説教のページ(音声版)  その2


                                                               
                                                                             


      主に従う道
                                         エレミヤ書 20章7〜10節
                             
           マタイによる福音書 8章18〜22節


                                        (2017年10月1日 主日礼拝説教) 
  

今日与えられた聖書の箇所を、今聞きましたが、皆さんはどういう感想を持たれたでしょうか。おそらく、いささか厳しいイエスさまのお言葉が記されていると思われただろうと思います。これを、例えば教会に来始めた人が聞きますと、自分には厳しすぎてついていけないと思われるかもしれません。今日の箇所には「弟子の覚悟」という見出しが付けられています。イエスさまに従うのは、ずいぶん強い覚悟を持たなければならないと言われているように思われます。あるいは、この弟子の覚悟というのは、特別な人だけに求められる。例えば、牧師になるとか、修道院に入って一生神さまに仕えるような人に求められている。普通の信仰者には無関係であると受け止める人がいるのかもしれません。しかし、主イエスの弟子として従うことは、すべての人、今ここに集まっている人に求められています。イエスさまを信じること、イエスさまを愛すること、それはイエスさまの弟子となって、イエスさまが歩まれた道のその後を私たちもまた歩んでいくこと、それ以外ではないからです。信じるということは、ただ心の中だけのことではなく、それぞれの生活の中で、主の弟子として一歩踏み出していく。主の歩まれた道の後をついていくことであるからです。一歩踏み出し、主の後についていかなければ、味わい知ることのできない恵みがあるからです。主の弟子として生きることがどれほど確かな幸いであるかを、知ることができるのです。それは自分の覚悟や決心にまさる豊かな恵みではないかと思います。

今日の箇所のはじめ、18節を読みますと、イエスさまのところに、群衆と弟子たちがいたとき、その弟子たちに向こう岸に行くように命じられています。ここで群衆と弟子たちをはっきりと分けようとしておられます。弟子として従ってくる者たちを求めておられます。その呼びかけに答えるようにしてある律法学者が近づいてきてこう言うのです。「先生、あなたがおいでになる所なら、どこへでも従って参ります」この律法学者は、当時のユダヤ教の熱心な信仰の指導者です。神の掟である律法を学び、それを人に教え、自らも忠実に実行していた人です。この人は、イエスさまが教えられた山上の説教を聞いていたのでしょう。これまで自分が教えていた掟とは異なっている、新しい教えを驚きをもって聞いていたのでしょう。そして8章に描かれていますイエスさまの病人の癒しの出来事も目の当たりに見ていた。教えにおいても、その業においても、心に惹かれるものがあったにちがいありません。この人の弟子になって従っていこうとした。これは、ずいぶん強い決心があったのではないでしょうか。あなたが行かれるところはどこまでもついて行く、そう言ったのです。しかし、ここでイエスさまは、その人によく決心できたね、さあ、私の弟子になりなさいとは言われなかったのです。

こう言われました。「狐には穴があり、空の鳥には巣がある。だが、人の子には枕する所もない。」これは、とても厳しい響きをもって語られています。自然の世界に生きる動物は、自分のすみかをもっている。けれども、人の子はどこにも安住する場所がないのだ、そう言われたのです。この人に対して、あなたの覚悟はまだ十分ではない。もっと強い覚悟がいるのではないかと、言われたのでしょうか。ここで、注意して読まなければならないのは、イエスさまはご自分を「人の子」と呼んでおられるのです。「人の子」とは、文字通り「人間の子ども」と書かれています。ですから、動物に対して、人間は住む場所を持たないのだと理解できます。けれども、この人の子というのは、ただ人間の子どもではなく、大切な意味がある呼び名であったのです。旧約聖書の時代から、神さまが遣わされる救い主、メシアを示す呼び名であった。ですから、この呼び名を、律法学者であるこの人も知っていたにちがいありません。自分たち、ユダヤ人を救うために、神さまは必ず、救い主、メシアを送ってくださることを信じて、待ち望んでいたのです。このメシアは、この私だとイエスさまは言われたのです。けれども、そのメシアには、この地上では、どこにも枕するところ、つまり安住できる場所はないのだと、言われたのです。

考えてみれば不思議な言葉ではないでしょうか。救い主としてこの地上に来られたのに、安住することは許されなかったのです。そのイエスさまの弟子として従うことは、それと同じ道を歩まされるのです。最初に申したように、イエスさまの弟子になるということは、イエスさまを信じることであり、愛することです。イエスさまを救い主、メシアだと信じることです。具体的に言えば、洗礼を受けて、キリスト者になることです。しかし、この地上では安住することができなくなるのです。もっと言えば、イエスさまを信じるがゆえに苦しむことが起るのだということです。2000年の教会の歴史を振り返ると、そのはじめから迫害との戦いがありました。イエスさまを救い主として信じるがゆえに、この世の人たちから捨てられることが何度も起こったのです。信仰を言い表すだけで、いのちの危険にさらされることもあるのです。私たちが、この日本という国でキリスト者として生きることは、少数者であることを強いられるのです。そうであれば、信仰を守り通すという覚悟がなければ、キリスト者になれないのでしょうか。洗礼を受けられないでしょうか。そうではないのです。人間の覚悟や決意によってイエスさまの後に従うことはできないからです。それは、イエスさまの弟子たちの姿を見ればよく分かるのです。十字架に架けられる時、殉教覚悟で、最後まで自分たちは従えると思っていた。その弟子たちはいとも簡単に、主を見捨てて逃げ去ってしまったのです。誰一人として十字架の道を進まれる主に従え得なかったのです。それが十字架を前にした弟子たちの姿であった。しかし、忘れてならないのは、その弟子たちのために、イエスさまが何してくださったかということです。

