説教のページ(音声版)
                                                         
                                                    


      人の子の到来」                                
                             
            イザヤ書 24章10〜16節
                                        マタイによる福音書 24章15〜31節


                                         (2019年7月14日 主日礼拝説教) 

マタイによる福音書が告げていますイエスさまの説教をお読みしました。この説教は25章の終わりまで続いております。そこに一貫して語られているのは終末のメッセージです。私たちの生きているこの世界にピリオードが付けられる時が来る。その時に何が起こるのかということを、イエスさまは明らかにされました。聖書の中にヨハネの黙示録がありますが、これはイエスさまの黙示録と呼ぶことができます。ずいぶん前に「地獄の黙示録」という映画がありました。実際この映画を見たわけでありませんが、そこに描かれているのは、恐ろしい出来事が次から次へと起こる。そして最後にすべてが終わってしまう。そういう映画であったと聞いております。ですから、私たちは黙示録と言うと、恐ろしい世の終わりが描かれている、そういう印象を持つかもしれません。私が昔、東京に住んでいた時、たくさんの人が集まっている駅前で、まだ少年位の外国人がラウンドスピーカーを背中に背負って、ビラのようなものを配っていました。そのスピーカーから、間もなく世界の終わりが来るから、早く悔い改めなさいという声が響いていたことを思い起こしました。そのような伝道をするキリスト教があります。裁きの聖書の言葉だけを抜き出して、黒い看板に書いたものを貼りつけている人たちもいます。この世の終わりを告げて、人を恐れさせて信仰へと導こうとするのです。黙示録の「黙示」というのは、神さまの特別な秘密を明らかにするという意味があります。神さまの支配がこの世界にどのように実現していくのか。それは人間の理解や考えを遙かに越える神のなさり方がある。この世界の終わりについての秘密を、イエスさまはこの説教を通して示しておられるのです。それは、私たちを恐ろしがらせるためではありません。自分が本当に救われているのか、滅びるか、不確かになったり、不安に陥れるために語られたのではありません。そうではなく、この御言葉の中にも、確かな救いが示されている。私たちの信仰を励まし、力づける希望を慰めの言葉を聴き取ることができるのだということです。

15節以下にこう言われています。「預言者ダニエルの言った憎むべき破壊者が、聖なる場所に立つのを見たなら―読者は悟れ―、そのとき、ユダヤにいる人々は山に逃げなさい。屋上にいる者は、家にあるものを取り出そうとして下に降りてはならない。畑にいる者は、上着を取りに帰ってはならない。それらの日には、身重の女と乳飲み子を持つ女は不幸だ。逃げるのが冬や安息日にならないように、祈りなさい。そのときには、世界で初めから今までなく、今後も決して起こらないほどの大きな苦難が来るからである」この主のお言葉は、歴史の中で起こった出来事を指し示していると読むことができます。しかし、ここで語られているのは、終末の時に私たちに降りかかってくる大きな苦難が起こるというのです。「預言者ダニエルの言った憎むべき破壊者」というのは、教会を苦しめる迫害者だと言ってよいのです。神さまがこの世界にご自分の御心を現そうとするときに、破壊者たちが信仰者たちに立ち向かってくるのです。その破壊者は、私たちを神さまから引き離して、滅びへと引きづり込むために挑んでくるのです。そういう試練が私たちに襲ってくる。イエスさまはとても興味深い警告をなさっておられるのです。直ちに逃げなさい。後ろを振り向かず全力で逃げなさい。財産も持ち物も振り切って真直ぐに逃げなさい。東日本大震災のとき、怒涛のように押し寄せてきたあの津波の悲惨さを思い出すことができます。ただひたすら、人々は山に登って自分の命を守ろうとした。イエスさまは、殉教を覚悟して自分の命をかけて迫害者と立ち向かえと教えられたのではありません。そうではなく、逃げていいのだ。全力で逃げたらよい。滅びに呑みこまれてはならない。そう言われるのです。使徒言行録には、主の弟子たちから始まった教会が、何度も迫害に遭い押しつぶされそうになった様子が記されています。そのとき、弟子たちは迫害と勇敢に戦ったのではありません。この世の力を前にして逃げ出したのです。逃げることが信仰の戦いであったのです。どこに逃れるのでしょうか。私たちの信仰がこの世の迫害から守られる所はどこなのでしょうか。20節に「逃げるのが冬や安息日にならないように、祈りなさい」とあります。逃れるのは、ただ一つ神に祈るためです。祈りの中に逃れるのです。祈っているならば、そこにどんな恐ろしい力であっても入って来ることができない。祈りの中に自分の隠れ家をもっている。それによって迫害に耐えることができるということです。祈りは必ず聞かれるからです。ですからイエスさまは言われます。「神がその期間を縮めてくださらなければ、だれ一人救われない。しかし、神は選ばれた人たちのために、その期間を縮めてくださるであろう。」試練や迫害が襲ってきたならば、自分の力で立ち向かうのではありません。祈ることで信仰に留まり続けるのです。その祈りを神さまは聞き届けられるのです。私たちに大きな力が襲って来ても、しばらくの間だけです。今、力を振るっている悪魔的な力は、本当の支配者でないからです。神がこの世界を支配し、歴史をも御心によって導いておられる。どんなに酷い苦しみであっても、苦しみ続けるのではありません。それはしばしの間だけです。必ず終わりのときが来るのです。その終わりを私たちは知っている。だから、祈りながらそのときを待ち望むことによって信仰に耐えることができるのだということです。

