでに日が沈み、辺りは暗闇が覆っている道を、エルサレムに向かって歩み出しています。それは、同じ道を同じように歩んでいくのではありません。全く違う、新しい道を歩み出すのです。その道は、十字架のお架かりになり、三日目に甦られた主が拓いてくださったいのちの道です。暗い顔をして、立ち止まることはありません。どんなに暗い闇が覆っていても、決して絶望することがない。顔をあげて喜びに満たされて、主が甦れられた。主は生きておられる。その喜びに知らせを携えて、仲間の弟子たちのところに知らせるために出て行く。それが復活から始まる新しい歩みです。この二人の弟子の姿に、はっきり教会の姿を見ることができます。私たちも、この礼拝の中で、甦りの主に出会うのです。主が私たちを、いのちの食卓に招き入れてくださいます。それによって信仰の目が鮮やかに開かれるのです。ここに主がおられる。十字架と復活の主がおられると、確か見ることができる。そこから私たちは、主は甦られた、主は今も生きておられる。この喜びを伝える。そのために新しい道を踏み出していくのです。

                   (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)