説教のページ(音声版)
      

                                                           
(音声はありません)

                                                            


      失われた者を探す
                                        イザヤ書 43章1〜7節
                                        ルカによる福音書 19章1〜10節
  


                                        (2017年5月14日 母の日伝道礼拝説教) 
  

今日は母の日を憶える礼拝です。日本でも5月第二日曜日を母の日として、カーネーションを贈ったり、プレゼントして感謝を表すことが定着しています。元々アメリカの教会から始まった行事ですが、広く行われるようになりました。先週の金曜日、幼稚園では「お母さん大好き、神さま、お母さんをくださってありがとう」と讃美歌を歌って、礼拝しました。母の日が教会で憶えるようになったか。ただ母に感謝を表わすだけではないからです。母の愛の背後には、神さまの愛があるからです。神さまが愛してくださって、母が与えられたからです。神さまなしに、私たちに母はいないからです。その神の愛に感謝して、母にも感謝を表わすのが、母の日ではないかと思います。

母の日に与えられた御言葉は、ルカ福音書のザアカイの話です。よく取り上げられる物語ですから、もう何度も聞いた人がおられるでしょう。私も物心つかないほど小さいときから、日曜学校で繰り返し聞いた話です。幼稚園や日曜学校の子どもたちによく話すことのある、とても有名な話です。

なぜ聖書にザアカイの名前が記されているのでしょうか。聖書には、名が記されない人もいますが、ザアカイという名前がはっきりに記されています。ある人の説明によりますと、このザアカイは、後に教会の指導者、牧師になったと言われています。教会の頭になったのです。そのザアカイは、自分がどうして牧師になったのか。救われたのか。イエスさまの弟子になったのか。そのことを喜んで何度でも何度でも語ったのではないでしょうか。ですから、このザアカイの名前が聖書に残されている。ザアカイに起こった神の救いの出来事が、今私たちにも語られているのです。

このザアカイは、エリコという町で徴税人の頭で、金持ちであったとあります。今ふうに言えば、エリコの町の税務署の署長さんです。ザアカイというと、お隣の桜木教会で牧師をしておられた山上先生のことをすぐ思い起こします。山上先生は、牧師になる前、東京の世田谷区で税務署の役人をしていました。自分は、昔ザアカイをしていたと、よく言っておられました。山上先生は公務員で、公正な仕方で税金を集めていましたから、このザアカイとは全く違っています。この当時のユダヤ人は、自分たちを支配し苦しめるローマ帝国に税金を納めなければならなかった。ローマが直接税金を集めるのではなく、徴税人をユダヤ人に請け負わせていました。ユダヤ人の敵国の手先になって税を取り立てるのです。その徴税人になれば、決められた以上に取り立てることができる。それを自分の懐に入れるという旨みがあったのです。ですから、ユダヤ人の中にも、ローマのために徴税人になる人がいた。それによってザアカイのように、たくさんの財産を得て、金持ちになることができる、そのような仕組みでした。八節でザアカイが言っているように「だれかから何かだまし取って」いたこともあったし、人を脅して無理やりお金を取り上げることもしていたのです。徴税人ザアカイは人々から「あの罪深い男」と呼ばれています。この罪深いというのは、犯罪を犯したという罪ではありません。それは信仰的な意味で、神さまの救いや恵みからずっと遠く離されている。もっと言えば、神から見捨てられていると見なされていました。ユダヤ人たちは、徴税人を罪人と呼んでいた。どこにも救われるものをもっていない。人間としての尊厳や生きる価値を持っていない。そういう蔑みの目で見られていた。それがザアカイでした。

人間として受け入れられない、認めてもらえない、そのザアカイに決定的な出来事が起こるのです。それはイエスさまとの出会いによって起こったのです。私の好きな四文字熟語があります。それは「一期一会」という言葉です。これは千利休から始まった茶道の心得を表わしています。お茶の席は二度と繰り返されない一生に一度の機会になるので、主人もお客も誠心誠意を尽くすのです。私たちの人生にも、様々な出会いがあります。何も起こらない通りすがりの出会いもあれば、あのとき、あそこで出会ったことで、人生が全く違ってしまうという出会いもあります。その出会いも自分が願う出会いでなく、向こうからやって来る出会いもあります。まさに運命的な出会いを経験することがあります。徴税人ザアカイがイエスさまに出会った。いや自分から出会ったのではなく、イエスさまの方から出会ってくださった。それによってザアカイの人生は決定的に変えられる。そのような出来事が起こったのです。

イエスさまがエリコの町を通られる噂を聞いたのかもしれない。イエスという男はどんな人物なのか、興味があったのでしょう。イエスさまの弟子の中には、元々徴税人をしていた人もいましたし、よく徴税人と一緒に食事をしていたことも知っていたのでしょう。そのイエスさまを見たいと願っていたのです。一目見ればいい、その程度の軽い出会いを求めていたのです。けれども、「背が低かったので、群衆に遮られて見ることができなかった」のです。ザアカイを描いている絵本を見ますと、イエスさまが通られる道沿いに大勢の群衆がいて、見られないように邪魔をしている場面が描かれています。これまでザアカイに酷い目に遭わされた町の人たちが、このときばかりと立ちはだかって意地悪している。ザアカイは背伸びして見ようとしている。しかし彼は背が低いのです。これは生まれつきの体です。どうしようもないことです。これによってコンプレックスを生み出すことがあります。私は反対に生まれつき背が高い。小学校のときから、後ろから2番目、3番目位でした。背が高いと人から羨ましがられることもあった。けれども、運動神経がよくないので、それだけでよく目立つのです。ですから背が高いことが苦痛になっていました。だれもが人と自分を見比べて、劣等感やコンプレックスを持つのです。自分は人よりも背が低いとか、背が高いとか、自分で自分が嫌になる。自分を愛することができなくなるのです。おそらく、ザアカイも背が低いことを卑屈に思ったのかもしれません。

