説教のページ(音声版)
                                                         
(音声はありません)
                                                    


      神をほめたたえる」                                
                             
            詩編 100篇1〜5節
                                        コロサイの信徒への手紙 3章12〜17節


                                         (2019年9月15日 音楽礼拝説教) 

今日は音楽礼拝としてまもっています。昨日、この礼拝堂でコンサートが行われ、たくさんの方々に音楽を通して、神さまを知っていただく機会を持ちました。神さまが二人の音楽の賜物を持った姉妹を、私たちに遣わしてくださって、共に賛美を捧げることができ、とても嬉しく思っております。礼拝の中で、私たちは神さまをほめたたえる賛美を歌いますが、礼拝のはじめから終わりまで、そのすべてが神さまをほめたたえることであります。今日、私たちは、この礼拝に集められているのは、神さまをほめたたえる賛美を歌うためであると言ってよいと思います。

先ほどお読みした詩編100篇はとても短い詩編ですが、この詩編全体には、喜びと讃美が満ち溢れています。私たちに喜べ、感謝せよと、礼拝を呼びかけ、促している詩編です。この詩編は、旧約聖書の時代、イエスさまが生まれるはるか昔、イスラエルの民が神殿での礼拝で歌われた賛美でありました。どのようなメロディーで歌われたのか、分かりませんが、今、私たちが賛美の声を上げたように、イスラエルの民も、礼拝に集って、神さまをほめたたえる歌を歌ったのです。その賛美は喜びと感謝から生まれるのです。喜びがあるときに、そこにおのずと賛美が歌われるのです。感謝が心に満ち溢れるとき、神をほめたたえる歌が生まれるのです。その賛美の心を、私たちも共に与えられたいと思います。

私たちは、毎週日曜日の朝、この場所になぜ集まるのでしょうか。長く信仰生活をしている人にとっては、礼拝に出てくるのは一種の習慣のように身に付いているのかもしれません。また最近教会に来始めた人は、聖書に関心を持ったとか、キリスト教に興味を持ったから、また人に誘われて教会に行こうと思ったという人もいるかもしれません。自分の気持ちが教会に行こうと思ったという人もいるでしょう。しかし、礼拝は神さまが私たちを、ご自分の近くに招いてくださるのです。先程、お読みした詩編は、1節から「喜びの叫びをあげよ」「喜び祝い、主に仕え、喜び歌って御前に進み出よ」と、神さまが私たちに向かって呼びかけています。私のいる所に来てごらんなさい。喜んで主に叫んでみなさい。そう言って、私たちを礼拝へと招き入れようとされるのです。私たちが礼拝を求める以前に、神さまが礼拝を望んでおられるのです。私たちが生きている生活から礼拝へと出て行くようにと促しておられる。礼拝に招いている。その主なる神さまの御心に従って礼拝へと一歩踏み出していくのです。

この詩編は、私たちに「喜び祝え」と促している。もっと強く言えば、命じています。「喜べ」と。このことは、私たちには可能なことでしょうか。実際に生きている自分の生活を振り返って、どこに喜びがあると言えるでしょうか。思いがけない問題に悩むこともある。自分が失敗したり罪を犯して悔やむこともある。あるいは将来への不安がある。そういう苦しみを抱えて、この礼拝の場に立っています。それだのに私たちは喜べるでしょうか。心の底に喜びが溢れてくるでしょうか。今日の詩編は、そのような私たちに向かって、顔を上げよ、喜べ、喜んでよいと命じています。週報の下には、ネヘミヤ記8章10節の御言葉が記されています。「悲しんではならない。主を喜ぶことは、あなたがたの力の源である」と。

その喜びの源はいったい何でしょうか。なぜ悲しみが喜びに変わるのはなぜでしょうか。3節で「知れ、主こそ神であると。主はわたしたちを造られた。わたしたちは主のもの、その民 主に養われる羊の群れ。」と。聖書は「主はわたしたちを造られた」と言っています。このことは、神が人を造られたという人間創造のことではありません。神さまが、私たちを新しい人間に造り変えられたのです。私たちが自分で新しくなったのでも、神の民になったのでもない。そんなことは、私たちにはできないことです。自分を造り変えることは、私たちには不可能なことです。一所懸命自分を変えようと努力しますが、そんなことはできないのです。しかし、神さまにとって不可能なことはないのです。私たちを全く新しい人に造り変えてくださったのです。先程申したように、私たちは、この世で様々な困難や試練に遭うことがあります。いっぱい失敗し、罪を犯すことがあります。自分でも情けない人間だと悔やむことだってあります。しかし忘れてならないのは、私たちが信仰を持つことも、罪と死から救われるのは、自分の力でも努力でもないのです。神が私たちを造られたのです。どんなに困難があっても、自分の罪や不信仰が大きくても、神さまは私たちを見捨てることがないのです。あなたは私の大切なものだと言ってくださるのです。

