説教のページ(音声版)
                                                

                                                          
                                                            


      病を負われる主イエス
                                        イザヤ書 53章1〜10節
                                        マタイによる福音書 8章14〜17節
  


                                        (2017年9月24日 主日礼拝説教) 
  

夏休みに北陸にある教会の中高生キャンプが行なわれます。そのプログラムの最後に、キャンプのまとめを子どもたちが発表するときがあります。そこで、毎年恒例になっているのは、牧師たちに対して質問するということです。率直で面白い質問が出され、それを牧師たちに当てられて答えなければならない。そこで、しばしば質問されるのは、牧師の生活の過ごし方です。子どもたちが普段目にしているのは、日曜日だけの牧師の姿です。礼拝で説教しているのが牧師の仕事であると思っております。そうであれば、日曜日以外の日に、何をしているのか。そういう関心、興味があります。牧師は、日曜日だけ働いている、暇な人間であると思われているかもしれません。私のように、日曜日以外に幼稚園の仕事をしている牧師もいる。また、日曜日の説教のための学びや準備をしている。あるいは、本を読んで神学の学んでいることもあるでしょう。それだけでなく、最も大切なことは牧会をしているのです。ですから、牧師の働きは説教と牧会の二つに尽きるのだと言ってよいのです。その牧会の中で、とても大事なことは、病人や高齢の方を訪問することです。肉体の弱さを抱えている人、教会に足を運ぶことができない人を訪ねて、御言葉を読み、祈ることをします。その人に主の慰めを祈り、癒されるようにと祈ることをします。その説教と牧会という働きは、いったいどこから始まったのでしょうか。

その働きの原点は、主イエスのご生涯にあると言うことができます。イエスさまが、説教と牧会をなさったからです。それは、今読んでいますマタイによる福音書に描かれている、主イエスの地上の生涯を見るとき、そこに明らかになってくるのです。すでにお読みした五章から七章にかけて、イエスさまは山に登られた。山と言っても小高い丘のようなところで、説教を語っておられた。それが山上の説教です。その説教を語り終えられて、山から下りられて、8章のはじめから、立て続けにイエスさまのなさった奇跡の御業、癒しの出来事が記されています。8章1節から、重い皮膚病を患っていた人を癒され、先週お読みしたのは異邦人であった百人隊長の僕を癒された。そして今日お読みした箇所には、ペトロのしゅうとめが熱病で寝込んでいたのを癒されました。そのあと17節にこう記されています。「夕方になると、人々は悪霊に取りつかれた者を大勢連れて来た。イエスは言葉で悪霊を追い出し、病人を皆癒された。」さっと読みますと、何でもない言葉のように思われるかもしれません。しかし、ここに主イエスの地上の生活のひとコマをはっきり見ることができます。先ほど、申しましたように、これまでずっと山上の説教を語ってこられた。そして、癒しの御業を続けて為さった。既に夕方になっている。そのイエスさまのもとに、なお人々が悪霊で苦しんでいる人々、病を抱えている人を大勢連れて来たのです。救いを求めている人たちがやって来た。その人たちを「皆いやされた」のだと言うのです。一日中、働き続けられたイエスさまは、心も体も激しく疲れておられたにちがいありません。しかし、休むことなく、すべての人たちを癒されるのです。自分を顧みることなく、苦しんでいる人、悩みの中にある人を癒し救おうとされた。その救い主しての働きを、ここにはっきり見ることができる。それがイエスさまの地上の生活であったということです。

14節からのペトロのしゅうとめの癒しから見ていきますと、このとき、イエスさまはペトロの家に入られた。このペトロは、かつてガリラヤ湖で漁師をしていた時、イエスさまに出会って主の後に従う弟子とされた人です。弟子の中で、リーダーのような立場であった。そのペトロの義理のお母さんであった。そのことから、ペトロは既に結婚して、妻がいたということが分かります。そのお母さんが熱病にかかっていたのです。どんな病気であったのか。イエスさまが、病気を知ってペトロの家に行かれたのか。ペトロに家に行ったときに病気で苦しんでいたことが分かったのか、そのことは分かりません。あるいは、このしゅうとめがイエスさまを知っていたのか。前回の百人隊長のように、見事な信仰を言い表すことができた。そのような信仰を持っていたのかも分からない。分からないと言うよりも、そのことは、全く触れていない。そのことには、全く関心がないように、ただペトロの家に入って、しゅうとめを癒されたという事実だけが記されているのです。そして、そのあとに続く、大勢の悪霊に取りつかれた人、病人の癒しについても、ただすべての人を癒されたということだけが記されているのです。

病気になるということは、私たち、肉の体をもって生きている者にとって避けて通ることのできない悩みであり、大きな困難であると言えます。大人でも子どもでも、誰もが病気になってしまうのです。いくら健康に気を付けていても、病気になることがあるのです。特に歳を重ねて、自分の老いに向き合うときに、体のどこかに弱ったり、病気を抱えることがあるでしょう。私も、自分自身を振り返って、60歳を過ぎたころから、体の弱さを知らされ、昔のようにもう若くないことを、そして次第に体が衰え、病気にかかって、最後の死に向かっていく。それが人生の最後であることを思わずにはおれません。

