金沢南部教会

日 曜 学 校

                   




                人間の罪の悲劇

                       
金沢南部教会牧師  土肥 聡 

最初に神さまによって創られたアダムとエバの間に、カインとアベルという兄弟が生まれました。この二人がそれぞれ神さまに供え物を捧げました。カインは農作物を、アベルは家畜を捧げました。ところが、神さまはアベルの供え物を喜ばれましたが、カインの供え物を喜ばれませんでした。カインは非常に憤って顔を伏せたので、「どうして怒るのか、どうして顔を伏せるのか。もしお前が正しいのなら、顔を上げられるはずではないか」と神さまは言われました。
この後、カインは怒りを納められなくて弟アベルを殺してしまいました。これが人類最初の殺人だと聖書は告げています。

この物語の中で疑問になるのは、神がなぜアベルの供え物を喜び、カインのものを喜ばなかったかという点です。それぞれの供え物の違いでしょうか。あるいは、カインのささげるときの態度に問題があったのでしょうか。そうではなさそうです。確かに、カインがアベルの命を奪ったのは、神さまが不公平であったからだと考えることができるかもしれません。しかし、怒りが自分の兄弟を殺すところまで至るという人間の罪の深さを、この話は伝えていると読むことができます。神さまのカインへの語りかけは、罪を咎める言葉ではなく、怒りを納めて罪を犯さないようにと、警告しているのです。しかし、カインは、その神さまの言葉に耳を塞いで、とうとう自分の兄弟を死に至らせてしまいました。この聖書の物語は、私たちも、心の中で怒るとき、人の存在を否定している罪の恐ろしさを教えています。その罪を赦し、愛してくださるために、神の御子イエス・キリストが私たちのところに来てくださいました。感謝なことです。

「『神を愛している』と言いながら兄弟を憎む者がいれば、それは偽り者です。目に見える兄弟を愛さない者は、目に見えない神を愛することができません。神を愛する人は、兄弟をも愛すべきです。これが、神から受けた掟です。」                               (ヨハネの手紙一 4章20〜21節)

                              <日曜学校便り 251号   2019年9月8日発行>

                        
         








2019年度の行事
 

          

   
    4月 7日(日)


       21日(日)
       
  新年度(第1学期)開始

  イースター礼拝

    
    5月12日(日) 

       20日(日)

      
 ファミリデイ礼拝

 ペンテコステ礼拝

    6月 9日(日)
   
 
 
     16日(日)
  ペンテコステ礼拝

  花の日・こどもの日礼拝
 

  大人との合同礼拝です。  
      
    7月21(日)

       28(日)〜29日
 
 
  第1学期終了

  夏期学校

 聖書を学び、キャンプをします。
 於:白峰村御前荘

  8月12(月)〜14日

          18日(日)
 中高生キャンプ

 一日登校日
 大杉みどりの里でキャンプを
 します。


    9月 1日(日)  第2学期開始 (〜12月15日(日))
10月 27日(日)     ピクニック  金沢市近郊の公園へお弁当を
 持って出かけます。
   11月10日(日)  小児祝福礼拝 小学6年生までの子供達が礼拝の中で祝福を頂きます。
   12月 15日(日)  日曜学校クリスマス礼拝・祝会
 第2学期終了
 ご家族の方々と一緒に
 来てください。
   12月 22日(日)

       24日(火)
 クリスマス礼拝・祝会

 クリスマスイブ礼拝 
 

 イブ礼拝は夜7時からです。
 ご家族と一緒に来てください。
    1月 12日(日)   第3学期開始 (〜3月15日(日))
    2月23日(日)   合同礼拝  日曜学校と愛香南部幼稚園の子ども たち、およびその保護者を礼拝とその 後の昼食にご招待します。
    3月15日(日)

 第3学期終了・精勤者表彰

   4月12日(日) イースター礼拝





2018年度の思い出
(クリックしてください)


2018年度の行事とその写真を見ることができます。



2017年度の思い出  
(クリックしてください)


2017年度の行事とその写真を見ることができます。





2016年度の思い出  
(クリックしてください)


2016年度の行事とその写真を見ることができます。