説教のページ(音声版)
                                           
                                                             
(音声はありません)
                                                    


      豊かな実りをもたらす神の言葉」                                
                             
           イザヤ書 6章6〜13節
                                       マタイによる福音書 13章1〜23節


                                     (2018年6月3日 主日礼拝説教) 

毎週、日曜日の朝、礼拝に集まって何をしているのでしょうか。それは、神の言葉を聴くことをしています。この礼拝の場においてしか聴くことのできない言葉を聴くのです。私がここで、皆さんに説教を語っているのは、神さまの語りかけです。その言葉は、ただ聖書の知識を得るためでもなく、人生をよりよく生きていくための知恵を身に着けるためでもなく、あるいは良い行いをするための道徳の教えを聴くためではありません。この礼拝の場で、今というとき、今も生きておられる神さまが私たちにいのちの言葉、救いの言葉を語りかけておられる。その言葉によって、私たちは、今も神は生きておられる。私と共にいてくださる、その信仰を新たに受け取ることができるのです。そういうみ言葉を聴くことなしには、一歩も前に歩むことができないのです。今朝も、主イエスが私たちに向かって御言葉を語ってくださっている。その言葉に全身全霊を傾けて聴いていきたいと思います。

マタイによる福音書を読み進んできまして、今日から新しく13章に入りました。この13章の大きな特徴は、それぞれの見出しに書かれていますようにたとえが語られていることです。ここでイエスさまは、集中してたとえ話を語っておられるのです。今日の箇所は、イエスさまのたとえ話の中でよく知られている話の一つ、しばしば「種まきの譬え」と呼ばれて、よく幼稚園や日曜学校の子どもたちに語られることがある話です。私も物心つかない幼いとき、日曜学校で紙芝居を見たことがあります。蒔かれた種がそれぞれの土地に落ちた。鳥が出てきて食べてしまう。石地に落ちてすぐに枯れてしまう。茨に塞がれてしまう。その場面がリアルに描かれている絵を見た記憶があります。そのように、子どもでもすぐ分かる話と思ってしまいます。私が説教を語るというときに、たとえ話を用いることがあります。聖書の言葉を皆さんによく分かるようにと、日常の生活のことに置き換えたり、言い換えたりする。難しい話をどうしたら分かっていただけるだろうかと、色々なたとえを用いるのです。ですから、たとえ話というのは、とても理解しやすい話だと思うのではないでしょうか。今日の箇所の種まきのたとえも、難しい言葉が使われているのではありませんので、説明を加えなけば、分からない話ではありません。子どもだって、すぐ分かる話であると言ってよいと思います。

しかし、このたとえ話を本当に理解するということは、どういうことでしょうか。あるいは、自分自身に向けられた話だと受け止めるというのはどのようなことでしょうか。10節以下には、弟子たちが、「なぜ、あの人たちにはたとえを用いてお話しになるのですか」と尋ねたのです。それに対してイエスはこのようにお答えになった。「あなたがたには天の国の秘密を悟ることが許されているが、あの人たちには許されていないからである。持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。だから、彼らにはたとえを用いて話すのだ。見ても見ず、聞いても聞かず、理解できないからである。」これは不思議な言葉ではないでしょうか。あるいは、矛盾していると言ってもよいし、誤解されるような言い方ではないでしょうか。ここで、イエスさまは、あの人たち、つまり、イエスさまからたとえを聞いている人たち、ここでの群衆と、あなたがた、それは弟子たちをはっきり区別されているのです。その群衆になぜ、たとえで語っておられるのか。それは、見ても見えず、聞いても聞かず、理解できないからだというのです。

なぜ、理解できないことをたとえで話されるのでしょうか。11節には「天の国の秘密を悟ることが許されているが」とあります。ここで語られている種まきのたとえを通して、何を明らかにしておられるのか。それは「天の国」です。天の国、それは、死んでから行くあの世のことでも、どこにあるのか、分からない別世界ではありません。ある特別な場所というのではなく、神が生きておられる。その神の支配が起こっている。神さまが私たちと共にいてくださるところは、どこであっても天の国、神の国と呼ぶことができるのです。その神の国を、私たち人間の目で見ることも、耳で聴くことも、理解することができないのです。イエスさまのたとえを理解できないのは、聖書の知識が足らないのではありません。人間の側の能力が不足しているからでもありません。そのたとえが示している、天の国は隠されている。神さまの側でそれが見えなくなっている。ですから「天の国の秘密」と言われています。それは、神さまだけが知っている秘密です。しかし、その天の国の秘密をイエスさまが、たとえを通して明らかにしてくださる。その主イエスの御言葉を、私たちは今、ここで聴いているのです。

