説教のページ(音声版)  その2

                                                               
                                 


      あなたがたより先に」                                
                             
          エゼキエル書 34章11〜16節
                                       マタイによる福音書 26章12〜17節


                                     (2019年9月22日 主日礼拝説教) 

週間、間が空きましたが、再びマタイによる福音書に戻りまして、イエスさまの十字架が間近に迫っているところをお読みしました。前回は、主が弟子たちと主の晩餐、過越の祭りの食卓を囲んだ場面でした。今日のすぐ後、36節以下では、ゲツセマネで3人の弟子たちを前にして激しい十字架の祈りを祈られたところです。その後すぐに、ユダの裏切りが実行されて、イエスさまが敵の手に渡される。数時間後、十字架の死が迫っているという緊迫した場面が次から次へと続いているところを読んでおります。今日の箇所は、イエスさまと弟子たちとの会話が描かれています。それは、弟子たちの離反を巡る会話であります。主の晩餐が終わって、ゲツセマネへと向かっている道すがらでの会話です。辺りは真っ暗な暗闇が覆っている中、たいまつを点して、夜道を歩いている時、イエスさまが弟子たちに言われました。「今夜、あなたがたは皆わたしにつまずく」何度か申しておりますように、イエスさまを裏切ったのは、あのユダ一人だけでない。すべての弟子たちが見捨ててしまう。十字架の主に従え得なかった。弟子としてとんでもない失敗をしてしまうことが、予告されたのです。これは弟子たちの群れが崩れてしまうのです。イエスさまを中心として、一つとされていた群がちりぢりばらばらになってしまうのです。

この弟子たちの離反は、「わたしにつまずく」と言われています。このつまずくというのは、何度か説明したことがありますが、道端に石ころが転がっているのに、つまずいて転んでしまうという意味があります。それによって今まで歩んでいた道から外れてしまうのです。つまずくことを英語で「スキャンダル」と言います。タレントが何かの不祥事をしてしまったとき、週刊誌にスキャンダルとして取り上げられることがある。誘惑に誘われて思わずつまずいてしまう。そういうときに使われる言葉です。このとき、弟子たちは何につまずいたのでしょうか。なぜ、弟子たちは今まで歩んでいた道から外れたのでしょうか。他でもないイエスさまにつまずいてしまった。そうすると、このつまずきというのは、弟子たちに起こったことであるということです。弟子でなければ、イエスさまにつまずくことはないのです。弟子としてイエスさまに従っている時に、起るべきこととして起こったのが、つまずきであった。ですから、弟子たち以外、つまりイエスさまと関わりのない人が、信仰を持っていない人がつまずくことはないのです。もっと言えば、弟子たちの群れ、つまり教会の中につまずきが起こる。ですから、つまずきは、私たち自身の問題であり、私たちがイエスさまにつまずくことがあるのだということです。それは、イエスさまの十字架につまずくのです。なぜ、イエスさまが十字架に架けられて、死ななければならなかったのか。その十字架の主に従え得なくなる。その十字架が分からなくなる、救いではなくなる、その時に私たちはつまずいてしまう。自分の信仰は大丈夫だ。今、ちゃんと正しい道を歩んでいる、そう思っていても、つまずくことがある。信仰者にとってつまずくことを避けて通ることができないのです。

弟子たちにつまずきを告げられたとき、イエスさまはこう言われました。「『わたしは羊飼いを打つ。すると、羊の群れは散ってしまう。』と書いてあるからだ」二重括弧の中の言葉は、旧約聖書ゼカリヤ書13章7節の言葉が引用されています。そこにこう書かれています。「7剣よ、起きよ、わたしの羊飼いに立ち向かえ わたしの同僚であった男に立ち向かえと 万軍の主は言われる。羊飼いを撃て、羊の群れは散らされるがよい。わたしは、また手を返して小さいものを撃つ。8この地のどこでもこうなる、と主は言われる。三分の二は死に絶え、三分の一が残る。9この三分の一をわたしは火に入れ 銀を精錬するように精錬し 金を試すように試す。彼がわが名を呼べば、わたしは彼に答え 「彼こそわたしの民」と言い 彼は、「主こそわたしの神」と答えるであろう。

これは旧約聖書の預言者の言葉です。イエスさまが生まれるはるか昔、預言者がすでに告げていた言葉であった。「羊飼いを撃て」と言っておられるのは、神さまです。その言葉をイエスさまは、「わたしは羊飼いを打つ」と言い換えておられる。神さまが羊飼いであるイエスさまを打っておられる。とても不思議な言葉ではないでしょうか。ご自分が十字架のお架かりになられる。その苦しみを一体だれが与えておられるのか。それは神さまだ。神が羊飼いを打ちたたいて死に追いやられる。その羊飼いのもとにいる弟子たちは、散らされてしまう。それは、はるか昔から、神さまがお決めになっていたことだ。神さまの意志がそこにあるのだと、イエスさまは言われるのです。これは、人間の理屈や理解をはるかに越えている、不思議ななさり方だと言ってよいのです。ただ、たまたま偶然が重なって、イエスさまが捕えられて、十字架刑に処せられて死なれるのではない。その背後に神さまの意志が働いている。神さまが人間の罪をも用いて、イエスさまを十字架に架けている。そこに神の御心がはっきり現されているのだ。弟子たちのつまずきも、神さまのご計画の外で起こっているのではないと告げられているのです。