だからこう言っています。「わたしたちは主のもの、その民 主に養われる羊の群れ」聖書にはたくさん羊飼いと羊の関係が描かれています。教会の幼稚園のシンボルは羊です。イエスさまがお語りになった譬え話を思い起こすことができます。100匹のうち一匹が見失った羊飼いが、99匹を置いてどこまでも探しに出かけるのです。羊は羊飼いがいなければ、生きていけないほど弱い存在を表しています。自分の力では何もできない無力な者だというのです。それが私たちのありのままの姿だと言ってよいのです。旧約聖書では、民を導き守る王さまが、羊飼いであると例えられていたというのです。けれども、実際は羊飼いのように、1匹の羊を、どこまでも探し回るような心の優しい王は、どこにもいなかったのです。私たちの周りを見ても、どうでしょうか。自分の民を心から愛し、そのために自分が犠牲になってもよいという政治家や権力者がどこにいるでしょうか。そういう意味で、私たちの世界のどこにも、そういう羊飼いはいないのです。私たちは知っています。この羊飼いはイエス・キリストに他ならない。イエス・キリストがご自分の命を捨ててまで、私たちを愛し、救われるまことの羊飼いだということ。今、この礼拝に集められている私たちは、羊飼いであるイエスさまによって、羊の群れに加えられているのです。教会はイエス・キリストという羊飼いによって導かれ、守られている群れであるということです。だから、私たちは、ここで喜ぶことができる。本当に愛されて、主の恵みの中に置かれている、その自分を見いだすとき喜びが与えられるのです。心に喜びが溢れてくるのです。

この詩編の後半は、喜びと共に「感謝」の賛美が歌われています。4節からこう歌われています。「感謝の歌をうたって主の門に進み 賛美の歌をうたって主の庭に入れ。感謝をささげ、御名をたたえよ」昔、イスラエルの民が、神殿に賛美を歌いながら入場したとき、この詩編は歌われたと言われています。イスラエルの遠くからも、巡礼の旅を続けながら、幾多の苦難を乗り越えて神殿に向かっている。しかし、目的の地、神殿が見えたならば歓喜の賛美が歌われるのです。彼らの口から、不平やつぶやきが出てくるのではありません。神を感謝する歌声が心の底から溢れ出てくるのです。神を喜ぶということは、神を感謝することと一つに重なり合っている言うことができます。その賛美がこう歌われています。「主は恵み深く、慈しみはとこしえに、主の真実は代々に及ぶ。」ここには、神さまは私たちにとってどのようなお方であるかが明らかにされています。「主は恵み深い」これは、神さまは善なる神だというのです。神は悪意を持っておられないお方だ。私たちに善きお方として出会ってくださる。

「慈しみ」はアーメンの元になった言葉であった。私たちが礼拝の中で、祈るとき、賛美を歌うときアーメンと言う。それは、まことに真実にという意味です。私たちが、今ここで感謝の賛美を捧げるのは善であり、真実な神さまに向かってであるということです。自分を振り返ると、どこにも良きものも真実もないのが私たちの実際であるかもしれません。いつも自分や人を欺いて生きているのです。神さまを愛することにも、人を愛することにも真実があるでしょうか。人を愛そうとしても、愛せなくなることもあります。神さまに従って生きようとしても、自分の思いのままに生きているのが本当の私たちです。しかし、神さまはそういう私たちに対して善きお方であり、真実なお方だと、聖書は告げています。先程申したイスラエルの民が礼拝のために旅を続けてきた。その人たちは、神さまの前に出ることができる資格があったのか。自分たちは善であり、真実であり、どこにも汚れや罪を持っていないと、胸を張って神さまの前に出て行ったのでしょうか。そうではないと思うのです。どこにも自分たちの中に誇るものはない。神さまの目から見れば、どこにも善きものがない。たくさん失敗し、罪を犯している。それでも感謝を捧げることができる。それは神さまが真実なお方、アーメンのお方であるからです。

この神さまの真実は、聖書全体に貫かれています。人間がどんなに罪を犯して、神に逆らってもです。神に捨てられる愚かしいことをし続けてもです。そういう私たちを、神さまは真実をもって愛してくださるのです。その真実を私たちの中に明らかにするために、神さまはご自分の独り子、イエス・キリストをこの世界に送られました。真実な愛を具体的に、一つの出来事として起こされた。それがこの前に掲げてあります十字架です。神の御子であり、一つも罪を犯したことがない主イエスが、なぜこの十字架の上で惨たらしい仕方で死ななければならなかったのか。それは、どこまでも私たちを赦し愛してくださるためです。赦されるはずのない罪人をそのままで受け入れ、愛してくださった。真実を貫かれたからです。二千年前の主の十字架によって、この私が救われている。小さく、力のない羊であるこの私をどこまでも探し求めてくださったのです。ですから、今ここに集まっている私たちは、みんな神さまの子どもとされている。そう信じてよいのです。そのイエス・キリストの真実な愛に触れるとき、私たちの中に感謝が溢れて、賛美の歌を歌い始めるのだということです。

この詩編は、神殿に向かって歩み続ける巡礼の歌だと申しました。この巡礼の旅はまだ続きがあります。それは神殿で礼拝を終えて、再び自分の住んでいるところへと向かって歩む新たな旅の始まりであります。私たちもそうです。この礼拝の場にずっと居続けるのではありません。それぞれの生活の場へと再び戻っていくのです。家庭であり、職場であり、学校であり、そこには、様々な問題が山積みになっているところであるかもしれません。どうしてこんなことがあるのかと、呻きの声を上げるような現実が待っているかもしれません。けれども、忘れてならないのです。神さまの愛はどんな場合であっても、決して失われることも、無くなることもない。その愛が今、私たちに溢れるばかりに注がれています。だから、私たちはこの場を出て行くときも、賛美を歌うのです。神さまの御名をほめたたえる。その賛美の歌声を響かせ、喜びに満たされて、信仰の旅を続けていきたい、そう願います。


                         (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)