しかし、この病の問題は、その人個人だけの苦しみに留まらないのです。14節には「イエスはペトロの家に行き」とあります。ペトロの家に足を踏み入れておられるのです。ペトロのしゅうとめの病気は、その人だけでなく、その家、家族の問題でもあったからです。私たちの場合でもそうです。自分の愛する家族、妻や夫、子どもが病気になると、家族が一緒に悩み苦しみを抱えることになります。そしてどうか癒してほしいと願うのです。その家が病気に侵されてしまう。その家にいる家族が病気の力によって支配されてしまうのです。しかし、イエスさまは、その家に入られるのです。それは、救い主としてです。その家にとっての救い主、癒し主として、ペトロの家に足を踏み入れ、そこに救いの御業を起こされるのです。その後こう記されています。「イエスがその手に触れると、熱は去り、しゅうとめは起き上がって、イエスをもてなした。」8章1節の重い皮膚病を患っていた人のように、ここでもイエスさまはしゅうとめにご自身の手をもって触れておられる。その病んでいる身体に直接手を触れて、熱を去らせたのです。このしゅうとめだけでなく、この家から熱を去らせたのです。病の支配を打ち破って、それを外へと追い出されて、そのペトロの家に救いを実現されたのです。そのあと「しゅうとめは起き上がって、イエスをもてなした」とあります。ここに癒され、救われた者の姿が描かれています。ただ病気が治ってよかったというのではないのです。主イエスへの喜び、感謝の心が溢れてきたのです。このしゅうとめは料理が得意であったかもしれません。起き上がって、料理の腕を振る舞ってご馳走したのかもしれません。この「もてなした」というのは「仕える」という意味があります。英語で言えば「サービス」です。僕が主人に仕えるように主の前に身も心も低くするのです。もっと言えば、主を喜び、礼拝するというのです。そのような信仰が生まれたのです。ペトロだけなく、その家族の者も、主の救いの御業にあずかることができたというのです。その主の救いの御業は、その後に続いています。多くの悪霊に取りつかれた人たち、病気の人たちが連れて来られた。その一人、一人を残らず、すべての人たちを癒されたのです。

その最後17節にこう言われています。「それは、預言者イザヤを通して言われていたことが実現するためであった。『彼はわたしたちの患いを負い、わたしたちの病を担った。』

これは、イエスさまの救い主としてのご生涯を書き残したマタイ、この福音書の記者の言葉です。先ほど、イザヤ書53節からの御言葉をお読みしました。これは、イザヤによる「苦難の僕」と呼ばれる歌です。この僕とは、いったいだれであるか。それは、神がイスラエルに遣わされるメシア、救い主を指していると、読まれ信じられている預言の言葉です。私たちは、このイザヤの言葉を、レント、イエスさまの十字架のご受難を覚える季節に読むことをします。私たちも、ここに預言者が告げていたメシア、救い主のお姿をイエス・キリストのご生涯、それは十字架へと歩まれる、その歩みにおいてはっきりと見ることができるからです。イザヤ書53章4節以下をもう一度お読みします。「彼が担ったのはわたしたちの病、彼が負ったのはわたしたちの痛みであったのに、わたしたちは思っていた。神の手にかかり、打たれたから、彼は苦しんでいるのだ、と」ひとりの僕が誰からも忌み嫌われる病になったのは、私たちの病と悲しみを担い続ける姿であったというのです。しかし、自分たちは、それに気が付かないのです。この僕は神に対して罪を犯した、何か悪いことをしたから、神から罰を受け、叩かれ、苦しみを受けているのだと思っているのです。しかし、そうではないのです。5節に言われていますように「わたしたちの背きのためであり」「わたしたちの咎のためであった。」というのです。私たちは思うのです。なぜ、罪を犯したことのない神の独り子が、あの十字架の上で、激しい叫びをあげて、死ななければならなかったのか。それはわたしたちの罪、その病のすべてを負ってくださった。丸ごと担って、十字架の道を歩み抜いてくださった。そのようにして、私たちを罪から、その罪の病から救い出してくださったのです。その主の十字架の姿が、主の癒しの中にはっきり現れている、そう信じているから、このイザヤの御言葉が記されているのです。この病を担われる主のお姿を私たちの心に深く刻みつけたいと願います。

先週、老人ホームにおられるひとりの婦人を訪問しました。脳梗塞の後遺症により、自分の力で起き上がったり、歩くこともできない重い障がいを抱えている人です。その動かなくなった体が、元の健康な体に戻ることはないのです。人間的に言えば、どれ程深い絶望の中にあるかと思わずにはおれません。その人に、今日の御言葉を読み、そして主の慰めと平安を祈りました。この人の病も苦しみも、悲しみも、そのすべてを主が担っておられる。そうしてこの人にも救いを現わしておられる。そうだとしたら、この人は病の力に支配されていなのです。死の力にも支配されていないのです。どんなに重い病に侵されていたとしても、決して絶望のままで終わることはない、そう信じることができる。なぜなら、主イエス・キリストは、死んで墓に入っておしまいになったのではないからです。そのご自分の肉体の死を突き抜けていのちへと甦られたのです。その十字架と復活のいのちに生かされている。そのいのちに私たちはすでに支配されている。ですから、病も死の力も決して恐れることがないのです。この希望に支えられ、生かされて地上の歩みを、天にある御国に向かって歩み続けていきたい、そのように願うものであります。

                     (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)