中高生キャンプレポート                  

 8月11日(月)〜13日(水) 北陸伝道会・第27回中高生キャンプ東京YMCA妙高高原ロッジで開催されました。

 金沢南部教会からは、中学1年2名、中学2年1名が参加しました。また、キャンプをサポートするスタッフとして、池田多実男神学生と大隅啓三先生も参加されました。池田神学生はちょうど夏期伝道のために南部教会に滞在されておられましたので、特にお願いをしてキャンプのレポートと写真撮影をしていただきました。


(^0^)今年の主題は「あなたがたはキリストの体〜自分らしく、一緒に生きる」(コリントの信徒への手紙一 12:12〜31)と題して、白銀教会の北畠友武先生を講師にお迎えしました。

今年はロッジが満員のため、日本基督教団妙高高原教会も会場としてお借りしながらプログラムが進められました。曇りや雨のあいにくの天気でしたが、3日目は快晴となり青空と緑の景色をバックに、朝のひととき大隅先生の語る聖書の話に耳を傾けました。

(^_^)1日目と2日目の講演とそれに続いて行われたグループタイムでは、一人一人が「自分の生き方」を考える良い機会となりました。2日目のアウトドアタイムは、小雨の中、グループごとにロッジ周辺を散策しながら、協力して先生方も頭をひねるようなクイズを解いていきました。残念ながら、キャンプファイヤーはできませんでしたが、室内ゲームでは普段、教会で見られないような先生方のパフォーマンスに大笑いしてしまいました。

(^^;)3日目、先生方・神学生にとってはドキドキの質問タイム。中高生の素朴ながら深く考えさせられる質問にその場で即答しなければなりません。「なぜ、ユダが使徒に選ばれたのか?」「聖書の文書によって言葉が違っているのはなぜか?」などなど・・・。皆さん、答えることできますか?

(^_^)v徹夜でトランプの”大貧民”に興じるグループもあり、若さと力に溢れた、2泊3日のキャンプでした。一人一人が神様から多くの恵みをいただいたのではないでしょうか。来年も8月中旬に実施の予定です。一人でも多くの方のご参加をスタッフ一同お待ちしております。(^_^)/~