けれどもザアカイは、イエスさまを見ることを諦めなかったのです。背が低いなら木に登って、そこからだれにも邪魔されることなく、ゆっくりイエスさまを見ることができる。そう思った。イエスさまを見れば、それでよいと思った。それ以上に出会うことを求めていたのではありません。一目イエスさまを見れば、それでいい。それがこの時のザアカイの思いです。

しかし、イエスさまの思いは、そのザアカイの思いに逆らっています。こう書かれています。「イエスはその場所に来ると、上を見上げて言われた。『ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい。』」イエスさまは、ザアカイを探されるのです。隠れて見ているだけのザアカイを一所懸命探される。今日のザアカイの物語は、ザアカイ発見の物語と言ってよいのです。なぜ探されるのでしょうか。今日の最後、10節でイエスさまは言われます。「失われた者を探して救うために来たのである。」ザアカイは失われていたのです。失われたというのは、いないのではないのです。いるのですが、いるべきところにいない状態です。本来あるべきところにあるものがそうでない。本当の姿を失っているのです。そこに人間の深い問題があるのです。

創世記3章には、最初に創られたアダムとエバが、蛇に誘惑されて、食べてはならないエデンの園の中央に生えていた善悪の知識の木の実を食べてしまったという話があります。神の言葉に背いた二人は、主なる神の顔を避けて隠れていた。神の前に出ることができなかったのです。そのとき、主なる神は言われます。「どこにいるのか」と。神の言葉に従え得なくなった人間は、自分を失うのです。神の前に生きることが本来の姿であった。神と共に生きることが神に創られた人間の本当の姿であった。しかし、それが失われたとき、自分が何をしているのか分からないのです。そういう人間に神さまは呼びかけられるのです。「あなたはどこにいるのか」と。神さまから離れている状態が失われているのです。神なしに生きている。それは本来の人間の姿ではないのです。その人間を神さまはどこまでも探されるのです。あなたはどこにいるのか。イエスさまは、ザアカイを探し求めておられるのです。なぜなら、ザアカイも失われていたからです。人間としての本来の姿を失っていたからです。神さまとの関わりだけでなく、人との関わりも断ち切られていたのです。誰からも愛されることも、人から認められることもない。失われていた存在であった。そのザアカイを探し求めて出会われるのです。

今日、ぜひあなたの家に泊まりたい。」と言われました。「ぜひ」この言葉には、そうしなければならないという神さまの意志が込められています。それは神さまの強い御心です。ザアカイがどう思うとも、他のユダヤ人たちがどう思うとも、神さまがこのザアカイの家をお訪ねになる。そこに御自分の救いをはっきり現される。そのようにしてイエスさまは、ザアカイの救いを成し遂げようとなさるのです。その神さまの強い意志に応えるようにして、ザアカイは急いで木から降りてきます。このときどれほどザアカイは喜びに満溢れていたのでしょうか。これまで、だれとも関わりもなかった。訪れてくれる友人は一人もいなかった。邪魔者扱いされていた、けれどもイエスさまが訪ねてくださる。ザアカイの家のお客になってくださる。それは神の愛の出来事です。ザアカイを深く神さまが憐れみ、探し出そうとなさった。それがザアカイに起こった救いの出来事です。

この救いによってザアカイに何が起こったのでしょうか。「主よ、わたしは財産の半分を貧しい人々に施します。また、だれかから何かだまし取っていたら、それを四倍にして返します。」だれかから、そうしなさいと言われたのではありません。立派な良い人間になろうと改心したのでもないのです。これまで、人を脅して財産やお金を得て、それで心を満たしていたのでしょう。寂しさを物やお金で満たしていたのかもしれません。けれども、もうそうする必要がなくなったのです。お金や物で得られる喜びではない。そうではなく、自分が見出され、愛されていることがどれほど大きな喜びであったのか。イエスさまが自分の家に訪ねてくださった。自分のような者をそのままで愛してくださった。そのことをザアカイは喜ぶのです。本当の喜びを知ったのです。これがあれば、もう自分は生きていける、その喜びに満たされたとき、これまで生きがいであったお金やものはどうでもよくなったのです。自分の手に握りしめていたものを喜んで手放すことができるようになった。これがイエス・キリストとの出会いの出来事です。人がそのように全く新しい姿に、生き方へと変えられる。神さまから愛されて、ザアカイの人生が決定的に変えられたのです。

先程、イザヤ書43章の御言葉をお読みしました。この言葉が告げられたとき、イスラエルの民は深い絶望を味わっていました。自分たちの国が滅んでしまった。信仰の拠り所であった神殿も破壊されてしまう。外国との戦いによって、自分の愛する家族を失った。それだけでなく、多くの国民が遠い異邦の地まで連れ去られてしまうのです。神から見捨てられて、どこにも光が見えないほどに絶望し途方に暮れたのです。そのとき、預言者は、神の呼びかけを語ったのです。「ヤコブよ、あなたを創造された主は、イスラエルよ、あなたを造られた主は、今、こう言われる。恐れるな、わたしはあなたを贖う。あなたはわたしのもの。わたしはあなたの名を呼ぶ」と。この神が呼ぶそのみ声を私たちは今日、ここで聞くのです。イエスさまは言われます。「今日、救いがこの家を訪れた」今日、それは、この御言葉が私たちに告げられている、ただ一回限りの今日です。今、ここにいる一人ひとりにイエス・キリストが出会ってくださっています。そして私たちに「あなたはわたしのものだ」と言ってくださるのです。この救いを、そのままアーメンと受け取っていきたい、そう願うものであります。

                     (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)