この福音書のずっと先を読み進んでいきますと、イエスさまがどのような場面で「人の子」とご自分を呼ばれたのかが、次第に明らかになってきます。それは御自分が十字架の道を進まれるときに、弟子たちにはっきり十字架の死を告げられた受難予告と呼ばれる場面です。イエスさまはこう言われたのです。「今、わたしたちはエルサレムへ上って行く。人の子は、祭司長たちや律法学者たちに引き渡される。彼らは死刑を宣告して、異邦人に引き渡す。人の子を侮辱し、鞭打ち、十字架につけるためである。そして人の子は三日目に復活する。」神の救いを実現するために来てくださった救い主、メシアはこの地上では生きる場所を奪われるのです。それは、十字架に近づいたときだけでなく、神の御子が小さな命として家畜小屋でお生まれになった、クリスマスの出来事からそうであった。救い主が地上に来られたのに受け入れられない、いやそれだけでなく生まれた時から、いのちが奪われそうになった。そしてエルサレムですべての人から捨てられるのです。そのお方が十字架にお架かりになる人の子・メシアであった。その十字架の死は何のためであったか。いい加減で、体たらくなあの弟子たちを愛され、赦されるためであった。そしてその彼らがもう一度弟子として歩みはじめるためであったということです。この十字架の愛なしには、だれも主に従うことはできないということです。

今日の箇所に、もうひとり弟子の人が出てきます。この人もイエスさまの後に従って行こうとして、言ったのです。「主よ、まず、父を葬りに行かせてください」しかし、イエスさまは「わたしに従いなさい。死んでいる者たちに、自分たちの死者を葬らせなさい」と言われました。これは、実に驚くべき言葉ではないでしょうか。イエスさまは、自分の親が死んでも、葬りなど、どうでもいいと言っていると受け取られるかもしれません。私たちにとって親を葬ることは、人として為すべき務めであることは当然です。決してイエスさまは、そのことを否定されているのではありません。けれども、いったい何を先にするのかを、この人に問うておられるのです。この弟子は「主よ、まず、父を」と言いました。このまずというのは、「第一にする」という意味があります。まず、何よりも父を葬らせてください。そのあとで従いますからと言うのです。ここでイエスさまが求めておられるのは、従うと言うときに、いったい何を第一のこととするかということです。父を葬ることは、子どもとして為すべき務めであるかもしれません。それゆえに、主に従うことをおろそかにしていいのかということです。

イエスさまが言われた「死んでいる者たちに、自分の死者たちを葬らせなさい」これは少し分かり難い言葉かもしれません。死んでいる者たちというのは、人間を指している言葉です。この地上のいのちには限りがあるのです。死んだならば、体は焼かれて、骨だけになって墓に納められて、それですべてが終わってしまうのです。その死に向かって生きている人間は、体は生きていても、死んでいるのです。神さまとの関係で言えば、死んでいると同じだということです。その人間がいくら盛大な葬式をしても、けっしてその死に立ち向かうことはできないのです。その死に立ち向かい、その死を打ち滅ぼすことのできるお方は、いったい誰であるか。それは人の子であるイエス・キリストただひとりだけであるということです。その主イエス・キリストに従う者は、死んでもそれで終わりではない。死を越えて、まことのいのちに生きることができる、そう言ってよいのです。私たちも、愛する者を葬ることをします。しかし、それは、ただ死を嘆き悲しむだけではありません。その死を越える復活の命が約束されている。その確かな希望をもって、天に送り出すことができるのです。

先ほど、イエスさまがご自分を人の子と言われたのは、受難予告の場面であったと申しました。けれども、正確に言いますと、受難だけではありません。そこに「そして人の子は三日目に復活する。」と言われています。人の子であるお方がただひとり、十字架の道を最後まで歩み、神の御心に従い抜いてくださって、私たちの罪を赦し、死を打ち滅ぼされたのです。そしてこの約束の通りに、三日目にいのちへと甦られた。そのようにして、私たちにいのちの道を拓いてくださった。滅びの道ではなく、永遠の命に生きるその道が私たちに既に備えられているのです。これほど確かな救いはない。ここに来なさい。この道を歩もうではないかと、主は私たちを招いておられる。その主に従う者として、一歩踏み出していきたい。主の招きに応えて、従う歩みを新しく始めていきたい、そのように願うものであります。

                   (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)