この種まきのたとえは、18節以下を読みますと、イエスさまご自身によって、その意味が明らかになっています。神の国は隠されたままではありません。イエスさまがその秘密を解き明かしておられるのです。先程、説明を加えないと分からない話ではないと申しました。しかし、本当にこの話が分かって、ここに神の国がある、ここにこそ、神が共におられるということが分かるためには、イエスさまの言葉を聴く、それ以外ではありません。種蒔きのたとえは「種を蒔く人が種蒔きに出て行った」という言葉から始まります。ここには種を蒔く人の決断があります。もっと言えば、収穫が必ずあるという期待があります。だから意を決して畑に出て行って種を蒔くのです。このたとえでは、最初の三つの土地は、収穫には至らなかったのです。18節以下で、イエスさまが説明しているのを読みますと、最初の道端の種は、悪い者が来て、心の中に蒔かれたものを奪い取るとあります。第二の種は石だらけの土地に落ちたために、御言葉を聞いてすぐに喜んで受け入れたが、根が張らなかったために、枯れてしまった。第三の種は茨の中に落ちた。それによって阻まれて、実らなかったというのです。それは明らかに失敗であった。その蒔かれた種は無駄になってしまったのです。

この種まきのたとえは、しばしば私たちの伝道の困難と重なり合っていると読まれることがあります。一生懸命に福音の種を蒔いています。この世の人々に伝道しています。けれども、なかなか実りが生まれないのです。目に見える仕方で結果が現れないのです。色んな教会の会に行きますと、どこでも伝道の困難が嘆かれています。途方に暮れる思いを持つのです。アジアの中で、お隣の韓国や中国、台湾では、キリスト教が盛んで、多くの人たちが教会に集まっています。けれども、私たちの日本ではクリスチャン人口は、僅か1パーセントにも満たないのです。長い間、伝道してきた。御言葉の種を蒔き続けてきた。しかし、受け入れられていない。喜んで御言葉が聴かれていない。そういう厳しい現実に直面しているのです。それは、今日のたとえで言えば、この日本という土地が固くて福音を受け入れない。日本の国民が頑なで心を開いてくれない。そういう困難を実感させられている。それはその土地が悪いからだということです。

そのような困難は、私たちの外の問題だけではありません。もっと身近な自分の生きている姿を振り返ると、このたとえは厳しい警告として聴くことができます。私たちが、どのように神の言葉を聴いているのか。私たちの心の目と耳がどこに向いているのか。御言葉にどのように向き合っているのか、問われているのです。道端のように御言葉を聴こうとしない硬い心があります。浅い土地のように、根が生えないで、困難や迫害に遭うと、御言葉に躓いてしまうこともあります。あるいは、茨のようなこの世の思い煩いや誘惑に負けて御言葉に耳を傾けなくなることもあります。そのようにこのたとえを、私たちの罪、不信仰、つまり、御言葉に対する態度がここで警告されていると読むことができます。私たちは、それによって実りを得ることができなくなって実際の姿だと言ってよいのです。

しかし、このたとえは、そのような警告だけを語っているのではありません。この世にあっても、私たち自身にあっても、確かに御言葉に対する不誠実さがあります。心を閉ざしてしまう不信仰があります。しかし、忘れてならないことがあります。そのような厳しい現実にもかかわらず、種を蒔く人は決意をもって畑へと出て行くのです。私たちの不信仰を知っている上で種を蒔き続けるのです。この種を蒔く人の姿に、私たちはいったい誰を見るのでしょうか。それは、このたとえを語っておられる主イエス・キリスト御自身のお姿です。もっとはっきり言えば、この地上に、私たちと同じ人となって来られた主ご自身の歩みの中に、この種を蒔く人の姿を見ることができる、そう言ってよいのです。ヨハネによる福音書12章23節以下で、イエスさまはこう言われています。「人の子が栄光を受ける時がきた。はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ」これは、イエスさまが十字架に架けられる直前、ご自分の死を明らかにされた言葉です。一粒の種として地に落ちるのです。神の子であるお方が、真っ暗な死の世界まで降りられるのです。それは、御言葉を受け入れようとしない、頑なな心を持っている私たちを愛し救おうとされるためです。私たちを、そのままで受け入れ、ご自分のものとしてくださる。私たちを救ってくださる。そのために、ご自分のいのちをあの十字架の上で捨ててくださった。それによって、どれほど多くの実りが与えられているのか。それは、今ここにいる私たち自身のことです。こうして、主の御言葉を聴くために集まっている。すでにそこに驚くべき豊かな実りをはっきり見ることができるのです。この主の言葉を聴くときに、私たちの中に信仰を生まれるのです。今も神さまが生きておられる。私たちと共に歩んでくださっている、そのことを信じることができるのです。

教会は、2千年の歴史の中で、多くの困難を経験しました。この世の支配や力によって、押しつぶされそうになったことが幾度もあったし,迫害の嵐に襲われることもあった。けれども、主の言葉に立ち続けたのです。いやその御言葉によって支えられ、生かされてきたのです。そのようにして教会は御言葉の力によって歴史の中を歩んできたのです。だから、今も私たちの南部教会は、ここに立っている。そして、この主の御言葉を確信を持って宣べ伝えていく。御言葉を種を蒔き続けていく。そこに確かな実りが与えられていく、そのことに期待し、信じていきたい、そう願うものであります。

             

                   (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)