しかし、この時、弟子たちは、この主の言葉を聴くことができなかったのです。33節で弟子たちの中で頭であったペトロはイエスさまにこう答えています。「たとえ、みんながあなたにつまずいても、わたしは決してつまずきません。」これは断言と言うほどに強い言い方で、イエスさまの予告を打ち消しています。他の弟子たちはつまずいてしまう。そういう弱さを持っている。けれども、私はどんなことがあっても、あなたを捨てるわけがない。そんな不信仰は持っていない。自分の信仰は大丈夫だ、そう断言しています。35節では「たとえ、ご一緒に死ななければならなくなっても、あなたのことを知らないなどと決して申しません」自分の命を捨ててまでと殉教を覚悟しています。あなたと死んでも構わない。それ程にあなたのことを思っているし、愛している。そういう告白でもあります。けれども、そのペトロがわずか数時間後、手のひらを返すように知らないと見捨ててしまうのです。私たちはこのペトロを決して他人事にすることができないのです。私は18歳で洗礼を受けて、ずっと教会の中で生きてきましたし、献身の思いが与えられて、牧師にまでなって、毎週礼拝で御言葉を語る務めを与えられています。その中で、主を知らないと否定したことを数え切れないほどしてきました。自分がキリスト者であることを恥ずかしく思ったこともあります。つい口で簡単に自分はイエスさまと関係ないと、罪を犯すこともあります。誰でもその弱さを抱えていることが実際の姿です。自分の都合が悪くなると、いつでも簡単に信仰を捨ててしまうのです。イエスさまを要らないと捨ててしまうのです。

ペトロは、自分の中に弱さが潜んでいることを認めることができなかったのです。自分の信仰は大丈夫だと思い込んでいる。そのことに気が付かなかったし、気が付こうとしなかった。けれども、そのことを他の誰よりもよく知っておられるのは、主イエスに他ならないのです。そのイエスさまがペトロにこう言われます。「はっきり言っておく。あなたは今夜、鶏が鳴く前に、三度私のことを知らないと言うであろう。」この主の言葉は、ペトロに何を伝えようとしているのでしょうか。確かに、裏切られてしまうイエスさまの立場からすれば、これはペトロに強い警告を告げていると言ってよいかもしれません。なぜ、お前はわたしを見捨てるのか。3度も知らないと言い切ってしまうのかと非難している、そう読むこともできるのです。しかし、この言葉にはペトロに対する深い思いが込められているのではないでしょうか。「はっきり言っておく」、書かれた元の言葉は、アーメンという言葉が使われています。イエスさまは真実を込めて愛する弟子ペトロに告げているのです。そこにはこのペトロの弱さを知っておられるだけでなく、このペトロのためにご自分が十字架に架けられることが神さまの御心に従うことであると、ご自分の死を受け入れておられるのです。

ペトロも他の弟子たちもこのイエスさまの予告通りに、だれ一人として十字架の主に従うことはできませんでした。最初に申したように、弟子の群れは、崩れ去ってしまったのです。だれも、主の十字架のもとに立ち続けることができませんでした。ゼカリヤの預言の通りに弟子たちは、ちりぢりばらばらになるのです。弟子として主と共に歩むことができなかったのです。その弟子たちにイエスさまは言われました。「しかし、わたしは復活した後、あなたがたより先にガリラヤへ行く。」おそらく、弟子たちは傷ついた心を抱えて、ガリラヤに帰って行ったのではないかと想像します。もはや主の弟子とは呼ぶことができない。そういう辛い思いをもってガリラヤで元の生活をしようと思っていたのかもしれません。その弟子たちよりも先にイエスさまがガリラヤに行かれるのです。先回りして、ガリラヤへと急いで向かわれるのです。そこでペトロと弟子たちを迎えるのです。それは、主イエスが弟子たちを見捨てなかったからです。弟子たちがどんなに深い罪を持っていたとしても、その罪を裁くことをしなかったのです。その弟子たちの罪のために、イエスさまが十字架の上でご自分の命を捨てられたのです。ペトロが死んだのではない。ペトロの十字架が立ったのでもない。そうではなくペトロを救い、罪を赦すために、イエスさまがその罪を担って死なれたのです。その死から三日目に甦られたのです。彼らの罪に打ち勝ってくださり、そのことを告げるためにガリラヤへと向かわれたのです。それは失敗した弟子をもう一度立ち上がらせるためです。彼らが再び、主の弟子としてやり直すことができる道を拓いてくださるためです。

私たちにとって、イエスさまが出会ってくださるガリラヤはいったいどこなのでしょうか。それは、今、立っているこの礼拝の場であります。私たちは、この礼拝の場に様々な思いを持って集まっています。礼拝までの一週間の歩みを振り返っても、どうして主に従えなかったのかと悔やむこともあるかもしれません。人との生活の中で、愛することもできなかった、その自分の惨めさを思い知らされているのかもしれません。また信仰生活の中で、罪を重ねて生きているのが実際の姿です。けれども、忘れてならないのはその私たちが、ここでもう一度やり直せるのです。どんなに失敗を重ねても立ち上がることができるのです。それはここで十字架と復活の主が待っていてくださるからです。私たちに愛をもって出会ってくださる。教会はそういう場所です。教会は失敗した者が集まってところです。失敗した者が、赦され、愛されている。それが主の弟子であることのしるしです。だから、私たちは、ここから再び、主の弟子として歩み出していくのです。小さな生活の中で、主を愛し、人とに仕えるその弟子としての歩みを新しくはじめていきたい、そのように願います。

                   (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)