説教のページ(音声版)
                                           
                                                             
                                                    


      いのちの希望
                                        詩編 130篇1〜8節
                                        マタイによる福音書 9章18〜26節
  


                                        (2017年11月26日 主日礼拝説教) 
  

昨日、教会の牧師室から外を眺めていますと、鉛色のどんよりした雲が空全体を覆っていました。秋から冬にかけての季節は、北陸特有の暗い、愁いに満ちた天候が続いています。私たちの心も暗く沈んでしまうように思われます。私が10年前、燦々と太陽の光が降り注ぐ四国から、この金沢の地に移り住んだ頃、この気候に馴染むことができませんでしたが、最近、多少慣れてきました。しかし、暗く打ち沈んでしまうのは、天候のだけなく、私たちの心の中ではないでしょうか。自分の力をいくら振り絞っても、見通しが立たないことがあります。とりわけ、体に様々な弱さが出てくる。次第に歳を重ねると、体のあちこちに弱い部分が出てくる。教会の中にも、そのような弱さのために、施設に入っておられたり、礼拝に出られなくなった方がおられます。そのような体の弱さを抱えて生きることは、辛く悲しいことです。しかし、それでも、私たちは、悲しみの中に打ち沈んでいるわけにはいかないのです。御言葉を聞くことによって、確かな希望を見ることができる。その希望を見ることによって、体は衰えていくとしても、主に対する信仰は健やかにされるのだということです。

今日お読みした聖書の箇所に、人間の可能性がどこにも見えなくなり、見通しが全く絶たれてしまった二人の人が出てきます。一人は自分の愛する娘が死んでしまった指導者、もう一人は12年間出血するという病気を抱えていた女性。この二人が、イエスさまによって癒され、生き返らされたという二つの癒しの話が絡みつくようにして語られています。この話は、他の福音書にも記されていますが、それと読み比べますと、このマタイの方では、例えばこの指導者がユダヤ教の会堂司ヤイロという人であったこと、死んだ娘が12歳であったこと、病気であった人が、ひどい苦しい目に遭っていたということは、一切省かれていまして、主の癒しの出来事に集中するように、とても短く凝縮して描かれております。

18節にこう書かれております。「イエスが、このようなことを話しておられると、ある指導者がそばに来て、ひれ伏して言った。『わたしの娘がたったいま死にました。でも、おいでになって手を置いてやってください。そうすれば、生き返るでしょう。』」「イエスが、このようなことを話しておられると」これは、3週間前の説教で取り上げました、イエスさまのところに洗礼者ヨハネの弟子たちが来て、なぜ、あなたがたは断食をしないのかと問うたとき、もうすでに花婿が来ている。結婚の祝宴が始まっている。それなのに、断食をして悲しむことができるであろうかと、お答えになられたところです。すでに救い主に共におられるならば、どれ程大きな喜びがあるのかと、言われました。その喜びのただ中に、まるで不意打ちを食らうように、死の知らせが飛び込んでくるのです。「わたしの娘がたったいま死にました」。私たちにも、突然死が飛び込んでくる経験をします。思いがけない仕方で、死の現実に向き合わされることがあります。牧師としておりますと、夜遅くに電話がかかってきますと、どきっとすることがあります。教会の誰かが亡くなったのかもしれない。喜びが溢れているところに、飛び込んでくるようにして、死が私たちに訪れるのです。しかし、この主イエスがお語りになった、断食して、悲しむことができるであろうかという喜びをその死の知らせが打ち消してしまうのでしょうか。救い主が来られたという喜びは、死に対して無力のままなのでしょうか。一時的な気休めの喜びに過ぎないのでしょうか。この死の知らせに対して、イエスさまは立ち上がったのです。ご自分の身を起して、そしてその死の現実のただ中へと向かわれたのです。人間の不可能の最たる現実、全くお手上げになってしまう死の力に立ち向かうために、出て行かれるのです。

会堂司の家に急いで向かっているイエスさまの足を留めるようにして、一人の女性が割り込んできました。こう書かれております。「すると、そこへ十二年間も患って出血が続いている女が近寄って来て、後ろからイエスの服の房に触れた。『この方の服に触れさえすれば治してもらえる』と思ったからである。」この人の病は、婦人病の一種であったと思われます。「12年間も」この言葉には、この人の人生の苦しみが凝縮されています。ただ肉体の苦しみ以上のものであった。血が流れ出るこの病気は、当時のユダヤでは汚れからきていると見なされて、人に近づくことができなかった。家族とも離れて生活しなければならなかった。ですから、この人は正面からイエスさまに救いを求めたのではありません。後ろから、そっと分からないように、イエスさまの服の房に触れたのです。

今日の箇所の中で、一つ心に留めたいことがあります。それは、この女性にこう言われた主のお言葉です。「イエスは振り向いて、彼女を見ながら言われた。『娘よ。元気になりなさい。あなたの信仰があなたを救った。』

皆さんは、「あなたの信仰があなたを救った」という主の言葉をどのように聞くでしょうか。この女性のどこに信仰を見出されたのでしょうか。この人にイエスさまが救い主、神の子であるという確かな信仰があったのか。神が遣わしたメシアがここにいる。この方によって救われると信じていたから病気が癒されたのでしょうか。この人がしたことは、ただイエスさまの服に触っただけです。そこには、溺れる者、藁をも掴むという一途な思いがあったはずです。それが信仰と呼ぶことができるだろうかとも思うのです。この人が触ったのは、イエスさまの服です。イエスさまご自身に触れたのではありません。この人の信仰について非難されることがあります。例えば、日本では、仏像やご神体に手を触れるならば病気が治る。外国でも、聖人の像に触れるならば病気が治る。それは迷信の類と言ってよいでしょう。ものに触れることよって御利益を得ることができる。この女性も、病気が治りたいという一心でイエスさまの服に触れたのです。

