説教のページ(音声版)
      

                                                           
(音声はありません)

                                                            


      神の前に生きる男と女
                                        詩編 51篇1〜11節
                                        マタイによる福音書 5章27〜32節
  


                                        (2017年3月26日 主日礼拝説教) 
  

イエスさまが語られた山上の説教の中で、今読んでいます箇所には、神の戒めに生きる御言葉が教えられています。別な言葉で言えば、神さまの前に生きていくことです。私は毎朝、食事の前に祈りとき「今日の一日、神さま、あなたの前に生きる者としてください」と、祈っています。神さまが私たちの生活をご覧になっておられると信じること、それが神の戒めによって生きることではないでしょうか。それはとても厳しいことです。神さま、ここは目をつぶってください。あなたとは関わりのないことですから、このことは放っておいてくださいと、思うかもしれません。しかし、神さまの前に生きるということは、今、ここで礼拝をまもっている時だけではありません。この礼拝を終えて帰って行くそれぞれの生活の中にあっても、神さまの前に生きていくのです。私たちの生活、そのすべてをご覧になられるのです。私たちの裏も表も神さまはご覧になっておられる。そこに踏み込んでおられる。私たちはそのことを避けて通ることができないのではないでしょうか。

今日の御言葉に示されているのは、「(27節)あなたがたも聞いているとおり、『姦淫するな』と命じられている。(28節)わたしは言っておく。みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、既に心の中でその女を犯したのである。」というイエスさまの教えです。ここには、先週の「殺すな。人を殺した者は裁きを受ける」に続いて、十戒の第7番目の戒め(『姦淫するな』)を取り上げています。しかし、そこに28節を新しい戒めとして付け加えておられます。新共同訳聖書では「他人の妻」と訳されていますが、かつての口語訳聖書では「女」と訳しておりました。書かれた元の言葉は、妻とも、女ともどちらにも訳すことができる言葉が使われています。新共同訳は、結婚を前提にして、すでに結婚関係に入っている人妻をみだらな思いで見る人は、その人を姦淫していると理解しております。しかし、口語訳は、もっと広く結婚と関わりなく、どんな女の人であっても、みだらな思いで見ることを戒めていると理解しております。私たちの思いからすれば、他人の妻であれば、少し安心できるかもしれません。結婚を壊すような思いを持たなければいいと考えるからです。しかし、ここは、新共同訳のように、結婚しているかどうかというよりも、女の人をどのように見るのかが問われているのではないでしょうか。私たちの目が何を欲しているのかがここで言われています。

今日のところで取り上げられているのは、性のモラルの問題であると言ってよいでしょう。聖書は、男と女、それぞれの性をどのように考えているのか。イエスさまはそのことをどのように教えておられるのかということです。聖書の教える性の考え方は、いかにも古めかしい保守的であるように思われています。私たちの生きている社会では、性のモラルは、時代の流れの中で、かなり自由になっています。週刊誌の見出しを見ても、子どもが見たらどう思うのかという、いかがわしい言葉が並べられています。また若い人たちにも、性に対して解放的な考えが広く受け入れられています。好きであれば、だれでも平気に性的な関係を結ぶことが当たり前のよう考えられています。けれども、イエスさまは、この世の性の乱れを批判しておられるのではありません。私たちの心の中に踏み込んでおられます。あなたは、どのように女の人を、男の人を見ているのかと、問うておられるのです。

この性の問題は、私たちの肉の体に染みついている性の欲望の問題ではないでしょうか。性の欲望に私たちがどのように向き合っているのかということです。しかし、性のそのものが、また性の欲望が、汚れているとか、それが悪いというのではありません。私たちが生まれながらに備わっている性の欲望や異性に対する関心は、神さまからの賜物であるというのです。それが聖書の性に対する考えであると言ってよいのです。もう一つ忘れてならないことは、この性の問題は、結婚と決して切り離すことができないのだということです。ですから、ここで取り上げられているのは姦淫の罪です。それが結婚の関係を壊してしまうのです。結婚が姦淫の罪によって汚れてしまうからです。

先程、詩編51篇の御言葉をお読みしました。これは、イスラエルの王として知られているダビデによる罪の悔い改めの祈りであると言われています。聖書は、このダビデ王が姦淫を犯した罪を覆い隠すことなく明らかにしています。自分の部下であったウリヤの妻、バト・シュバを力づくで奪ってしまったのです。バト・シュバが水浴びをしているのを見て欲望を抱いたのです。性の欲望を抑えられず、人の妻を奪ってしまった。そのために、ウリヤを戦場に送って殺すのです。人の命を奪ってまでして、他人の妻を手に入れたのです。先ほど申しましたように、イエスさまは、先週の箇所で、十戒の第6番目「殺してはならない」という戒めを教えられた。それに続いて姦淫の罪をも戒められました。ダビデは、この二つの重大な罪を犯して、人の命を奪ったのです。自分が王であるという立場を利用して、自分の欲望を満たしたのです。その王の姿を通して、聖書は姦淫の罪がどれほど恐ろしいことであるかを、はっきり告げているのです。

