教会案内


2017年度伝道計画、年間予定を下の方に掲載しましたので、ご覧ください。

(1) 金沢南部教会の歩み


   1960年11月   金沢南部伝道所の献堂式が現在地で行われ、長町教会主任担任教師の
             古川忠茂牧師が兼務者として伝道に従事される。
             同時に、同所で発足した愛香南部幼稚園の園長の任に就かれる。

                   金沢南部伝道所全景

   1961年 5月   古川牧師は長町教会を辞任し、南部伝道所の初代主任担任教師として
               専念される。

   1963年 9月   古川忠茂牧師が召天され、松坂教会の大隅啓三牧師を第二代主任担
             任教師として招聘する。

   1965年10月   V.ディター宣教師が南部伝道所に所属される。
            同宣教師は北陸学院教授が本務であられたが、南部伝道所(教会)で牧師
            不在の時に説教を行い、また日曜学校教師として伝道を助け、さらに1974
            年から85年まで愛香南部幼稚園の園長を務められた。   
 
   1967年10月   南部伝道所から第二種教会を建設する。
 
   1976年10月   野田山に教会納骨堂および墓碑を建設する。

   1980年 4月   ジョージ・アキ博士、ボランティア宣教師としてアキ夫人と共に来日し、南部
             教会で半年間奉仕される。

   1984年11月   新会堂が竣工する。1階が愛香南部幼稚園、2階に礼拝堂、牧師室などが
             できる。

   1990年12月   泉野町に伝道センターが竣工する。建設直後から山本家の家庭集会を
             継承して泉野集会を行っている。その後伝道センター集会(シャロン会)
             と名前を改め、現在も続行している。

                       
  
   1991年 6月   V.ディター宣教師が引退される。金沢での40年余の活動を終え、アメリカ
             に帰国される。
  
   1992年 5月   ガルニエ工房のポジティブオルガン(パイプオルガン)を礼拝堂に設置する。

              

   1992年 9月   金沢南部教会としてV.ディター宣教師を金沢に招待する。
   
   1994年 4月   宮崎新牧師を第三代主任担任教師として招聘する。
             大隅啓三牧師は隠退する。
  
   1996年 4月   礼拝に使徒信条を使用し、毎月第一聖日に聖餐を執行することとする。

   1996年 11月   第二種教会から第一種教会を建設する。
  
   1999年 9月   第一回南部三教会(若草、桜木、南部)合同長老・幹事会が南部教会で
             開催される。
  
   2000年 11月    第一種教会建設記念・伝道開始40周年記念として「主と共に歩む」を
              発行する。
  
   2003年 3月   宮崎新牧師辞任される。

                      
               築18年の新会堂                あかるい礼拝堂

   2003年10月   三和紀夫牧師を第四代主任担任教師として招聘し、11月に就任式を執り行う。

   2008年 3月    三和紀夫牧師辞任される。

   2008年 4月    土肥聡牧師を第五代主任担任教師として招聘し、5月に就任式を執り行う。

   2010年 9月    森 祐理さんを迎えて、創立50周年記念チャペルコンサートを開催。

   2010年10月   大隅啓三先生ご夫妻、V.ディター先生をお招きして記念礼拝を守り、感謝会をもつ。


            



(2) 2017年度伝道計画

      年間主題 「福音に生かされ、宣べ伝える教会」
      年間聖句 「わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシャ人にも、
              信じる者すべてに救いをもたらす神の力であるからです。」
                                   (ローマの信徒への手紙 1章16節)    
           (年間主題、年間聖句は2016年度と同じです)   

       1)礼拝こそいのちであることをすべての土台とする。
         ・教会生活のいのちの根源は主の日の礼拝である。御言葉と聖餐によって生ける
          イエス・キリストの臨在にあずかり、新しく救いを受け取るために礼拝を第一とする。
         ・礼拝から証の生活が始まっていく。キリスト者は救いの事実を証言するために遣わされていく。 
  
       2)伝道を教会全体が担って進める。
         ・一人ひとり賜物は違っていても、主によって伝道に用いられていく。
         ・伝道の熱意は神から与えられ、祈りによって深められていく。
         ・礼拝に集う新来会者や求道者を暖かく教会の交わりに迎え入れる。
         ・秋には外部から講師を招いて伝道礼拝を行なうこととする。
         ・様々な機会を通して求道者や地域へ働きかける。
         ・「伝道」や「教会形成」を主題とした教会修養会を行う。        

       3)教会員への牧会と伝道によって信仰の成長を図る。
         ・祈りによってお互いの信仰を励ましあう交わりを造る。
         ・教会の交わりのあり方を検討して具体的に進める。
         ・長期欠席者や別帳会員が教会に来られるように祈る。

       4)子どもたちへの信仰の継承に取り組む。
         ・日曜学校の子どもたちを教会の交わりの中で育む。
         ・春の「子どもの日礼拝」(6月第2主日)、秋の「小児祝福礼拝」(11月第2主日)に加え、
          冬の「子どもと共に守る礼拝」(2月第3主日)を子どもたちと一緒にささげる。
          2月の合同礼拝後は、日曜学校の生徒、保護者と教会員が昼食を共にして交流する。
         ・愛香南部幼稚園を教会の働きとして祈り、支える。

       
         <  2017年度 年 間 予 定                                  

4月  23日(日)  定期教会総会
 30日(日)  日曜学校教師任職式                   
   5月  14日(日) 母の日伝道礼拝
 23(火)〜24日(水) 中部教区総会(名古屋中央教会)    
6月   4日(日) 聖霊降臨日(ペンテコステ)礼拝
 11日(日) 花の日・子どもの日礼拝(子どもとの合同礼拝)
 25日(日)   石川地区交換講壇
   7月  30日(日)〜31日(月) 日曜学校夏期学校(白峰御前荘)
8月  14日(月)〜16日(水) 北陸伝道会 中高生キャンプ(大杉みどりの里)
9月  10日(日) 召天者記念礼拝、 墓前祈祷会 
10月   8日 (日) 教会・幼稚園開設57周年記念礼拝         
11月  12日(日) 小児祝福礼拝(子どもとの合同礼拝) 
12月   3日(日) アドベント(待降節)に入る
 17日(日) 日曜学校クリスマス礼拝・祝会
 24日(日) クリスマス礼拝、祝会
         クリスマスイブ礼拝        
2月  14日(水) レント(受難節)に入る 
 25日(日) 子どもとの合同礼拝   
 2018年度 
   4月
  1日(日) イースター礼拝