金沢南部教会

日 曜 学 校

                   




          「一期一会」の教え


                       
金沢南部教会牧師  土肥 聡 

日本の伝統文化にキリスト教が大きな影響を与えたものの一つは、茶の湯の作法です。千利休は豊臣秀吉を介して、当時日本で伝道していたカトリック教会の宣教師たちと知り合いとなっていました。彼らがミサ(礼拝)の中で為していた聖餐式の洗練された動作を参考にして、お茶の作法を考案したと言われています。聖餐式の小さなパンはお菓子、ぶどう酒の入った杯はお茶のお椀に代わっています。

それだけでなく、この茶の湯の教えとキリスト教の教えとは似ている点があるといわれています。それは「一期一会}という有名な教えにあらわれています。これは茶席での心得です。一回一回の茶席は、いつも同じように繰り返されますが、それは一回限りとして行われています。同じときは二度とやってきません。ですから、一回限りの茶席は大切にされ、大げさなことではなく、いのちをかけるものになるのです。

私たちの出会いもそうではないでしょうか。あの時、あの場所で、人と出会ったということは繰り返されることはありません。私は次第に残された日々を数える年齢になってきました。私が牧師として、あるいは幼稚園の園長として、皆さんに出会うのは、まさに「一期一会}ではないかと思うようになりました。

 イギリスにバクスターという牧師がおりました。この人は「わたしは、二度と説教をすることがないかもしれないという思いで講壇に上った」と言っています。これは、私にとっても一回一回の礼拝がどれほど大切なときであるかを知らされる言葉です。この説教が私の人生で最後であったとしても、次がなくてもよい。いやこの一回の説教で、十分に語り尽くすという思いで説教に臨むのです。いつでも最後の言葉を、究極の言葉を、これが遺言だという言葉を語るのです。それは、いのちの重みをもった言葉を語ることではないでしょうか。

これは、牧師だけの心得ではないと思います。私たちは、長い時の中で取り戻せる一日を過ごしているのではありません。また、今日というときは、永遠に続くのでもありません。かけがえのない今日という日を私たちは生きています。そうだから、悔いることのない真実な言葉と行いとをもって人と出会っていきたいと思います。

                    <日曜学校だより 226号 2017年5月14日発行より>


                         








2017年度の行事
 

          

    4月 9日(日)

       16日(日) 
 新年度(第1学期)開始 (〜7月16日(日))

  イースター礼拝 

    5月15日(日) 

      
 ファミリデイ礼拝

 
    6月 4日(日)

    6月12日
(日)  
 ペンテコステ(聖霊降臨日)礼拝

 花の日・こどもの日礼拝



 大人との合同礼拝です。  
      
    7月30(日)〜31日     夏期学校
 聖書を学び、キャンプをします。
 於:白峰村御前荘

  8月14(月)〜16日

          20日(日)
 中高生キャンプ

 一日登校日
 大杉みどりの里でキャンプを
 します。


    9月 3日(日)  第2学期開始 (〜12月17日(日))
10月 15日(日)     ピクニック  金沢市近郊の公園へお弁当を
 持って出かけます。
   11月12日(日)  小児祝福礼拝  小学6年生までの子供達が礼拝 の中で祝福を頂きます。
   12月 17日(日)  日曜学校クリスマス礼拝・祝会  ご家族の方々と一緒に
 来てください。
   12月 24日(土)

       25日(日)
 クリスマス礼拝

 イブ礼拝 
 

 イブ礼拝は夜7時からです。
 ご家族と一緒に来てください。
    1月 7日(日)   第3学期開始 (〜3月18日(日))
    2月25日(日)   合同礼拝  日曜学校と愛香南部幼稚園の子ども たち、およびその保護者を礼拝とその 後の昼食にご招待します。
    3月25日(日)

 春休み

   4月1日(日) イースター礼拝




2016年度の思い出  
(クリックしてください)


2016年度の行事とその写真を見ることができます。





2015年度の思い出
(クリックしてください)


2015年度の行事とその写真を見ることができます。




2014年度の思い出
(クリックしてください)


2014年度の行事とその写真を見ることができます。