説教のページ(音声版)  その2

                                                               
                                                                             


      天の国の不思議」                                
                             
           詩編 78篇1〜8節
                                       マタイによる福音書 13章24〜43節


                                     (2018年6月17日 主日礼拝説教) 

今日の礼拝で与えられた御言葉はイエスさまが語られたたとえ話です。前回お読みした13章1節から今日のところを含めて、13章の50節までずっと連続してたとえが語られています。それによって何を語っておられるのか。今日の箇所に「天の国は次のようにたとえられる」とありますように、天の国を明らかにしておられるのです。すでに何度か申しておりますように、天の国とは、死んでから行くあの世でも、手の届かない遠くにある別世界のことでもなく、神さまが生きていておられる。神の支配がすでに起こっているところは、どこであっても「天の国」「神の国」であると言ってよいのです。その天の国を、具体的に私たちが理解できるように、イエスさまはたとえをもって示しておられるのです。今日のたとえは「毒麦のたとえ」という題が付けられています。前回のたとえと同じように、畑に種を蒔くという話です。

このたとえそのものについては、説明を加えなければ分からない話ではありません。ある人が良い種を畑に蒔いた。しかし、人々が眠っている間、敵が来て毒麦を蒔いたのです。毒麦と良い麦とは、はじめよく見分けがつかないのです。それが成長し、実ったときに、毒麦の正体が現れたのです。僕たちは驚いたのです。確かに良い種を蒔いたはずだ。よい実ができるのが当然だと思っていた。にもかかわらず、そこに生えてきたのは毒麦であった。早速主人に報告します。「だんなさま、畑には良い種をお蒔きになったではありませんか。どこから毒麦が入ったのでしょう。」主人は言います。「敵の仕業だ」と。

僕たちが見つけたのは毒麦であった。ただの雑草ではありません。今、ちょうど、雑草がすくすくと伸びる季節です。ひと雨ごとに雑草は勢いよく伸びていきます。畑を作ったり草花を植えている人は、この時期は雑草との戦いがあります。良い収穫を得るためには、邪魔な雑草を抜かなければなりません。それはとても大変な作業です。しかし、畑に生えていたのは、雑草ではなく毒をもった麦であったというのです。毒麦と良い麦が一緒に生えているのです。ですから僕は主人に言います。「では、行って抜き集めておきましょうか」と。それに対して主人はこう言ったのです。「刈り入れまで、両方とも育つままにしておきなさい」と。これは、とても不思議な言葉です。一見、毒麦を放置しているかのように見えます。要するに、放って置きなさいと、主人は言っているのです。

36節以下でイエスさまは、このたとえを弟子たちに説明されました。38節には「畑は世界、良い種は御国の子ら、毒麦は悪い者の子らである。毒麦を蒔いたの敵は悪魔」とあります。このたとえの敵は、はっきり悪魔だと断定されています。悪魔、それは神に敵対する存在です。神に逆らう力と言ってよいのです。この世界を見渡してみると、何が見えてくるのでしょうか。どこに良いものがあるか、いやむしろ毒麦がたくさん生えているという現実がはっきり見えているのです。その悪がこの世界では力を持っているのです。この世界を支配しているのは、悪魔ではないか。悪の力が猛烈な力を持って様々な悪しき業を行っている。毒麦の猛威が振るっている。それが私たちに生きている実際の世界の姿ではないかと思うのです。悪魔の仕業としか言えないことが次から次へと起こっています。聖書では、創世記にありますように、神さまは、この世界を良きもの、素晴らしいものとしてお造りになりました。私たち人間もそうです。神に似て、神さまの御心に生きる者として人を造られた。良き存在として人は神の創造によって生かされている。それは本来の姿です。けれども、私たちが実際に目にするのは、この世界に蔓延っている悪の支配です。目を覆うような悲惨な出来事が次から次へと起こっています。どうしてこんな惨たらしいことが起こるのか。なぜこんな悲劇が許されるのか。なぜこのような残忍なことが放って置かれるのか。まさに世界は悪によって翻弄され、混乱させられているとしか思えない現実があります。このなぜに対する答えはいったいどこにあるのでしょうか。神の支配はいったいどこに見られるのでしょうか。

このたとえが語っているのは、蒔かれた種と成長だけではありません。刈り入れの時についても語っているのです。39節に「刈り入れは世の終わりのことで」とあります。悪が支配していると思われるこの世界が永遠に存続するのではありません。必ず刈り入れの時が来るのです。白か黒かという決着が付けられる時は必ず来るのです。そのとき、毒麦は集められ、火に焼かれるのです。神さまが、この世界に乗り込んでこられる時には、正しい裁きが行なわれるのだ、これがイエスさまが語られたたとえの第一の意味であると言ってよいでしょう。