31節以下で、イエスさまは離婚の問題を取り上げています。この離婚の問題について、このあと19章には、もっと詳しい形で教えられています。そこを読みましても、イエスさまが結婚の生活をどれほど真剣に重んじておられるのかを知ることができます。結婚による夫婦の関係は、イエスさまの教え抜きにしてはあり得ないと言ってよいのです。なぜ、ひとりの男と女が一つになる夫婦の生活を造っていくのか。人間の思いを越えた神の御心の中にその基礎があるからです。それは、なぜ教会で結婚式を執り行うのかということでもあります。神さまの前で夫婦となる。それ以外ではありません。その結婚の生活は神の創造の御業に始まりがあります。創世記1章27節には「神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された」とあります。だれも自分が男に、女になりたいと思って生まれたのではありません。神さまによって性が与えられているのです。男として、女として性を持つ存在として私たちは神によって創られているというのです。さらに、創世記2章24節には「こういうわけで、男は父母を離れた女と結ばれ、二人は一体となる」と書かれています。これは必ず結婚式で読まれる結婚の根拠を示す御言葉です。ひとりの男とひとりの女が、神さまの御心によって夫婦として結び合わされるのです。そしてお互いが一人の人間として、人格を持つ存在として、愛し合い、仕え合う交わりの生活を造っていくのです。それは、心も肉体も一つになるほどに結びつくのです。お互いが一つのからだになるほどの深い交わりがそこにあるのです。お互いがただ好きになって、一つになるのではありません。それぞれ性格が合うから一緒に生活するのでもないのです。生涯を共に生きていく、そのパートナーが神さまによって与えられるのです。神さまの前に、男として女として、愛し合い、仕え合う生活を造るのです。神さまは、その夫婦を祝福し、そして聖なるものとしてくださるのです。ですから、イエスさまは今日のところで結婚を破ってしまうことを厳しく警告されておられるのです。

31節にこう言われています。「『妻を離縁する者は、離縁状を渡せ』と命じられている。」しかし、わたしは言っておく。不法な結婚でもないのに妻を離縁する者はだれでも、その女に姦通の罪を犯させることになる。離縁された女を妻にする者も、姦通の罪を犯すことになる。」「妻を離縁する者は、離縁状を渡せ」というのは、旧約聖書の申命記に定められている離婚の決まりでした。男の側が女と別れたいときは、離縁状を渡したならば、離婚ができると考えられていた。明らかに女性を差別していると言ってよいかもしれません。まるで妻は、夫の所有物、財産の一つのように考えられていたのかもしれません。イエスさまの時代には、この戒めについて、こういう理解がありました。32節の「不法な」という言葉を、先ほど言ったような意味で姦淫をしたならば、離縁状を渡して離婚できるということ。そしてもう一つは、この不法というのを、もっと広くとらえて、例えば、妻が料理で鍋を焦がしたとか、家事が下手であればとか、色々な条件をそこに加えたのです。それが離婚の正当な理由になるというのです。当時のユダヤ人々は、そのようにして離婚を求めていたのです。しかし、イエスさまはそれに逆らっておられるのです。言ってみれば、男の身勝手によって、妻を物のように捨ててしまってよいのか。それが神さまの前に生きる結婚の姿であるのか、そのことを問うておられるのです。そのことは、夫婦として生きている生活も、神さまの前になされているのか、人との生活の中で、どのように振る舞っているのか、お互いに愛し合い、仕え合う交わりを造っているのか、問われているのです。

そのことで、まだ触れていない御言葉があります。それは、29節からこう言われています。「もし、右の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出して捨ててしまいなさい。体の一部がなくなっても、全身が地獄に投げ込まれない方がましである。もし、右の手があなたをつまずかせるなら、切り取って捨ててしまいなさい。体の一部がなくなっても、全身が地獄に落ちない方がましである。」ずいぶん厳しい言葉と思われるかもしれません。確かに、イエスさまは私たちの生きている姿をはっきり見られておられます。本当に神の前に生きているのかをご覧になっておられます。私たちの右目も、右手もいくらあっても足らないほどに罪に生きていることを思わずにおれません。それは、切って捨てなければならない罪の現実を明らかにしています。けれども、主イエスは、それを切り捨ててまでも、罪を捨てよと言われるのです。その罪に生きることと、妻を、夫を愛することとは、けっして両立することはないのだ。自分の思いを貫くことと、愛し合うことは、相反することだ。だから、その罪を捨てて、愛に生きることを私たちに求めておられるのです。そこに、私たちが神の前に生きる者としての歩みがあります。

ヨハネによる福音書8章に、姦淫の罪ゆえに石打の刑を受けて殺されそうになった一人の女性の話があります。姦淫を犯した女性が連れて来られて、律法学者やファリサイの人々は、主イエスに、律法には石で撃ち殺せと書いてあるが、どう考えるのかと問いかけたのです。そのときに、主イエスは言われました。「あなたたちの中で、罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」と。そうしたら一人ひとり、その場を立ち去って、そこにひとりの婦人だけが残された。その婦人に主イエスは言われました。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない」と。これは、主イエスによる罪の赦しの宣言です。「姦淫するな」と命じられ、その罪を裁くことのできるのは、イエス・キリストただひとりだけです。そのお方が、その裁きを、私たちに向けられなかった。罪のゆえに滅ぼされなかったのです。そうではなく、その裁きを、ご自分に向けられたのです。十字架の上で滅びを受けられた。それは私たちを神の前に生きる者としてくださるためです。夫婦の生活であっても、人と共に生きる生活であっても、神の前に生きるそのために、いのちを捨ててまで私たちを愛し、赦してくださったのです。神さまの愛をもって、礼拝から始まるそれぞれの生活を始めていきたい、そう願うものです。

                     (青字で書かれたところは日本聖書教会の新共同訳聖書のみことばです)