礼拝にようこそ

疲れた者、重荷を負う者は、
誰でもわたしのもとに来なさい。
休ませてあげよう。

・・・マタイによる福音書 11章28節・・・



週の初めの礼拝からすべてが始まって、
み言葉によって整えられて、
新しい週の生活へと歩み出していきます。
そしてまた礼拝に向かって歩んでいきます。

礼拝は次の順序で行われます
前  奏 −ぜんそう−
定時になるとオルガンの演奏が始まります。
礼拝する喜びを静かに感謝して、聖霊のはたらきを祈り、神さまの呼びかけを集中して静かに待ちます。

招  詞 −しょうし−
司式者が、「神さまが私たちひとりひとりを礼拝へ招いてくださった。」ということを告げます。

讃 美 歌
私たちを招いてくださった神さまを讃えて歌います。
主の祈り
主イエスが弟子達に「あなたがたもこう祈りなさい」と教えてくださった祈りです。
交読詩編 −こうどくしへん−
司式者と皆さんが交互に読むかたちをとって、詩編を朗読します。讃美歌の後ろの方を開きます。
聖  書
礼拝の中心です。礼拝の説教は旧・新約聖書朗読をとおして、私たちに語りかけられます。
祈  祷
礼拝に集まった者全てと、教会を代表して司式者が祈ります。
讃 美 歌
その日の聖書のみ言葉に関係した讃美歌、み言葉を待ち望む祈りの讃美歌を歌います。
使徒信条 −しとしんじょう−
教会の長い歴史のなかで受けつがれてきた信仰を、使徒信条によって告白します。
説  教 ーせっきょうー
神さまは説教者(牧師)をとおして、み言葉を私たちに語られます。み言葉は教会のすべての根源であり中心です。
祈  祷
説教者が会衆を代表する祈りとしてささげます。私たちが主のご支配のもとに生きることができるように祈ります。
讃 美 歌
神さまのみ言葉に対する喜びと感謝をささげます。神さまを讃美しましょう。
聖 餐 式 −せいさんしき−
毎月第1日曜日とキリスト教の暦に合わせて行われます。
「神の恵みの食卓」と呼ばれる聖餐は主イエス・キリストの十字架と復活の出来事を思い起こし、また主が再び来られることを望みつつ、主の肉と血のしるしとしてパンとぶどう酒(ぶどうジュース)をいただきます。洗礼を受けた者のみこれにあずかることが出来ます。洗礼を受けていない方は、礼拝へ続けて出席していただき、共に聖餐にあずかることを願っています。

献  金
神さまの恵みに対して感謝の心を表します。その日の奉仕者が献金の籠を皆さんへ回します。持ち合わせのない場合は籠をそのまま次の方へお回しください。
頌  栄 −しょうえいー
礼拝の終わりに、礼拝で受けた恵みに感謝して歌います。
祝  祷 −しゅくとう−
礼拝の最後に神さまの祝福をいただき、それぞれの生活・持ち場に派遣されます。
後  奏 −こうそう−
着席をしオルガンの音色を聞き、心を静め、恵みをしっかりと受け止めましょう。いよいよ新しい一週間が始まります。

* 礼拝堂では、携帯電話はマナ−モ−ドか、または電源をお切りください。

* お祈りと聖書朗読の時は、礼拝堂への入室はご遠慮ください。

* 礼拝についてお分かりにならないことがありましたら、牧師・長老にご遠慮なくおたずねください。

* 聖書や信仰についてご相談されたい方は、いつでも教会へお越しください。 

TEL 076‐241‐1126