36節を読みますと、このたとえの意味を解き明かされたのは、大勢の群衆ではなかった。そうではなく、御自分の弟子たちにこのたとえの意味を明らかにされたとあります。つまり、このたとえは弟子たちに対する警告であったということでしょう。もっと広く言えば、弟子たちから生まれる教会に対する教えであったと言ってもよいのです。これは教会に向けられている。今私たちに向かって語られている、具体的な信仰の問題がここにあるということです。そのことで、どうしても触れなければならないのは、28節に言われている僕たちの言葉です。主人は、毒麦が出てきたのは、敵の仕業だと言った。それに対して僕たちは「では、行って抜いて集めておきましょうか」と言った。先ほど申したように、生えてきたのは、有害な毒をもっている麦です。ですから、それをすぐに抜いてしまわなければならないと、だれもが考えるのです。放って置くと、もっと悪が蔓延るのではないか。そのままにしておくことができない。毒麦はさっさと抜いてしまわなければならないと、僕たちは主人に言うのです。そのことを教会に当てはめてみますと、そこには、良い麦ばかりではない。有害な麦も入り込んでいるのです。その麦を全部抜いてしまう。それは一つの教会の生き方と言ってもよいでしょう。教会は正しい信仰を持っている人たちの集まりであるから、そこに他の麦、毒が入っては困るのです。こういう考え方は、教会の歴史の中で繰り返し現れてきたことです。それは、純粋主義とか、完全主義と呼ぶことができます。神さまの支配が見えくなると、次第に焦りが出てくることがあります。自分たちについて来られらない人を邪魔者扱いすることによって、自分たちの正しさを貫いてしまう。そういう正義感のようなものが教会に出てくる。そういうことを歴史の中で繰り返してきたのです。しかし、イエスさまは言われるのです。裁くのは、あなたがたのすることではない。それは私がすることだと。それまでは待つのです。神さまが最後に決着を付けられる時を信じて、待つべきだというのです。

しかし、このたとえは、そのように私たちに忍耐を求めている、そういう警告だけを語っているのでしょうか。このたとえを別な視点から読むことができるのです。このたとえの中心は、いったいどこにあるのか、そこに目を向けて読んでみると、このたとえは警告だけでなく、私たちに対する深い慰めを語っていることが分かるのです。そのたとえの中心は、良い麦でも、毒麦でもなく、また僕たちでもありません。そうではなく、主人です。主人は僕たちにこう言ったのです。「いや、毒麦を集めるとき、麦まで一緒に抜くかもしれない。刈り入れまで、両方とも育つままにしておきなさい。」普通の考えでは、毒麦であることが分かっているのですから、早く抜いてしまった方がよいのです。しかし、主人はそうしないのです。それはただ一つ「麦まで一緒に抜くかもしれない」からです。とても不思議なやり方だということができます。私たちが雑草を抜くときでも、一つ一つ、これは雑草だ、これはそうではないと分けて抜くことをしません。いや根が絡まっていることがあるし、一つ一つ雑草を抜くような面倒くさいことをしないのです。良いものが少しくらい抜けてしまっても当然だからです。しかし、この主人は、そうではありません。異常なほどに一つ一つの麦にこだわるのです。一つが失われることは主人の思いではないからです。そのように私たち一人、一人に神さまは異常なほどに関心を向けられるのです。放って置かないのです。それこそ、どれほど真剣に私たちの存在を大切にしてくださるのか。ある人は、このたとえをこう言っています。「毒麦の処分に示された麦への過分な配慮」と。「過分な配慮」です。一人くらいどうでもよいのではありません。ひとり一人に深くかかわる。そういう主人のなさり方、それが聖書の神さまであると、はっきり告げているのです。そこに神の忍耐があります。早急に答えを出されないのです。終わりのときまで、純粋なものだけを求められるのではない。じっくり待ってくださっている。時が来るまで待っておられるのです。まだ私たちに終わりの時が来ていないということは、今も神さまは深い忍耐をもって待ち続けておられるのだということです。

このたとえの最後には、はっきりと毒麦の処罰が明らかにされています。刈り入れのときまでは生き延びられたとしても、最後には火で焼かれてしまう。それは神の裁きに遭うということです。そういう厳しい言葉を、私たちはどのように受け止めるのでしょう。もし自分が毒麦であれば、この話は救いとはならないのです。しかし、そこでもう一つ忘れてならないことがあります。それは、このたとえを語っておられるのは、イエス・キリストであるということです。教会は、このたとえをイエス・キリストの語られたたとえとして伝えてきたのです。そのイエス・キリストは他でもないこの私を救うためにご自分のいのちをあの十字架の上で捨てられたお方です。十字架によって私の罪の一切を赦されたお方です。その罪の赦しが成し遂げられることなしに、このたとえを読むことができないのです。いや、むしろ、このたとえを、私たちに実現してくださるために、ご自分の命を捨ててくださった。それによって滅びではなく、救いの道を拓かれたのです。それは、本来毒麦であった私たちが滅ぼされることなく、良いものへと変えていただいたからです。他の誰かではありません。私たちは、どれ程神さまに背き続けて来たのか。毒麦のように、火に投げ込まれなければならなかった。それほどに罪を重ねて生きている、その私たちを愛し、忍耐し、待ち続けてくださったお方は、イエス・キリスト以外ではありません。その愛によって、私たちは、毒麦ではなく、良い実りとして生きることが許されているのです。

このイエス・キリストの忍耐によって私たちは滅びから救い出されている事実があるのです。それゆえに、どんなに厳しい現実が襲ってきても、焦ることも、諦めることもないのです。神の恵みの支配は私たちの中に、この世界にすでに始まっているのです。この恵みは、私たちだけでなく、すべての人に注がれている。そのことを信じ、そこに希望をもって、新しい歩みを始めていきたいそのように願うものであります。

               (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)