もう一人の、娘が今死んだという悲しみにあった指導者の場合、信仰をどこに見出すことできるのでしょうか。イエスさまがいのちの主であるという信仰を持っていた。いのちの救い主であるという確固たる信仰を持って、イエスさまに祈り願ったから、娘が生き返らされたのでしょうか。自分の愛する娘が死の力に捕えられてしまった。その悲しみ、人間の無力さのただ中で、主イエスに救いを求めただけではないでしょうか。イエスさま、何とかしてくださいと、すがりついて祈ったのです。それだけです。それが信仰と呼ぶことができるだろうかと思うのです。ひるがえって、私たちの中に信仰があるのでしょうか。神への全幅の信頼があって、いつも主に従っている。そういう信仰に生きているでしょうか。最初に申したように、体のどこかに弱いところがある。体に小さな異変が見つかっただけでも私たちの心は揺れ動くのです。見通しが立たない現実の中で、自分の弱さを知って、神さま何とかしてくださいと、祈る他ないのです。それはたしかに信仰と呼べるようなものではないかもしれません。

すでにお読みした8章に記されている弟子たちの乗った小さな小舟が嵐に襲われたときにも、寝ておられたイエスさまを起こして「主よ、助けてください。溺れそうです。」と言いました。それは弟子たちの切羽詰った、祈りとも言えない叫びです。そのとき、イエスさまは「なぜ、怖がるのか。信仰の薄い者よ」と言われました。信仰が薄いから、恐れるのです。悲しみに打ちひしがれるのです。前が見えなくなって途方に暮れる中、ただ救ってくださいと祈る、そんな小さな信仰でさえも、主イエスは信仰として受け入れてくださるのです。それが信仰であると言ってくださるのです。それは主の愛です。主が憐れみ深いお方であるからです。ですからイエスさまは、この女性の方を振り向き、正面から出会ってくださり、この人の苦しみ、悲しみ、12年間の病との戦いに生きた人生をご覧になられるのです。そして言われます。「『娘よ、元気になりなさい。あなたの信仰があなたを救った。』そのとき、彼女は治った。」この「治った」と書かれている言葉は、「救われた」と書かれています。ただ、病気が治ってよかったのではありません。この人の人生丸ごと、主によって救われたのです。主の憐れみによって救いが起こったのです。それは、この人が服に触れた時ではありません。衣に触れたから病気が治ったのではない。そうではなく、主が出会ってくださり、御言葉を語ってくださった、そのようにイエスさまがその人に触れた、そのとき救いの出来事が起こったのです。この人の存在丸ごとが救われたのです。主の愛に生かされるものとされたのです。

さらに主イエスは死んだ娘の家に行かれた。そこでは葬りがはじまっていた。幼い少女が亡くなったその悲しみを表すために、笛を吹かれ、葬りがなされていた。こう書かれています。「『あちらに行きなさい。少女は死んだのではない。眠っているのだ。』人々はあざ笑った。イエスは家の中に入り、少女の手をお取になった。すると少女は起き上がった。」「あちらに行きなさい」丁寧な言葉で訳されていますが、書かれている元の言葉はもっと激しく「出て行け」と書かれています。死が圧倒的な力を奮って支配している、それに立ち向かって「出て行け」と命じられるのです。そして、この少女は死の力に支配されているのではない。眠っているだけだと。これは驚くべき主のお言葉です。人々が嘲笑ったように信じられない言葉です。この娘は死に絶えたのではない。滅んでしまったのでもない。眠っているのだ。そう言われて、死からいのちと救い出してくださったのです。けれども、ここでイエスさまによって生き返ることができたその少女は、このあと永遠に生き続けたのではありません。何年か先には、死を迎えたのです。そのとき、本当に葬られたのです。生き返らなかったのです。もう一人の女性も、病気は癒されたけれども、いずれ死を迎えなければならなかったのです。私たちもそうです。いずれ、どのような仕方であるかは分かりませんが、地上のいのちの終わりを迎えるのです。そうであれば、この癒しは無駄な出来事であったのでしょうか。一時的な気休め程度の癒しが行われたのでしょうか。

そうではありません。この主の癒しは、御子イエス・キリストの十字架と復活によって成し遂げられた永遠の命を鮮やかに指し示す出来事であったからです。この主の御業は、罪と死への勝利がはっきり語られている、私たちはそのように読み、信じることができるのです。神の子であるお方が、私たちの苦しみも悲しみも、滅びも罪をも、すべてご自分の身に負ってくださり、あの十字架の上で私たちの死を受けられた。その死からいのちへと起き上がられたのです。その十字架と復活によって、私たちに永遠の命の道を切り拓いてくださったのです。だから、死を前にしても決して、もうだめだと悲しみに打ち沈むことがないのです。私たちは、この礼拝堂の中に、教会の仲間の亡骸、自分の愛する家族の亡骸を運び込んで、葬ることをします。その死の現実のただ中で、甦りの主は言われるのです。この人は死んだのではない。死と滅びの力に捕らわれているのでもない。この人は、眠っているだけだ。この眠りから覚める時が来る。復活の朝を迎える。そのとき、死から甦ることができる。この主の御声を聞く。それによって愛する者を天に送ることができるのです。私たちも、この永遠の命の約束の中に入れられている。そのことに希望をもって、信仰の道を歩んでいきたい、そう願うものであります。

                     (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)