23節以下には偽メシア、偽預言者による惑わしが警告されています。終わりのときの偽メシアの出現については、先週の箇所にも言われていました。私たちの周りに「ここにメシアがいる」「いや、ここだ」という声が響く。26節には「見よ、メシアは荒れ野にいる」「見よ、奥の部屋にいる」とありますが、荒れ野は預言者ヨハネが活動したところです。奥の部屋というのは、秘密の場所にメシアが潜んでいると言われていた。その偽りのメシアは大きなしるしや不思議な業を行うのです。人々をアッと驚かせる奇跡や、魔術によって人を引き付けて、滅びへ引きづり込もうとするのです。そういう偽りのメシアが、信仰者たちを惑わすのです。しかし、それが終わりのときではありません。私たちに生きているこの世界に迫害が起こったり、また偽預言者や偽メシアが我が物顔でしたい放題している。まさに世界が罪によって混乱している状態を表しています。そのような混乱の世界の中に置かれている、それが今の私たち現実ではないでしょうか。教会も、またその混乱の中でうろたえ、不安になっている。この世界はどうなってしまうのかという恐れが私たちに出てくるのです。偽預言者や偽メシアの方が、この世では圧倒的な力をもってからです。

29節にこう言われています。「その苦難の日々の後、たちまち太陽が暗くなり、月は光を放たず、星は空から落ち、天体は揺り動かされる」聖書の一番初め、創世記1章に記されています。神は、この世界、天も地も、月も星もお創りになった。しかし、その神が創られたこの世界も、もっと広く言えば、限りなく広がっている宇宙にも人間の罪が満ちているのです。しかし罪が覆っているこの世界を神さまは放っておかれない。一新されるのです。

30節には「そのとき、人の子の徴が天に現れる。そして、そのとき、地上のすべての民族は悲しみ、人の子が大いなる力と栄光を帯びて天の雲に乗って来るのを見る。」これは終末の時に起こる救いをはっきり告げている主の約束です。ここでは見逃してならないのは「人の子」という呼び名です。元の言葉では「人間の子」と書かれています。この「人の子」というのは、旧約聖書の時代から、ユダヤ人であれば誰でもよく知っている呼び名であった。普通の人間の子どもという意味ではなく、神が遣わされる救い主、つまり、それはメシアを指し示す呼び名であったということです。この「人の子」という言葉をこの福音書の中で、イエスさまが繰り返して使っておられるのです。それはご自分のことを、人の子と呼ばれて、その「人の子は、祭司長たちや律法学者たちに引き渡される」と、ご自分の十字架の死を予告するときに用いられたのです。先週申したように、この世界の終わりのとき、イエスさまが私たちのところに再び来られる、それを「イエス・キリストの再臨」というのです。その再臨においてこの世界に来られる主は栄光に満ちて力がある。そしてすべてを裁くために来られる主である。そのことと、この地上で十字架に架けられ殺されたイエスさまとは全くかけ離れていると思うところがあります。再臨のキリストはずいぶん厳しいお方で、十字架のお架かりになるのは愛に満ちたお方である。そのように同じキリストを二つに分けてしまうことがあるのです。けれども、ここで言われている人の子は、2千年前十字架のお架かりになった主イエスです。そのお方が再び私たちを訪れてくださる。そのことを信じるのが終末の信仰です。

30節に「そのとき、人の子の徴が天に現れる」とあります。この天に現れるしるしとはいったい何か。それは先程申したアッと驚くような奇跡のしるしではありません。ある人は、天に十字架にお架かりになった主イエスのお姿が現れると言っています。天を仰ぎ見ると、その十字架に架けられたままのイエスさまがご自分の手を広げて招いておられる。その主イエスの手には、鮮やかに十字架の傷跡が残されている。その十字架の手を広げて、私たちをご自分のもとへと招かれるのだと。そう言っています。とても慰めに満ちた再臨の主のお姿を見ることができるのです。先程申したように、私たちの周りはまさに混沌としている、信仰を奪い取ろうとする恐ろしい力が迫ってくる。迫害の嵐にさらされる。そのような世界に、主が再び十字架の主として来てくださる。それはどれほど深い慰めであり、確かな希望であるかを知らされるのです。

さらにイエスさまはこう言われます。「その人の子は大きなラッパの音の合図にその天使たちを遣わす。その天使たちは、天の果てから果てまで、彼によって選ばれた人たちを四方から呼び集める」。ここには最後のときに起る壮大な救いが描かれています。主イエスが私たちのところに天使を遣わされる。そして私たちを呼び集めるのです。それはいったいどこへと呼び集めてくださるのか。それは新しい世界、決して朽ちることのない永遠のいのちの世界へと呼び集められるのです。終末は世界にただ終わりが来るだけでない。そうでなく、新しい救いの世界が実現する。そこへと私たちを招き入れるために呼びかけておられる。さあ、あなたもここに来なさい。ここでまことのいのちを受け取りなさいと呼びかけられる。私たちが立派な信仰を持っているからではありません。最後まで信仰を捨てないという覚悟を持っているからでもない。そうではなく、私たちをすでに救いへと選んでくださっている。どこにも救われるものを持っていない。いやそれどころか、イエスさまを捨ててしまうような愚かな罪に生きている私たち一人ひとりを憐れみのゆえに選び、新しい救いの世界に来るようにと呼びかけてくださっているのです。私たちが滅びから救われるのは、この主の言葉をその通り、アーメンと言って信じる以外にない。主の招きに「はい、あなたのところに行きます」と答えるその信仰を確かにしたい。そこにまことの希望に生きる道が拓かれるのです。


                         (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)